僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2019/12/17 火曜日::

■[漫画]後宮のカメラ「乙嫁語り」12巻

乙嫁語り12巻乙嫁語り12巻
出版社:KADOKAWA
作者名:森薫
Kindle版:乙嫁語り (12)
Kindle版まとめ買い:乙嫁語り
DMM電子書籍:乙嫁語り (12)

スミスとタラスさんとそのお供たちが再びエイホン家へと向かう旅路。
その途上で再会したのはペルシアの富豪、アニスとシーリーンの姉妹妻の旦那様。
タラスさんはアニスとシーリーンの二人に迎えられ、
似ているけれど異なるお互いの風習を話し合って…

言葉が違ってて全部が全部わかるとは言えないみたいですが、
実際のところどれくらい違うんでしょうね?
関西人が東北人と会話するくらいのニュアンスでしょうか?
それでもちゃんと会話が成立して、コミュニケーションが取れているあたり、
中央アジア文化圏の広がりというものを感じます。

タラスさんが次々と夫に先立たれた事情を話した時に、
シーリーンが一番同情していたのは、わかりますね…
シーリーン自身も旦那さんを亡くして第二夫人となっていますからね。
我が身のことのようにわかることでしょう。

お互いに違うところがあり、そこに驚きはするけれど非難はせず。
逆にお互いにわかるところに共感して楽しんでいるあたり、
とても優しくて、微笑ましい気分になります。
好きだなぁ、こういった雰囲気。

それにしても今回はカメラが大活躍でしたね。
道中に寄った村での巡礼者に対するお祝い写真だったり、
富豪の後宮での風景写真だったりと、
スミスが欲していた情報が蓄積されているところが素晴らしいと思います。
日本でも江戸時代の写真が出てきたら盛り上がりますからね。
この時代でしか味わえない雰囲気を切り取ることができるカメラっていうのは、
とても素晴らしい発明だったということがわかります。

それとエイホン家ですが…
セイレケさんの黒髪がとても美しかったです。
森薫さんの髪の表現力に圧倒されました。
これは最高にそそりますね!
ロステムくん… 弟か妹ができるかもよ…?

関連エントリー


乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森薫出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-02-14…

乙嫁語り10巻 出版社:KADOKAWA 作者名:森薫 Kindle版:乙嫁語り (10) Kindle版まとめ買い:…

乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:KADOKAWA( 2016-12-15 ) Kindl…

乙嫁語り11巻 出版社:KADOKAWA 作者名:森薫 Kindle版:乙嫁語り (11) Kindle版まとめ買い:…

乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2014-01-1…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.121 sec. Powered by WordPress