りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/4/3 金曜日::

■[ラノベ]バカとキスとスカートめくり「バカとテストと召喚獣」12.5巻

バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)
著者/訳者:井上 堅二
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-03-30 )
作者サイト:始まりは謝罪から
作者twitter:井上堅二(@Kenji_Inoue_)さん | Twitter
絵師サイト:FOX_TALE ENTRANCE
絵師twitter:葉賀ユイ(@hagapon)さん | Twitter

Kindle版:バカとテストと召喚獣 1
Kindle版:バカとテストと召喚獣 2

Kindle版:バカとテストと召喚獣 11
Kindle版:バカとテストと召喚獣 12

本編完結から一年以上を経てのラストを飾る短編集の発売。
作者の井上堅二さんご自身が既に別の漫画原作を手掛けていることもあって、
懐かしい旧友と再会し、相変わらずバカだなぁ、とお互い笑い合う。
そんな同窓会のような気分になりました。

時系列的には12巻の後、恋愛禁止という校則が実施されてからのものになります。
クリスマスとそれに伴う仁義なきアホな諍いと、
何故かスカートめくりをするために明久が女装したりと、
本当にこいつらバカだな、と思わされることが多々あるというか、
そんなことしか起こってないというか。

ヒロイン的には最後は姫路さんが良いトコを持っていってくれたけど、
他は美波が良いポジションを占めていたように感じます。
明久とキスするために公然と攻勢をかけてきたり、
スカートめくりされた時のリアクションとか良い女子力を発揮してましたよ。
これで前世(初期設定)が男だったというのが信じられない。(笑

表紙のナイムネで当ててんのよしつつ、
帯の下に隠れる形でしっかりと明久に手錠を掛けていたりと、
姫路さんともども良いダブルヒロインでした。
もうこいつらに出会うこともないかと思うと少々寂しいですが、
あとがきにあるように「ぐらんぶる」では明久が大学生になったかのようなキャラが、
非常にバカやってますので、そちらで楽しんでいきたいと思います。

ぐらんぶる(1)

ぐらんぶる(2)

ぐらんぶる(3)

:: 2014/1/31 金曜日::

■[漫画]小さくて可愛いお姫様の物語「ロッテのおもちゃ!」9巻

ロッテのおもちゃ! (9) (電撃コミックス)
著者/訳者:葉賀ユイ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2014-01-27 )
コミック ( 194 ページ )
作者サイト:FOX_TALE ENTRANCE
作者twitter:葉賀ユイ (hagapon)さんはTwitterを使っています

アニメにもなった「ロッテのおもちゃ!」の完結巻です。
葉賀ユイさんが描く可愛らしいキャラクターたちが、
パンツはいてないのがデフォという、ちょっと変態チックな彩りを添えて、
ファンタジーな日常コメディを見せてくれる作品でしたが、
8巻から不穏な空気をビンビンで…

女王のメルさんが軟禁されたクーデター事件と、
それに伴う戒厳令とロッテたちの逃避行と緊迫感のある展開でしたが、
倒れた直哉の治療方法とか細かい所でエロコメ入れてきて、
上手いことバランスを取っていたような気がします。
とはいえ、リュッカたちがおしっこをスタンバイしているシーンは、
バランスが崩れている気がしましたが。(笑

事件の解決はあっさりというか、しっとりというか、
何とも人望ある淫魔な女王らしい斜め上なものでしたけど、
これはこれでこの作品らしいかな、とも思ったり。
物語のラストもいかにも「ロッテのおもちゃ!」らしいものだったと思います。
直哉が色んな人に愛され、そして直哉も色んな人を愛している。
そんな作品でした。

それにしてもバカテスも終わったし、ロッテも終わったしで、
葉賀ユイさんの作品は取り敢えずこれで一段落ということでしょうか。
でも、結構好きな作家さんなので同人活動だけでなく、
これからも商業作品を生み出していって欲しいです。

:: 2013/12/7 土曜日::

