ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2016/12/15 木曜日::

■[ラノベ]ダンまち好きにお勧め!「リワールド・フロンティア」1巻

リワールド・フロンティア
著者/訳者:国広仙戯
出版社:TOブックス( 2016-12-10 )

作者twitter:仙戯(@sengisengi)さん | Twitter
絵師twitter:東西(@poppin_phl95)さん | Twitter
Kindle版:リワールド・フロンティア

人類がSEALという新たな力を得て進化した遥かな遠未来…
終末戦争を経てもなお残る遺跡から情報具現化コンポーネントを回収することを生業とする、
エクスプローラー(探検者)が活躍する世界。
エクスプローラーはパーティー行動がメインの中で、
支援術式という不遇な術をメインとして扱うラグディスハルトは常にぼっちだった。
その日もいつものように幾つものパーティーに応募するも全て断られ、
今日もソロ活動かと諦めかけていた時、一人の少女と出会う。
これは史上最大の術力を持つ元現人神の少女と、
史上最弱の術力ながら史上最多の術式制御力を持つ少年のボーイ・ミーツ・ガール。

いやー、この作品の書籍化をどれだけ待ったことか!
Arcadiaで連載していた頃から好きでずっと応援してたんですが、
かなりの紆余曲折を経てTOブックスからついに書籍化です!
いやはやめでたい!

この作品の何が好きかって、まずはストーリーでしょうかね。
ボーイ・ミーツ・ガールという王道的なところも好きだし、
Arcadiaの色が濃いダンジョン探索モノなところも好きだけど、
やっぱり一番は主人公が挫けてもそこから立ち上がって成長するところかな!
女の子のピンチに駆けつけて身体を張って、身体の限界を越えてでも守るとか、
あまりにもシンプルなんだけど、だからこそ良いんですよね。
こう、少年漫画の王道的要素が入ってるのがツボなんですよねー

そしてそれを魅せるキャラクターもまた良いんだ。
パンチラならぬフンチラ(褌チラ)を見せるヒロインのハヌや、
高潔だけど苛烈な女騎士の剣嬢ヴィリーも良いけど、
やっぱり主人公のラトが一番魅力的かな!
格好悪いところもあるけど、格好良いんだ!
こう、応援したくなるし、期待したくなるんですよね!
それと、悪役のダインがとても憎まれ役をしてくれるのも重要な要素ですね。
読んでてかなりムカつくんだけど、
それだけ感情を揺さぶられる面白さがあるという証拠だと思うんですよ。
ちゃんと報復が待っているというのも溜飲が下がりますしね。

あと、設定も上手いですよね。
史上最弱だからこそ扱いがピーキーな支援術式を低コストで使え、
それを同時並行で行えるという稀有な才能があるから使いこなせるという妙。
3分間だけ1024倍の強さを発揮できる剣士とか面白いじゃないですか。
でも今までぼっちが続いた状況のせいで自信がないから、
色々と躓いたり失敗したりするというのも上手いなぁ、と。
そう思うわけですよ。

この作品を読んだ人は恐らくダンまちを連想すると思います。
でもまぁ、連載していた場所がダンジョン探索が好まれるArcadiaだし、
作者の年代的にSAO(Web版)に影響受けてるだろうし当然だと思います。

唯一の難点が作者の仙戯の意向でWeb連載版が削除されてることですね。
試し読みもWeb上ではできないので本屋で確認して貰うしかないんですが、
ダンまちが好きな人なら合うと思うので是非読んで欲しいです。
超面白いよ!

関連エントリー


リワールド・フロンティア3巻 出版社:TOブックス 作者名:国広仙戯 作者サイト:国広 仙戯 作者twitter:国広…

リワールド・フロンティア2巻 出版社:TOブックス 作者名:国広仙戯 作者サイト:仙戯 作者twitter:国広仙戯 …

リワールド・フロンティア@COMIC1巻 出版社:TOブックス 原作者名:国広仙戯 原作者サイト:国広 仙戯 原作者t…

リワールド・フロンティア@COMIC3巻 出版社:TOブックス 原作者名:国広仙戯 原作者サイト:国広 仙戯 原作者t…

リワールド・フロンティア@COMIC2巻 出版社:TOブックス 原作者名:国広仙戯 原作者サイト:国広 仙戯 原作者t…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.109 sec. Powered by WordPress