りゅうおうのおしごと! 12 小冊子付き限定版 2月14日発売!
小冊子はまるごと姉弟子だ!

:: 2020/2/10 月曜日::

■[漫画]仲間との信頼「Dr.STONE」14巻

Dr.STONE14巻Dr.STONE14巻
出版社:集英社
原作者名:稲垣理一郎
原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@reach_ina) | Twitter
作者名:Boichi
紙書籍通販:Dr.STONE (14)
Kindle版まとめ買い:Dr.STONE
DMM電子書籍:Dr.STONE (14)

3700年の時を越えて白金を手に入れた千空。
実験室レベルとはいえ硝酸を量産することができるようになったため、
石化した仲間たちを復活させようとするんだけど、
敵のイバラは中々にずる賢くて…

合理的すぎて非情にも思える判断を下せる千空と、
千空との信頼関係がしっかりあるため迷いなく行動できるコハク。

この二人は良いコンビなのではないでしょうか!
流石のイバラも長年の常識に囚われて、石化が解除可能という認識がなかったから、
見事に出し抜けたという感はありますね。

信頼関係と言えば千空とゲンと龍水、そして大樹のコンビネーションも素晴らしかった…!
一分一秒を争う状況でそれぞれが最善の行動を言葉を少なくとも完璧に意思疎通を取り、
カセキを助け出すミッションは手に汗握ったなぁ。
それもこれも数々の苦難と共に乗り越えてきたからこそですよね。

それにしても敵将イバラは本当に厄介ですね。
頭が切れるから侵入者のことを少ない手掛かりから察知するだけでなく、
お気に入り相手でも容赦ない決断を下せたりね。
しかし宰相が頭首秘蔵のアイテムを騙してゲットするとか、
ふしぎの海のナディアのガーゴイルみたいだなぁ…

しかしそんなイバラを相手にするにも活躍できるアイテムをクリエイトできるのが、
千空の強みですよ。

とはいえまさか銃を作るとは…
おそらく人類が生み出した中でも一番人類を殺しているアイテムですよ。
初見殺しでわからん殺しできると良いんだけど、
イバラってば本当にずる賢いので頑張ってくれよな、ヨー!

関連エントリー


Dr.STONE5巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE4巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE2巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@rea…

Dr.STONE13巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@re…

Dr.STONE10巻 出版社:集英社 原作者名:稲垣理一郎 原作者twitter:稲垣理一郎(リーチロー) (@re…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. >人類が生み出した中でも一番人類を殺しているアイテム
    ARMSの「人類を最も多く殺した科学者は社会優生学を生んだダーウィンだ」という意味のセリフ思い出しました…
    Dr.STONEとは関係ないですがどちらも科学がテーマということでw

    Comment by ひらなん — 2020/2/16 日曜日 @ 16:23:30

  2. ARMS懐かしいですねw
    そういえば科学がテーマでしたっけ…
    オカンの印象が強すぎる…w

    Comment by フラン — 2020/2/20 木曜日 @ 9:13:39

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.837 sec. Powered by WordPress