本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身Ⅵ」 8月10日発売予定!
今からとても楽しみです!

:: 2017/9/3 日曜日::

■[漫画]ほたるさんのいる冬「だがしかし」8巻

だがしかし8巻だがしかし8巻
出版社:小学館
作者名:コトヤマ
作者twitter:コトヤマ (@cot_510) on Twitter
Kindle版:だがしかし (8)
Kindle版まとめ買い:だがしかし
DMM電子書籍:だがしかし (8)

祝! ほたるさん帰還…!

ほたるさんが居なくなった時はこの漫画がどうなるのか…
というかぶっちゃけ終わってしまうんじゃないかと不安になりましたけど、
こうしてほたるさんが無事に帰ってきてくれた上で、
普通に続いているのを見ると安心しますね。
やはり、ほたるさんが居てこその「だがしかし」だよなぁ。

ほたるさんが一時居なくなった理由とか色々と考えたんですが、
作中最も重要なのは「季節が冬に移った」ということでしょうね。
ええ、そう、冬の駄菓子ネタをできるようになったのです…!
ぶっちゃけ、そのためにほたるさん不在期間をわざと作ったのではないかと、
そんなメタ的な邪推をしてしまいます。(笑

また、そんな駄菓子的な意味だけではなく、冬になってよかったことがあります。

そう、冬はイベントの宝庫なのです…!
クリスマス、正月、節分、バレンタイン、ホワイトデー…
駄菓子的にもラブコメ的にも美味しいイベントが目白押しで、
今回はクリスマスがメインですね!

そう、ラブコメ的な意味でも!

いやー、やはりサヤ師はラブコメ要員として頼り甲斐があるなぁ!
手編みのマフラーは流石に無理だったけれど、
それでも自分からプレゼントを送るとか最高じゃないか…!
サヤ師は美脚だけじゃない…
恋する乙女心が萌えなんや…!

もちろんほたるさんも最高です。

恥じらいがないのはちょっといただけませんが、
一緒にお風呂に入るというイベントができるのはほたるさんだからこそ!
そしてお風呂でおっぱいを浮かせることができるのはほたるさんだからこそ!
ありがとうございます! ありがとうございます!

やはり「だがしかし」はほたるさんが居てこそだなぁ…
そう思ったクリスマスでした。

関連エントリー


だがしかし7巻 出版社:小学館 作者名:コトヤマ 作者twitter:コトヤマ(@cot_510)さん | Twitt…

だがしかし 3 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:コトヤマ出版社:小学館( 2015-10-16 ) 作者twit…

だがしかし9巻 出版社:小学館 作者名:コトヤマ 作者twitter:コトヤマ (@cot_510) on Twitt…

だがしかし11巻 出版社:小学館 作者名:コトヤマ 作者twitter:コトヤマ (@cot_510) | Twitt…

だがしかし10巻 出版社:小学館 作者名:コトヤマ 作者twitter:コトヤマ (@cot_510) on Twit…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.767 sec. Powered by WordPress