ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2021/8/23 月曜日::

■[漫画]2.5次元の困難「【推しの子】」5巻

【推しの子】5巻【推しの子】5巻
出版社:集英社
原作者名:赤坂アカ
原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) / Twitter
作者名:横槍メンゴ
作者twitter:横槍メンゴさん(@yorimen) / Twitter
紙書籍通販:【推しの子】 (5)
Kindle版まとめ買い:【推しの子】
DMM電子書籍:【推しの子】 (5)

ルビーのB小町アイドル編は重曹ちゃんこと有馬かなの活躍もあって一区切りが付いたけれど、
この5巻ではアクアがメインの2.5次元編が開幕です。

2.5次元の舞台はテニミュでその存在を知り、
一つの有力なコンテンツに育っているのは聞いてはいましたが、
一度も体験したことがなかったのでどんなのか知らなかったので色々と新鮮でしたね。
ステージアラウンドとか、そんなのあるんだ…

これは設備がある都市部でしか体験できないコンテンツだなぁ…
そして、体験したらハマるんだろうなぁ、と思います。
弱ペダの2.5次元を体験した腐女子の知り合いもいたけど、なるほど、こういうのだったのか…

それはそれとして舞台化もメディアミックスの一つであり、
メディアミックスと言えば原作者トラブルですよね!
うん、SHIROBAKOとかで散々見たし、Twitterでも過去のアレコレの苦情をよく見る!

変な話、元凶になる悪役がいなくても発生しうるものなんですよね。
ディスコミュニケーションを解消するのは容易ではないんだけど、
良い意味で外部であるアクアがひと押しすることで、
絡まっていた糸がほぐれて、解決に導かれるのは気持ちよかったですね。
まぁ、その結果としてアクアにしわ寄せが行くのは可哀想でしたけども…

というか、感情演技ができないアクアに感情演技を求める脚本になるとかマジ悲惨…
そして、感情演技のコツを教える重曹ちゃん、盛大に地雷を踏み抜いちゃいましたね…

うーん、知らなかったとはいえ、これは超特大地雷…
フラグが立っていた重曹ちゃんも、これはヤバいですよ。
あかねに乗り換えられちゃう可能性もありますよ!

うーん、予想以上に難航しそうな2.5次元編だけど、どうなるんでしょうね…
重曹ちゃんがアクアの真実を知った時に、どういったリアクションをするのかも心配です。

関連エントリー


【推しの子】4巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) …

【推しの子】3巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) …

【推しの子】6巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) …

【推しの子】2巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん (@akasaka_aka)…

【推しの子】1巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん (@akasaka_aka)…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.129 sec. Powered by WordPress