■[ラノベ]バカたちよ、永遠なれ!「バカとテストと召喚獣」12巻

バカとテストと召喚獣12 (ファミ通文庫)
著者/訳者:井上堅二
出版社:エンターブレイン( 2013-11-30 )
文庫 ( 285 ページ )
作者サイト:始まりは謝罪から
作者twitter:井上堅二 (Kenji_Inoue_)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:FOX_TALE ENTRANCE
絵師twitter:葉賀ユイ (hagapon)さんはTwitterを使っています

遂にバカテス本編の最終巻!
最後ということっでバカテスの男達が表紙になっております!
うーむ、ムダに男臭いな!
ただし、秀吉は除く。

三年生vs二年生の試召戦争で劣勢の中で、何とか戦線を硬直させることが出来た明久たち。
雄二と霧島さんは一区切りがついたけど、明久の方は髙城先輩の暗躍もあり、
中々気持ちが通じ合わないままで試召戦争が続いていき、
物語も佳境に入っていくんだけど…

やっぱりね! 明久はバカであってこそだよね!
下手に考えを巡らせると髙城先輩の術中にハマってドツボにハマってましたが、
美波の献身もあってちゃんとバカはバカらしく真っ正面から突撃してて、
それでこそだよなぁ、と思いましたよ。
それにしても髙城先輩、頭の良さが本当にムダというか残念な人だったなぁ…

姫路さんが可愛いのはもちろんでしたけど、
美波も本当に良い女してましたよね。
ヒロイン度としては姫路さんに全然負けてませんでしたよ。
エピローグ的な短編集で是非とも美波の出番があって欲しいとこであります。

というか、今回はラストということでシリアス成分が多めだったので、
バカ成分が若干足りてないように感じられたので、
やはりエピローグ的な短編集はやっぱり読みたいな、と思う次第であります。

:: 2013/4/8 月曜日::

■[ラノベ]読解問題! 269Pの雄二の発言の真意を答えよ!「バカとテストと召喚獣」11巻

バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)
著者/訳者:井上堅二
出版社:エンターブレイン( 2013-03-30 )
文庫 ( 286 ページ )
作者サイト:始まりは謝罪から
作者twitter:井上堅二 (Kenji_Inoue_)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:FOX_TALE ENTRANCE
絵師twitter:葉賀ユイ (hagapon)さんはTwitterを使っています

バカテス最後のエピソードということで、11巻で完結かと思いきや、
どうやら前後編っぽくてもうちょっとだけ続くんじゃ。
途中で短編集を挟んだし本編が久しぶりなので勘を取り戻す少々掛かりましたが、
明久の馬鹿っぷりが今回も初っ端からフルスロットルなので問題ありませんでした。

Aクラスとの因縁の対決をババア長の横槍で中断させられて、
大人の事情で2年生 vs 3年生という試召戦争の形になってしまった明久たち。
姫路さんにこだわる高城先輩のよくわからない事情とか、
色々とねばっこい感触がある試召戦争だけど、最後には綺麗に吹っ切ってましたね。

雄二が本調子じゃない理由とかは途中から気付いてはいましたけど、
実際にその口から語られると「この純情ロマンチスト野郎!」とツッコミを入れたくなりますね!
今回はそのコダワリのせいで終盤まっで見せ場が殆どありませんでしたが、
次巻では最大の敵である味方陣営の根本をサクっと殺っちゃってくれるに違いないので、
期待が高まらずにはいられません。

ただ、雄二のペースがそんなだったので馬鹿コンビが明久と美春の二人だったので、
読んでてちょっと調子が狂ったのは否めませんでした。
美春も美春で馬鹿なのは間違いないんですけど、やはり明久の相方は雄二だよなぁ…
としみじみと感じた11巻でした。

しかし次巻で(多分)完結かー
雄二と翔子、ムッツリーニと工藤さんのカップルはほぼ盤石として、
明久と姫路さんと美波の三角関係はどう結末をつけるんでしょうか。
私、気になります!

