ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2021/3/18 木曜日::

■[漫画]言葉を交わしてわかり合える相手「葬送のフリーレン」4巻

葬送のフリーレン4巻葬送のフリーレン4巻
出版社:小学館
原作者名:山田鐘人
作者名:アベツカサ
作者twitter:アベツカサさん(@abetsukasa) / Twitter
連載サイト:葬送のフリーレン
紙書籍通販:葬送のフリーレン (4)
Kindle版まとめ買い:葬送のフリーレン
DMM電子書籍:葬送のフリーレン (4)

マンガ大賞受賞おめでとうございます。
この作品が1位になるのはマンガ大賞の選考傾向からすると納得ですね。
とても面白い作品だけど、サンデー連載ということで知名度低いからなぁ…
かつてはサンデー連載というだけで知名度はあったんだけど、寂しい限りです…

立ち寄った村で毒で死にかけたところを助けてくれた僧侶ザイン。
かつて勇者ヒンメルに誘われた時の自分を見ているようで、
今度は背中を押す側になってみようと行動したフリーレンは、
ザインを仲間へと勧誘するんだけど…?

しかしフリーレンの奥の手がこんなにエッチだったとは…!

「お前はピラフ大王か!」

とツッコミを入れてしまうドラゴンボール世代のワタクシ。
もうこれだけでこの漫画がどれほど健全かが伝わってくるかのようですね。

実際ラブコメ描写もかなり控え目なんですよね…
いや、ラブコメ描写の頻度自体はちゃんとそれなりにあるんですよ。
もっぱらフェルンとシュタルクしかいないんだけど。
ただ、そのシーンの演出というかな?
そういうのがとても控え目な見せ方なんですよね。

長年ジャンプのエロコメ漫画を読みすぎた結果、
パンチラがないラブコメ演出には驚かされるというか。
僕ヤバといい、あからさまではないさり気ない見せ方がトレンドなんでしょうか?
言わぬが花、という言葉が思い浮かぶ描写なんですよね…

3巻では文化どころか生態や思考回路そのものが違う、わかりあえない魔族が描かれてましたが、
この4巻では人間同士は言葉を交わして話し合うことでわかりあえることが描かれてましたね。
フェルンとシュタルクしかり、オルデン卿しかり。
でも、亡くなってしまった相手とは言葉を交わすことができないことを、
ヒンメルは教えてくれたんだよなぁ…
フリーレンに送った指輪といい、ヒンメルは言わぬが花がすぎますよね…

終盤からは一級魔法使い試験編に入りましたが、
今度はなろう小説にありそうな話になってきましたね。
魔王を討伐した最強魔法使いが今更の試験に参加とか、とてもなろうっぽい。
でも、フリーレンが事前に釘を刺した通り、魔力が強いだけで戦いは決まるわけではないので、
どんな試験結果になるのか楽しみですね。

関連エントリー


葬送のフリーレン5巻 出版社:小学館 原作者名:山田鐘人 作者名:アベツカサ 作者twitter:アベツカサさん(@a…

葬送のフリーレン3巻 出版社:小学館 原作者名:山田鐘人 作者名:アベツカサ 作者Twitter:アベツカサさん (@…

葬送のフリーレン1巻 出版社:小学館 原作者名:山田鐘人 作者名:アベツカサ 作者twitter:アベツカサさん (@…

葬送のフリーレン2巻 出版社:小学館 原作者名:山田鐘人 作者名:アベツカサ 作者twitter:アベツカサさん (@…

絶対可憐チルドレン 24 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:椎名 高志出版社:小学館( 2010-12-17 )コ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.164 sec. Powered by WordPress