本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身X」 12月10日発売!
聖地での戦い

:: 2022/10/14 金曜日::

■[ラノベ]絶望の坩堝の中で「濁る瞳で何を願う ハイセルク戦記」2巻

サラエボ要塞で四ヶ国同盟から熾烈な攻撃を受けるハイセルク帝国。
リグリア大隊所属の異世界転生者のウォルムは三英傑の攻撃でやられたかに見えたが、
仮死状態に留まっており数日後に何とか息を吹き返すことができた。
だが、周りには気心の知れた仲間たちの無惨にも陵辱された亡骸が満ち満ちていて…

1巻で出てきたヒロインのノールもあっさりと退場していた所から始まる2巻です。
折角生き延びたというのに仲間の無念に祖国への忠誠、そして怨敵への嫌がらせで、
鬼火の本領を発揮して敵陣を焼き尽くすだけでなく、
三英傑を捕虜に取るほどの大戦果を挙げるとかウォルムさんパネェっすわ。

それにしても負けそうになったからと魔領を焼いて人為的な大暴走を引き起こして、
死なば諸共をやらかす四ヶ国同盟は本当にえげつないですね。
特に魔領と一番離れているリベリトアが暗躍しているのが最高にえげつないです。
いつかその報いを最大限に受けて欲しいものです。

捕虜となった三英傑のアヤネはヒロインとして良い仕事をしてくれましたが、
彼女にも次々と試練が課されるのが可哀想にすぎるというか。
この戦争には輝かしい戦果とか平和な時間というものが決定的に欠けてますよね…
そういったものは三章にほんの少しだけあるくらいだと思います。

ウォルムがやったことはヒドイことが多いですけど、戦争ですからね。
アヤネが察したように、ウォルムは真面目なだけというか、真面目すぎたんですよ。
その上に人が良いモノだから貧乏クジばかり引いて何度も絶望させられてて、
本当に悲劇だな、と思わざるを得ないです。

すれ違ったがためにお互いが生きていることを知らないウォルムとアヤネですが、
二人が再会できるのは三章になってからなので、
このまま書籍化が無事に続いて5巻まで出ることを今から祈っておきましょう…

関連エントリー


濁る瞳で何を願う ハイセルク戦記1巻 出版社:講談社 作者名:トルトネン 作者サイト:トルトネン 作者twitter:…

一般人遠方より帰る。また働かねば! 出版社:講談社 作者名:勇寛 作者サイト:勇寛 絵師名:つくぐ 絵師サイト:檜 絵…

10月に入ったけれど日中はまだまだ暑いですね! 今日は浜名湖まで「焼いてるふたり」のサイン会に行ってたんですが、 エアコ…

パンゲア・エゼル 5 (5) (BLADE COMICS)著者/訳者:浅野 りん出版社:マッグガーデン( 2008-1…

ベルセルク41巻 出版社:白泉社 作者名:三浦建太郎 紙書籍通販:ベルセルク (41) Kindle版まとめ買い:ベル…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.321 sec. Powered by WordPress