殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2016/7/29 金曜日::

■[漫画]この美術部には問題がない!「NEW GAME! -THE SPINOFF!-」5巻

NEW GAME! (5) -THE SPINOFF! – (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:得能 正太郎
出版社:芳文社( 2016-07-27 )

作者サイト:ショウタロウのイラスト置き場
作者twitter:得能正太郎(@tokutaro)さん | Twitter
Kindle版:NEW GAME! (5)
Kindle版まとめ買い:NEW GAME!

4巻と同時発売の「NEW GAME!」の5巻ですがこちらはスピンオフになります。
しかも全ページ描き下ろしという豪気っぷりですよ!
ただでさえ本編も2話同時掲載とかやってたのに仕事しすぎでは…
まぁ、読者としては嬉しい限りなんですけどね!

1巻の時点で高卒入社という思い切った行動を取っていた青葉ですが、
彼女が初めから積極的だったかといとそういう訳でないことがわかる、
青葉たちが女子高生だった頃のスピンオフになります。
本編でもちょくちょく出てくる幼馴染のねねっちだけではなく、
少しだけ出てきたほたるんに新登場の美術部顧問のちなつ先生と、
出てくるキャラは少ないですが見所がたくさんある5巻です。

この5巻を読むと分かるのが友達の得がたさですね。
本気でイラストレーターを目指し、美大受験をするほたるんに感化され、
小学生の頃からの夢だったキャラクターデザイナーを本気で目指し、
ねねっちの後押しもあって高卒入社という手段を青葉は選んだんですねぇ…
そしてこの約1年後にねねっちが青葉の姿を見て夢を見付けて頑張るとか、
友達って良いなぁ、と思っちゃいますよ。

きらら系萌え4コマらしい女の子たちの可愛さがありながら、
本編同様にしっかりとしたストーリーの芯があって面白かったです。
しかし、これを読んじゃうとほたるんが結構気に入ってしまったので、
本編でもっと読みたくなりますね。
ちなつ先生も登場して欲しくなっちゃうし、そういった意味では悩ましいかもしれません。(笑

関連エントリー


NEW GAME! (4) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:得能 正太郎出版社:芳文社( 2016-07-2…

NEW GAME!8巻 出版社:芳文社 作者名:得能正太郎 作者サイト:ショウタロウのイラスト置き場 作者twitte…

NEW GAME!6巻 出版社:芳文社 作者名:得能正太郎 作者サイト:ショウタロウのイラスト置き場 作者twitte…

NEW GAME!7巻 出版社:芳文社 作者名:得能正太郎 作者サイト:ショウタロウのイラスト置き場 作者twitte…

NEW GAME! (3) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:得能 正太郎出版社:芳文社( 2016-01-2…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.207 sec. Powered by WordPress