殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2018/4/27 金曜日::

■[漫画]姉弟なるもの「微熱空間」2巻

微熱空間2巻微熱空間2巻
出版社:白泉社
作者名:蒼樹うめ
作者サイト:a p r i c o t +
作者twitter:aokiume (@umeaoki) | Twitter

親の再婚で誕生日が三日違いの姉弟になった亜麻音と直耶。
「直くん」「姉ちゃん」と呼ぶようになって、
二人の距離は近付いてきたけれど、
姉弟として以外の距離も近付いてきたような…?

読んで悶えて、萌えて涙してな最高な漫画です…!
義理の姉弟のホームドラマでありラブコメディと、
王道ど真ん中をド直球ストレートで来られるから避けようがないんですよ。
私はこれに萌えないような人生を歩んできておりませんので。

ホントね、亜麻音ちゃんが尊い。
母の日をきちんとしようとする真面目さがまず可愛い。
緊張しすぎて「お母さん」と呼べなかったのも可愛い。
プリンに名前を書くのが楽しいところが可愛い。
美味しかったプリンを家族みんなの分まで買ってきてくれるのも尊い…

直耶の言う通り、ワガママで子供っぽいところもあるんだけど、
それをひっくるめて可愛いと思うし、大事にしたいんだよね。
直耶の気持ちもよくわかるよ…
家族として大切にしたい気持ちがあるのはもちろんだけど…
家族とはまた別の気持ちも抱いてしまいそうになるんだよね…

それにしても亜麻音ちゃんは天然の小悪魔だなぁ。
ラストの「ドアくぐると家族だから」は思春期男子を殺しに来てますよ…
これはヤバイ、家族以外の感情が明確に芽生えてしまいますよ!
ドキドキが止まらずにロマンティックですよ!

それと直耶が無意識に恋をしよいようにしている時に、
同性相手に恋しちゃってる郁乃ちゃんは恋のめんどくささと、
恋のキラメキの両方を体現しててとても素晴らしかったです!

それにしても亜麻音ちゃん…
異性と同性、どちらも魅了するとかとんだ小悪魔ちゃんやで…!

:: 2016/11/28 月曜日::

■[漫画]新鮮だけど懐かしい「ひだまりスケッチ」9巻

ひだまりスケッチ (9) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:蒼樹 うめ
出版社:芳文社( 2016-11-26 )

作者サイト:a p r i c o t +
作者twitter:aokiume(@umeaoki)さん | Twitter
Kindle版:ひだまりスケッチ (9)
Kindle版まとめ買い:ひだまりスケッチ

久しぶりの「ひだまりスケッチ」新刊ですが内容が盛りだくさんです!
前巻でついにゆのっちと宮子の二人が三年生となったので、
大学進学とかの話も出始めてきますよ!
更に三年生ということで学生の一大イベント修学旅行まで!
盛り上がってまいりましたよ!

きらら系4コマで9巻というのはかなりの長期連載になるんですが、
ここにきて新キャラが目立ってきましたね。
ゆのっちと宮子のクラスメイトの中山さんと真実さんの二人は、
修学旅行で一緒の班となったことで出番が多かったですしね!
それにキャラが立ってたし!

中山さんは「ひだまりスケッチ」にしては珍しいエロ可愛いキャラと言いましょうか…
今までもお風呂シーンがあったりと肌色率はそこそこ高かったのですが、
そこにはエロさが殆ど感じられなかったんですよね。(当社比
しかし中山さんの場合は耳年増なとこも含めて恥じらい赤面成分が多いため、
エロ可愛さが格段にあると思うのですよ!(当社比

それと前巻から合流した新しいひだまり荘の仲間であるフェス太さんこと茉里ちゃんですが、
前から分かってたことですが結構ストレートというか毒舌というか…

hidamarisketch09_01

今まで居なかったタイプなだけに新鮮だわ…
これはこれで良いと思うんですよね。
ひだまり荘の面子はみんなこれくらいで腹立てる子はいないし。
多分。

それとちゃんと沙英さんとヒロさんたちもコンスタントに出番があるのが嬉しいですね。
オープンキャンパスというイベントがあったというのもあるのでしょうが、
先輩たちとの絆が結ばれたままというのは喜ばしいことだと思います。

あと、この9巻の見所の一つは何と言っても水着回でしょう!
こう、何というか露骨なサービス回だったんですが、それもまた良しというか!

hidamarisketch09_02

ゆのっちはとてもゆのっちだなぁ、と思いました。
いや、良いですよね、ゆのっち。
いつまでもそのままのキミでいてほしい…

最後に今回も修学旅行で舞妓さんになったりと今回も大活躍だった吉野屋先生ですが、
台詞がちゃんと脳内で松来未祐さんの声で再生されました。
松来未祐さんの演技はしっかりと自分の中で生きているんだなぁ…
と判ってちょっと嬉しかったです。

