殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2010/10/27 水曜日::

■[漫画]なんか色々えろいけど、いやらしい本ではありません。「まじん☆プラナ」3巻

まじん☆プラナ (3) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:nino
出版社:芳文社( 2010-10-27 )
コミック ( 120 ページ )
作者サイト:にのうちいらず
作者twitter:nino (ninouchiirazu) on Twitter

ただでさえ刊行ペースが遅い4コマ漫画なのに、
作者のninoさんが兼業作家の為に正にお久しぶりな3巻がやっとこさ発売。
兼業作家なので仕方ないですが、そんな忙しさの中で描き下ろした巻頭カラーでは、
微妙に自虐ネタなアニメ誌をパロった偽アニメ化情報をやったりと、
笑って良いのかどうか悩んで結局苦笑いしたりしなかったり。(笑

しかしその面白さは本当にアニメ化しても良いんじゃないかと思う訳です。
所謂一つのハーレムラブコメの様相を呈するえろっちぃ作品なんですが、
他と違うのはヒロインホイホイ主人公の有人が幼馴染みの茉莉ちゃんラブを公言しながら、
「だがそんなの関係ねぇ」とばかりに拉致るヒロイン、押し倒すヒロイン、不意打ちでキスするヒロインと、
肉体的接近遭遇を積極的に果たすヒロイン勢が揃っている所です。
だが、それが良い。

そんな肉食派女子が20人以上居るのにこの3巻で更にヒロインが追加。
北の国からやってきたロリ系教師のころちゃん先生は初っ端からブルマにスク水と、
あっという間に洗礼を浴びるだけでなく、白蛇の依り代になっちゃったりと、
属性が上書きされまくりで可哀想なような、それもアリなような。
取りあえず黒ストを履いてきたころちゃん先生はかなりアリだと思います。(キリッ

いやー、それにしてもハーレムラブコメとしてホント面白いですな。
ヘビー級おっぱいを持つ茉莉ちゃんの積極的ラブと、それに伴う異常なまでの女の勘と、
他の女の匂いに対する全開な嫉妬心は大変にニヤニヤします。
このままだと本当にハーレムになりそうな有人ですが、
少なくとも正妻は茉莉ちゃんで決まりでしょうね。(笑

それにしても2巻の時はリッカが報われると良いなー、と思ってましたが、
この作品のヒロインたちは自力で何とかしてくれるみたいですね。
いやはや良かった良かった。(笑

関連エントリー


まじん☆プラナ (4) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:nino出版社:芳文社( 2012-10-27 )コ…

まじん☆プラナ 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:nino出版社:芳文社( 2008-02 )定価…

まじん☆プラナ (2) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:nino出版社:芳文社( 2009-03-26 )定…

NEW GAME!6巻 出版社:芳文社 作者名:得能正太郎 作者サイト:ショウタロウのイラスト置き場 作者twitte…

ひだまりスケッチ (9) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:蒼樹 うめ出版社:芳文社( 2016-11-26 …


 Comments (1)

1件のコメント »

  1.  うおおお、忙しくて全く読めません……! 寝ると食事以外はずーっと仕事してます(風呂でも印面と彫刻刀を研いで戻している日々が二週間以上、続いているので完全に休みという訳では……。一日、二回も平刀を研ぐのなんて初めての事態です)。積まれているまじん☆プラナ、読みたいです!(涙)

     しかし、網走の○○さんが彫った木彫りの像で定評のあるころちゃんセンセってまだコミックスで登場してなかったのですね。意外とまじん☆プラナって全く休載している印象が無いのでちょっと吃驚です(兼業作家様という点から自動的に差っ引いて見ているのかも知れません)。……内容が濃いからかもw

     個人的には同じきらら系の「≒ ニア・イコール(むらたたいち著/芳文社)」をどうしようかなーと考え中です。主観ですが、感触として「三巻以上、続けば極めて面白そう」という感じの内容重視型。
     うおー、そして「PONG!!PONG!!PONG!!」も買って放置ですよぅ……(涙)。読みたい、リコとおっしょさんが見たい……。

    Comment by Mya — 2010/10/29 金曜日 @ 8:52:25

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.574 sec. Powered by WordPress