殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2009/8/12 水曜日::

■[ラノベ]キリトのフラグ立てスキルは熟練度MAXに違いない「ソードアート・オンライン (2) アインクラッド」

ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:アスキーメディアワークス( 2009-08-10 )
定価:¥ 620
文庫
ISBN-10 : 404867935X
ISBN-13 : 9784048679350
作者サイト:WORD GEAR
絵師サイト:■BUN+BUN■

1巻で綺麗に完結していたので、どうやって続きを書くのかと思ったら、
1巻の序盤から終盤までの間にキリトが遭遇したイベントを纏めた、
4つの短編を集めた短編集という形の2巻でした。
そして短編集ながらその面白さは1巻に迫るものがあり、
この作品の面白さは本物だと核心した次第です。

中階層で出会ったレアなビーストテイマーの13歳の少女、シリカ。
アスナの友人である鍛冶屋の童顔の少女、リズベット。
新婚の頃、22層で記憶を失っていた少女、ユイ。
そしてキリトがかつて所属していたギルドの苦い思い出の少女、サチ。
最後のサチとの話以外は登場する少女とアスナ視点なので、
キリトの主人公補正が掛かりまくってます。(笑

何というか、キリトのフラグ立て能力は半端ないっすね。
時には兄のように接してシリカの心を奪って、
時には変わった人として一緒に冒険してリズを恋に堕として、
時には父のように接してユイと幸せな家族のように過ごして、
そして、いつも後悔するのは守ると誓いながら守れなかったサチのこと。

いやー、兎に角面白かった。
そしてだからこそ、Web公開されていた頃に読まなかったのを後悔ですよ。
特にSAO1巻の話はWeb公開版はエロかったというのを聞いて更に…!
そして知らないからこそ、3巻があるのか判らないのでドキドキです。
続き読みたいんだけど、どうなんだろうなぁ。
できれば出て欲しいんだけど、続きをどうするのか判らないだけに不安と期待が半々です。

関連エントリー


ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)著者/訳者:川原 礫出版社:アスキーメディアワークス( 20…

ソードアート・オンライン 5 (電撃文庫 か 16-10)著者/訳者:川原 礫出版社:アスキー・メディアワークス( 2…

ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)著者/訳者:川原 礫出版社:アスキーメディアワークス( 2012-02-1…

ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫)著者/訳者:川原 礫出版社:アスキーメディアワークス( …

ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)著者/訳者:川原 礫出版社:アスキー・メディアワーク…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. アクセル3巻予告ページ左下にSAO3巻予告ページもありますよ
    次の話は順当にWebのSAO2フェアリィ・ダンスみたいですねー
    後絵師間違ってます

    Comment by るろーのたみ — 2009/8/13 木曜日 @ 10:58:54

  2. >SAO3巻予告ページ
    言われて読み返して気付きました!
    Web版読んでらっしゃるみたいで羨ましいです…!
    ちなみに絵師はこれで合ってるはずです。
    関係者にも聞いたけど、BUNBUNさんの別名義ですよ、abecさんって。

    Comment by フラン — 2009/8/13 木曜日 @ 22:00:56

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.300 sec. Powered by WordPress