僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2019/11/25 月曜日::

■[漫画]主人公の帰還「ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 4. 漲望編」

ついに… ついに伊丹が登場したぞー!
SEASON2になって主人公が徳島に交代したんだけれど、
伊丹とそのヒロインたちに惚れ込んでゲートが好きになった身としては、
やはり伊丹たちが出てこそ本番だと思ってしまうわけです。
徳島くんには悪いんだけどね…

とはいえ4巻の主軸は伊丹というわけではありません。
おそらく伊丹たちが本格的に活躍するのは次の5巻になりますが、
それでも外伝から数年経った彼ら、彼女らの姿は拝めるのでありがたいです。
伊丹は相変わらずの自衛官生活ですが、
レレイは東大の研究室で門の研究をしているとか、彼女らしいですよね。
充分大人と言える年齢になっても変わらずクールなんだけど、
伊丹相手だけ笑顔でデレているとか最高に可愛いですよ…
あぁ… もっと見ていたい…

それとテュカですが、彼女の現状にはちょっと苦笑いというかw
日本でエルフらしい生活をしたらニートと思われたため有閑マダムと名乗るとかw
それでタワマンに暮らして主婦たちのマウント合戦に巻き込まれるとか、
テュカはテュカで大変だなぁ、と思うわけですよ。
まぁ、そんな生活も伊丹に呼ばれたら喜んで脇に置いて、
すぐに駆けつけるあたり変わってなくて魅力的だな、と思います。

徳島くんと江田島さんの現地人と一緒でのお姫様救出作戦ですが、
相手側に人民解放軍に雇われた日本人がいるというのは意外でしたね。
知恵がまわるぶんだけゾルザルよりよっぽど厄介だと思いますが、
自業自得とはいえかなりのピンチに身を置いているので、
ちょっと応援したくなっちゃいますね…
まぁ、あのレディを相手に手玉にとってエロいことをしているところが、
ちょっと唆られるっていうのが一番大きいんですけどね!

しかし国際情勢が今の日本を念頭に置かれているので、
無駄にリアリティを感じてきちゃいますね。
はたして特地で資源を得ることができそうな日本はどのような選択を取るのか?
というか、伊丹たちは無事に江田島たちと合流できるのか?
次の5巻はとても楽しみです。

関連エントリー


ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり1巻 出版社:アルファポリス 作者名:柳内たくみ 作者twitt…

ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり3. 熱走編 出版社:アルファポリス 作者名:柳内たくみ 作者t…

ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 2. 謀濤編 出版社:アルファポリス 作者名:柳内たくみ 作者…

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈外伝4〉白銀の晶姫編著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリス( 2014…

ゲート 外伝 3(黄昏の竜騎士伝説編)―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリス( …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.169 sec. Powered by WordPress