ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2010/9/13 月曜日::

■[漫画]GAMBLE FINISH!!「GAMBLE FISH」19巻

GAMBLE FISH 19 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:青山 広美
出版社:秋田書店( 2010-09-08 )
コミック ( ページ )
作者twitter:山根和俊 (extremegambler) on Twitter

モーリーが覚醒してジャスミンとして運命に抗うも阿鼻谷の前に敗れ去り、
遂に決勝は白鷺杜夢 VS 阿鼻谷零侍という運命の一戦に…!
1巻の頃から見守ってきた本作ですが、杜夢 VS アヴィという初期の構図からブレることなく、
一貫して狂気のギャンブルを描ききったのは賞賛に値すると思います。
このような作品を見事に完結させるまで掲載させるとは流石は週刊少年チャンピオンと言えましょう。

ラストの対戦は阿鼻谷にとって原点とも言えるブラックジャック電気椅子デスマッチ!
一度でも負けると即死の電流が迸る狂気のギャンブルを前にして、
杜夢の生死を賭した奇跡が炸裂する!
クライマックスに相応しい盛り上がりは大興奮間違いなしですよ!

そして「GAMBLE FISH」と言えば狂気のギャンブルと両輪を成していたのが女体です。
杜夢が潜り抜けてきた数々のギャンブルでライバルとして立ちはだかった女性たちが、
次々と籠絡されている様は見事の一言でしたが、アヴィとの決戦前の時点でハーレム状態で、
もうその時点で杜夢に弟子入り(リア充的な意味で)志願したかったというのに、
ラストに至っては全員下着姿で飛び込みすよ。
スゲー、杜夢さんマジぱねぇ…!

いやー、それにしても阿鼻谷も良い悪役キャラでした。
山根先生独自の巻末描き下ろし3ページ漫画が割りとツボ。(笑
そうだよね、こういった狂った所があってこそ「GAMBLE FISH」だよね!
次回作にも期待したいのですがどうなんでしょうか。
うーん、山根先生が好きなバイク漫画とか…?

関連エントリー


GAMBLE FISH 18 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:青山 広美出版社:秋田書店( 2010-07…

GAMBLE FISH 16 (少年チャンピオンコミックス)著者/訳者:青山 広美出版社:秋田書店( 2010-03-…

GAMBLE FISH 7 (7) (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:青山 広美出版社:秋田書店( 2008…

GAMBLE FISH 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:青山 広美出版社:秋田書店( 2008…

GAMBLE FISH 4 (4) (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:青山 広美出版社:秋田書店( 2008…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.982 sec. Powered by WordPress