殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2018/4/4 水曜日::

■[漫画]友情、科学、勝利!「Dr.STONE」5巻

Dr.STONE5巻Dr.STONE5巻
出版社:集英社
原作者名:稲垣理一郎
原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@reach_ina) on Twitter
作者名:Boichi
Kindle版:Dr.STONE (5)
Kindle版まとめ買い:Dr.STONE
DMM電子書籍:Dr.STONE (5)

サルファ剤合成のために必要な最後のアイテム、酒。
それを手に入れるためにも御前試合で優勝する必要があるが、
マグマという熱い壁が立ちはだかっている…
その壁をぶち破るために、金狼、クロムは科学の力で立ち向かうが…

バトル展開は少年ジャンプの華ですが、
科学の力で勝利を手にする展開というのは珍しいような気がします。
まぁ、科学のアイテムを作り上げるのには努力が必要だし、
科学的知見と試行錯誤という裏付けがないとできないので、
充分努力の結果ではあるんですけどね。

特にクロムがマグマ相手に汗と涙でレンズを作り上げ、
それで発火して動揺させて勝利する展開は熱いですね!
ゲンの心理マジックとの組合せも友情みたいで、
ある意味ジャンプらしいかな、と思います。

それにしてもサルファ剤の全合成を全部把握している上に、
温度管理と時間管理が難しい中、ほぼ一発で成功させるとか…
いやー、千空さんぱねぇっすわ…
この手の全合成は一度やった経験がないと難しいので、
千空は石化前に試したことがあるんじゃないかな、と思います。

石化前といえば、村の名前には衝撃を受けましたね。
私は千空の前に石化が解けた人たちが作った村だと思ってたんですよ。
確率的に千空が初めて石化が解けた人類とは思えなかったので。
ナイタールで復活するなら化学工場の人とか、
そういった人は比較的早めに復活しそうなもんですし。

でも、実際は違ってたんですね。
その手があったか、と見事に驚かされましたよ。
確かに地球上の人類は全員石化したかもしれないけれど、
ISSは地球上ではないからなぁ…
いやはや、見事に一本取られました。

さて、次巻では3700年を越えて紡がれた絆と、
司帝国との戦争になると思います。
面白さが衰えるどころか加速しまくりなので、
続きもすごく楽しみです。

関連エントリー


Dr.STONE10巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@re…

Dr.STONE2巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE4巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE9巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE1巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.258 sec. Powered by WordPress