殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2010/12/19 日曜日::

■[漫画]オーバー・ザ・ムーン/ムーンライト。「真月譚 月姫」10巻

真月譚月姫 10 (電撃コミックス)
著者/訳者:佐々木少年
出版社:アスキー・メディアワークス( 2010-12-18 )
コミック ( ページ )

長かった… でもそれ以上に面白かった…

7年間の連載を終え、遂に佐々木少年版「真月譚 月姫」が堂々完結!
もうこれはコミカライズ版「月姫」ではなく、佐々木少年版と銘打って良いでしょう!
それくらい佐々木少年さん独自の解釈や面白さが練り込まれているんですが、
原作ファンの立場から見てもこれ以上ないほど見事に「月姫」を最後まで描きっているんですよ。
これは間違いなく「月姫」だけどただの「月姫」じゃない…!
佐々木少年版「月姫」だ!

電撃大王で最終回が載った後、9巻完結の予定が一冊増えたことから、
大幅な加筆修正がされることは判っていましたけど、正直ここまでとは思いませんでした。
最終話の加筆っぷりは9巻とほぼ同等かそれ以上なのは兎も角、
まさかの未収録だった「教えて知得留先生」に描き下ろし版まで!
てっきり「教えて知得留先生」はこのまま未収録で終わるものだと思っていただけに、
これは何とも嬉しい誤算!

そして原作をコンプしていた人なら予想できた「EVER AFTER.」描き下ろし!
物語の数年後、とある平原で再会する志貴と青子の二人を綴ったエピローグなんだけど、
10年前「月姫」をコンプリートした当時の感慨を鮮やかに思い出させてくれるんですよ。
特に青子が月を背景に振り返ったコマはイベント絵になっていただけに、
感動を追体験させてくれました。

しかし、それだけで終わらない、そこからがあるのが佐々木少年版「月姫」!
もうこれは余計な情報を与えられずに初見で読んでこその感動だと思うので、
兎に角読め、としか言えない!
それくらい素晴らしいエピローグでした。
電撃大王でラストを飾ったアルクtrue endからこう来るとは…
これはもう佐々木少年さんにただただ脱帽するしかないな…!

教室でアルクェイドと再会した志貴の内面描写の巧みさにのめり込むのは勿論、
どこまでも楽しそうで嬉しそうなアルクェイドの笑顔にはただただ魅せられたなぁ…
本当に最初から最後まで、アルクェイドの魅力を120%出し切った素晴らしい内容でした。

マルチエンディングのゲームをコミカライズをする上で既成の概念を覆し、
コミカライズの金字塔とも言える作品となった「真月譚 月姫」
願わくば原作未プレイの人はTYPE-MOONのリメイク版「月姫」が発売されたら、
プレイしてみてゲームの面白さを噛みしめるのと同時に、
如何に佐々木少年さんの手腕が素晴らしかったのかを追体験して欲しいです。

佐々木少年さん、本当にありがとうございました!

関連エントリー


真月譚月姫 (7) (電撃コミックス)著者/訳者:佐々木少年 TYPE-MOON/ 「真月譚月姫」製作委員会 原作 出…

真月譚月姫 6 (6) (電撃コミックス)著者/訳者:TYPE-MOON 「真月譚 月姫」製作委員会 出版社:メディア…

真月譚月姫 9 (電撃コミックス)著者/訳者:佐々木 少年出版社:アスキー・メディアワークス( 2010-09-27 …

真月譚月姫 8 (電撃コミックス)著者/訳者:佐々木少年出版社:アスキー・メディアワークス( 2010-03-27 )…

月の珊瑚2巻 出版社:星海社 原作者名:奈須きのこ 原作者サイト:竹箒 作者名:佐々木少年 作者twitter:佐々木…


 Comments (3)

3 Comments »

  1. >兎に角読め、としか言えない!

     フランさんのレビュー待ちだったのでそう仰るなら明日、こうてきまっせ!

     
    >狗古堂さん C79ハルヒ本「W action」

     朝倉さんが好きすぎるので購入決定です。朝倉さんの本、増えてくれないかしら……。実はキョン子本も買いたいのですが、今から追うとなると大変そうなので迷ってます。以前の「汁男優で良いから……」がツボり過ぎて。

     
    >中国嫁日記さん 完全美容食!

     うがいは本当に良くして歯は一日に二回、磨きますが、一ヶ月くらい前かな? 歯磨きの時に洗面台で口を濯いだらどす黒い血で真っ赤っかだったのは流石に吃驚しましたわン。
     そういえば小学生の頃、

    「歯は力を込めてゴシゴシ磨きましょう!」

     と指導の歯科医さんにいわれてその言い付けを一言一句違わず十年以上、守り続けてその歯科医さんに十数年後に罹ったら、

    「力入れて磨きすぎ! 象牙質の付け根が歯ブラシでこそがれてるよ!?」

     といわれた良い思い出。試合には負けましたが勝負には勝ちました!

    Comment by Mya — 2010/12/20 月曜日 @ 23:38:58

  2. はじめて書き込みさせて頂きます。いつもこちらのレビューを参考にさせて頂いております。

    1巻から購入していた本作ですが、正直言って最近は忘れかけていました。6巻以降新刊が途切れていたので。
    (いま奥付を確認したところ、2年近く空いていたのに驚きました)

    しかしこちらのレビューで新刊の発売を知り、全巻をそろえる事ができました。

    まさに圧巻の完成度です。アニメ版はファンから色々とネタにされることが多かった作品でしたが、「アニメのコミカライズ」としてスタートした本作の方は、皮肉なことに原作をも越えるほどの完成度を以て完結したのです。

    佐々木少年さんに感謝。そして、この作品ともう一度出会わせて頂いたフランさんにも感謝。

    追伸:長谷川裕一氏の「ゴッドバード」はレビューで取り上げないのですか?

    Comment by Mの社員 — 2010/12/21 火曜日 @ 0:31:13

  3. >Myaさん
    是非かったってくださいー

    >Mの社員さん
    うちのサイトをキッカケに揃えて頂けるというのはサイト管理人冥利に尽きます。
    そうなんですよね、アニメのコミカライズのはずなのにアニメどころか原作もある意味越えちゃいましたから驚きです。
    佐々木少年さん御本人はかなり謙遜されてましたが、ホントに凄いことだと思います。

    ちなみにゴッドバードですが、RUSHを購読してるので読んではいるのですが…
    元ネタのアニメを名前しか知らない状態なのでイマイチのめり込めないのです…orz

    Comment by フラン — 2010/12/21 火曜日 @ 2:51:51

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.843 sec. Powered by WordPress