水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2018/9/5 水曜日::

■[漫画]北へ…「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」1巻

るろ剣と言えばドラゴンボールの連載が終わって落ち目だったジャンプを支えた作品です。
また、作者の和月伸宏さんはアシスタントから尾田栄一郎、武井宏之といった人気作家を排出しており、
二重の意味でジャンプを支えてきた作家だと言えます。

るろ剣の後の「武装錬金」や「エンバーミング」もわりと面白かったけど、
残念ながらるろ剣ほどの長期連載にはならなかったのは悲しかったですね。
でも、昨年からるろ剣の続編である北海道編が始まったのには驚きました。
何しろ本編がとても綺麗な終わり方を迎えていただけに…
実写版が思いのほか良い出来だったのに触発されたとかもあるのでしょうか。

ただ、例の事件で書類送検されてから休載してまして…
今年の初めに略式起訴されてけじめがついたのか、
連載も復帰し、この度単行本が出た次第であります。

るろ剣はハッピーエンドを迎えた良い作品だっただけに、
どうやって続編を作るのかと思いましたが、
まさか、薫の実父が北海道で生きていたという設定を出してくるとは…!

当時読んでいた私もすっかり忘れていた父の死亡設定でしたが、
よく考えれば人誅編でも薫が偽装死していたし、
死んだはずが生きていた、というのは神谷家の血の因縁なのかもしれない…

この北海道編での新キャラはなかなか濃いですね。
志々雄一派の残党であり、無限刃を持つ明日郎。
外国人とのハーフであり自称文明開化の申し子、阿爛。
志々雄一派の生き残りかと思いきや、それだけではなさそうな紅一点の旭。
この3人を交えての北海道行きですが、
彼の地は斎藤一も出張るほどの事態が起こっているようで、
体力が衰えた剣心がどこまで頑張れるのか心配ですね。

左之助も再登場したことだし、続きが楽しみですよ。

関連エントリー


冒険王ビィト 13 (ジャンプコミックス)著者/訳者:稲田 浩司出版社:集英社( 2016-11-04 ) Kindl…

紅 kure-nai 10 (ジャンプコミックス)著者/訳者:山本 ヤマト出版社:集英社( 2012-08-03 )コ…

紅 kure-nai 7 (ジャンプコミックス)著者/訳者:山本 ヤマト出版社:集英社( 2011-06-03 )コミ…

紅 kure-nai 8 (ジャンプコミックス)著者/訳者:山本 ヤマト出版社:集英社( 2011-11-04 )コミ…

紅 kure-nai 9 (ジャンプコミックス)著者/訳者:山本 ヤマト出版社:集英社( 2012-03-02 )コミ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.963 sec. Powered by WordPress