水上悟志短編集「放浪世界」が1月10日発売!
久しぶりの水上悟志作品が登場! 「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」と同日発売!

:: 2017/7/4 火曜日::

■[漫画]三千年と七百年前から愛してる「Dr.STONE」1巻

Dr.STONE1巻Dr.STONE1巻
出版社:集英社
原作者名:稲垣理一郎
原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@reach_ina) on Twitter
作者名:Boichi
Kindle版:Dr.STONE (1)
DMM電子書籍:Dr.STONE (1)

ある日人類は突然石になった…

謎の光によって人類と一部の鳥類が石化してしまった時から数千年。
復活を遂げた情熱の男、大樹は5年間育み、数千年間思い続けた女性、杠を救うため、
同じく復活していた科学の男、千空と共に人類を救うために文明を加速していく…!

「アイシールド21」の稲垣理一郎さんが原作を、
「ORIGIN」のBoichiさんが作画を担当する「Dr.STONE」は結構科学考証がしっかりしてるんですよね。
かつては民明書房という適当な知識で子どもたちに嘘を刷り込んでいたジャンプから考えると時代の流れを感じますよね。(笑
まぁ、最近だと「食戟のソーマ」とかもしっかりとしてますからね。
そういう時代なのでしょう。

山賊ダイアリーや鉄腕DASHとかみたいなモノは男の子は好きですからね。
文明崩壊後の遠未来でのサバイバル&文明発展とかとても面白いですよ。
ちなみに個人的に一番好きな好きなシーンはここです。

そうなんですよね。
科学というのは力とか概念的なモノではなく、
手法とかそういったモノなんですよね。
しかし100通り以上の組み合わせを調べるとか大変だったろうなぁ…
硝酸の濃度やエタノールの濃度を測定することから始めないといけないから、
そう考えるとかなり苦労したでしょうね。
土器製の蒸留装置も季節が進む毎に改良していることもわかるし、
千空の苦労がしのばれます。

それにしても二人で文明発展させる方向に行くかと思いきや、
まさか武力の男、司との方向性の違いから内部分裂に行くとは…
それに対抗するために黒色火薬を作るとか、
「小説家になろう」とかで人気の異世界転生内政チートモノが好きな私としてはとても興奮する展開ですよ。

いやはや、続きが楽しみになる作品です。

関連エントリー


Dr.STONE3巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE2巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

食戟のソーマ24巻 出版社:集英社 原作者名:附田祐斗 原作者twitter:附田祐斗 (@tsukudayuto) …

食戟のソーマ 6 (ジャンプコミックス)著者/訳者:附田 祐斗 佐伯 俊 出版社:集英社( 2014-02-04 )コ…

食戟のソーマ 23 (ジャンプコミックス)著者/訳者:佐伯 俊 森崎 友紀 出版社:集英社( 2017-03-03 )…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.886 sec. Powered by WordPress