僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2009/5/25 月曜日::

■[漫画]ヒロイン増加中!「Kiss×sis」4巻

Kiss×sis 4 (KCデラックス)
著者/訳者:ぢたま 某
出版社:講談社( 2009-05-22 )
定価:¥ 580
コミック
ISBN-10 : 4063757234
ISBN-13 : 9784063757231

双子の義理のお姉ちゃんたちからエロエロに迫られる極限状態の中で試験勉強に挑む…!
というコンセプト(間違い)な「Kiss×sis」が遂に4冊目ですよ!
流石に別冊ヤンマガから月一掲載とはいえ週刊ヤングマガジン本誌での連載に移行したので、
規制が厳しいのか直截的なエロ描写は減ったことは否めないですが、
エロは乳首や性器が見えるだけではないのですよ!
シチュエーションとか諸々の演出で萌エロ分は充分補給できるのですよ!
と語らずにはいられないエロっぷりでございました。

個人的に一番のツボはあこ姉とりこ姉から本気で謝られるトコです。
弟への愛と誠意が真っ直ぐ伝わってきてハートにズキュンとくるのです。
うーん、これは謝罪萌えとでも言えば良いのでしょうか…
(あるのかな、そんなジャンル…?)

でー、本誌への移籍でヒロインが一気に倍増しました。
陸上部のロリ後輩の桐生三日月は天然&積極的なトコは思わずガッツポーズを取ってしまいます。
「スカートをめくってもらう権利」という発想からしてアホなのに、更にその下を…!
良いなぁ、バカだなぁ、天晴れだなぁ…
また、三国美春は眼鏡に巨乳という、あこ&りこにない属性があるだけに今までとは違った魅力が。
何より今のところ周りに流されてるだけで積極的に圭太が好きな訳ではない、
というトコもある意味新鮮で良いですよねー
はじめから好感度MAXじゃないヒロインは攻略のし甲斐があるというかね!
まぁ、はじめから好感度MAXなヒロインがデフォで二人居るというのが普通あり得ないんですが、
だからこその発想の逆転! みたいな。

んで高校での新任の担任の桐生夕月先生! 年上で巨乳で天然さんというヒロインですよ!
圭太たちを近親相姦だと勘違いしちゃってるトコとか面白いです。
また、三日月と同じ名字だし何かしら関係ありそうだから、
高校編で出番が無くなるかと思った三日月の再登場も有り得るかもですね!

ちなみに予告にあるように5巻では聖水ネタがあります!
流石はぢたま某、メジャー誌だろうと容赦ないぜ!
5巻に乞うご期待!!!

関連エントリー


Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2008-01-04 )定価:…

Kiss×sis 3 (3) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2008-12-22 )定価:…

Kiss×sis 5 (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2009-11-20 )定価:¥ 58…

Kiss×sis(17) (KCデラックス ヤングマガジン)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2016-11-0…

Kiss×sis(11) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2013-02-06 )コミック …


 Comments (1)

1件のコメント »

  1.  いやー、22日から25日にかけて、新刊がだばっと出ましたね~。Kiss×sis4は待望の三国さんが登場! こういうちょっともさっとして少し垢抜けない子が大好きなんですよ! この子がまさか5巻で強制○○プレイだなんて! 三国さんフラグ立てすぎです! あのちょっと諦観した考え方とか、ぴんぴん跳ねた髪とか、揃わない前髪とか野暮ったい眼鏡とか! かわゆすぎますですよ、ハイ。
     で、ハックス2巻やら円卓の姫士2巻やら勇午洞爺湖サミット編2巻やら色々と購入したわけですが、私としましてはやはり一番の衝撃作は「ぢごぷり(木尾士目著)」です。アフタヌーンで連載が開始したとき、あまりの絵柄の変わりように始めは木尾士目先生の作品と気付かず、二話くらいスルーしてしまったのですが、これまた「四年生」「五年生」以上に重たいお話ですねぇ……。アフタヌーンで私生児の育児鬱物語を描かれるとは……。しかも物語の収束点が決まっていないという一巻後書きの衝撃的発言! この作品、どうやって収めるんですか~、木尾先生~(涙
     他にも、アフタヌーンでのアコニーやビジネスジャンプでのイエスタデイを歌っても快調に滑り出し、どうやら冬目先生は今年、後一冊の刊行を予定していらっしゃるようで、何とも喜ばしい限りです! イエスタディを歌っても完全に折り返し地点を曲がったようですから、果たしてどうなる事やら。「楽しい恋人夫婦」という意味ならリクオとハルは抜群の相性だと思うんですが、現段階で品子先生を救い出せるのはリクオしかいないと思っています。ハルはリクオと結ばれなくても生きていけそうですが、品子先生はリクオと結ばれなければ、このまま生きず死なずを走ってしまいそうな雰囲気です。個人的におでこ太眉というポイントからも、リクオには是非、品子先生を幸せにしてあげてもらいたいです。

    Comment by Mya — 2009/5/26 火曜日 @ 6:31:21

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.541 sec. Powered by WordPress