:: 2013/3/7 木曜日::

■[漫画]温泉、覚醒、クーデター「ロッテのおもちゃ!」8巻

ロッテのおもちゃ! 8 (電撃コミックス)
著者/訳者:葉賀 ユイ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-02-27 )
コミック ( 156 ページ )
作者サイト:FOX_TALE ENTRANCE
作者twitter:葉賀ユイ (hagapon)さんはTwitterを使っています

ぱんつはいてない女の子がワンサカ出てくるという、
割りと脳天気な雰囲気がある本作ですが、
ここにきて急展開を見せて来ましたよ!
これはそろそろ完結するフラグ…?

そこに至るまでの話として馬鹿でスケベな王子様のシグルドが、
案外頑張って男を見せようとしているのは意外でしたね。
何だかんだで成長してるんですなぁ。
やはり本気の恋を一度経験したのが大きいのかしら。

ラストではロッテに家庭の情事な事情がバレてしまい、
一時冷却期間を置くことになったんだけど、
こういう時に限って悪いことは重なって起こるわけで、
前々から伏線が張られていた他国からの侵略を匂わせるクーデターが勃発。
王女であるロッテはもとより、女王のメルの安否も気になりますが、
果たしてこの驚天動地の事態にナオヤはどう動くのか。
いやはや9巻は見逃せませんね。

まぁ、それはともかく番外編の2本はどちらも頭が悪くなる内容でしたね!
頭を空っぽにして楽しむべき話だと思いました!

:: 2012/10/7 日曜日::

■[ラノベ]バカとテストとヒトランダム「バカとテストと召喚獣」10.5

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)
著者/訳者:井上堅二
出版社:エンターブレイン( 2012-09-29 )
文庫 ( 286 ページ )
作者サイト:始まりは謝罪から
作者twitter:井上堅二 (Kenji_Inoue_) on Twitter
絵師サイト:FOX_TALE ENTRANCE
絵師twitter:葉賀ユイ (hagapon) on Twitter

なんと次回がラストエピソードらしく、ショックを受けている私です。
まぁ、かなり長いシリーズなだけに致し方ないとは言えますが、
やはり好きなシリーズが終わるというのは寂しいモノがある訳で…

とはいえ、そんなのとは関係無くバカやってる短編集ですが、
初っ端から久保くんの弟が主人公という誰得展開で、
うん、これぞバカテスだな! と無駄に納得させられました。(笑

そして「僕と雄二と危ない黒魔術」は良いですね!
霧島さんが持っていた黒魔術の本が本物で明久たちの身体が入れ替わるネタという、
ココロコネクトと似たネタだけど、そこはバカテス、半端無くコメディです。
雄二と明久の仁義なき相手を陥れるやり口はバカテスらしさの真骨頂と言えましょう!
しかし明久 in 美波bodyだと本人よりも可愛らしくなるとか美波の立場がなさすぎる。(笑
それにしても玉野さんが予想以上のダークホースだったなぁ…
そりゃー、表紙にもなるし巻頭カラー漫画にも出番がある訳だよ。

「僕と未来と召喚獣」は話の内容そのものよりも、
あとがきにおける井上堅二さんのコメントに一番噴きました。
いやー、本当に素晴らしい作者さんですね!

そしてラストの「私とウサギと仄かな初恋」は
小学生時代に明久に恋した姫路さんのお話。
姫路さんが太ってるって、単に胸が大きいだけな気がしないでもないですが…
しかし明久のモテ全盛期は小学生時代に通りこしたんだな…
だからこんなにストーカー気質なヒロインばかりに…
ちょっと痛ましいコトがあったけど、微笑ましいエピソードでした。

しかし次のエピソードで最後かー
明久は一体最後は誰を選ぶんだろうなぁ…
まぁ、雄二は霧島さん一択なんでしょうけどね。(笑

HTML convert time: 0.670 sec. Powered by WordPress