:: 2016/4/29 金曜日::

■[漫画]うめてんてーの楽園「微熱空間」1巻

微熱空間 1 (楽園コミックス)
著者/訳者:蒼樹 うめ
出版社:白泉社( 2016-04-28 )

作者サイト:a p r i c o t +
作者twitter:aokiume(@umeaoki)さん | Twitter

「ひだまりスケッチ」「魔法少女まどか☆マギカ」
日本の漫画、アニメ業界に燦然と輝くビッグタイトル。
その作者orキャラデザ担当にして個展「蒼樹うめ展」も開かれるほどに人気の蒼樹うめてんてーの新作!
それがこの「微熱空間」になります。

中ノ瀬亜麻音赤瀬川直耶は親の再婚で姉弟になったばかり二人。

binetsukuukan01_01

お互い姉と弟に幻想を抱いていたのに、
実際に会ってみると誕生日も3日違いな同い年の高校2年生。
年頃の男女が一つ屋根の下で住むことになって、
はたして二人は何事もなく姉弟になれるのか…!?

連載誌が恋愛系コミックの楽園ということもあり、
いやが上にもラブコメ展開に期待が高まってきますね!
うめてんてーはどうしても「ひだまりスケッチ」のゆるふわな印象が強いですが、
元々同人誌では百合を含めて恋愛漫画を多く描いてこられた方なので、
むしろこの「微熱空間」こそ本領発揮と言えましょう!

先ほど百合と言いましたがこの「微熱空間」にも百合要員が居ますよ!
それが亜麻音と同じお嬢様高校に通う親友の九条郁乃ちゃん。

binetsukuukan01_02

亜麻音と直耶はまだまだ恋というには微熱状態なんですが、
郁乃ちゃんは亜麻音と同じ女だからこその距離感と、
同じ女だからこそ縮まることがない二人の関係に気付いて思い悩むところを見る限り、
三人の中で一番恋しているんじゃないかな、と思います。

亜麻音はまだ初恋もまだなんじゃないかと思う初心さと、
女子校育ちだからなのか無防備な一面を併せ持っているので、
主に直耶ばかりが意識しているのを見ると、
頑張れ男子高校生と思ってしまいますね。(笑
亜麻音の無自覚な言動に振り回されて大変だろうけど、
正直羨ましくて仕方がないよね!

二人の関係はこのまま微熱のままなのか、
はたまた意外と姉弟になってしまうのか?
1巻なのでまだまだ序盤なだけに続きが気になって仕方がないですね!

ちなみに巻頭にはうめてんてーのカラーイラストが完全収録されていますし、
カバー下もカラーな上に描き下ろしカラーピンナップと見比べるとニヤニヤ度が倍増ですよ!
こういった装丁の楽しさは紙の書籍ならではなので、
できれば紙で手に取って楽しんで欲しい一冊ですね!

:: 2015/2/28 土曜日::

■[漫画]沙英さん、ヒロさん、ありがとう。「ひだまりスケッチ」8巻

ひだまりスケッチ (8) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:蒼樹 うめ
出版社:芳文社( 2015-02-27 )

作者サイト:a p r i c o t +
作者twitter:aokiume(@umeaoki)さん | Twitter

hidamarisketch08_01

出会いがあればいつか別れがある。
でも少し離れるだけでずっと別れ別れなんかじゃない。
いつでも会えるし、連絡も取れる。
それで疎遠になる人もいるけれど、
沙英さんとヒロさんたちは大丈夫ですよ。
かつて「あずまんが大王」でゆかり先生は言ってました。
「まあそんだけの事だ あんたらは大丈夫だろ」と。

という訳で…
ついに…、ついに沙英さんとヒロさんの二人が卒業されることに…!
判ってはいた… 判ってはいたんですよ…!
サザエさん時空ではない物語なので二人が卒業してしまうということは!
それでも、二人が卒業してひだまり荘を出て行ってしまう寂しさが紛れることは無く…
でもね、そういったことを乗り越えたヒロさんを見ているからこそ、
ちゃんと二人の門出を祝いたいと思うんですよ!
おめでとう、沙英さん! ヒロさん!

そしてちゃんと二人と連絡を取り合っているゆのっちを見て安心しました。
そうだよね、今の時代はケータイとかあるからね。
それに二人と離れたことを寂しがるだけではなく、
新しい出会いも喜ばないとね!
hidamarisketch08_02

はじめまして茉里ちゃん!
ひだまり荘へようこそ!

それにしても茉里ちゃんことフェス太さんは社交性がありますね。
そういった所は乃莉ちゃんに近いですけど、
美術科に対するエキセントリックな先入観とか個性的ですよね。
人の髪の毛をいじったり、マッサージしたがったりと、
全体的にスキンシップが好きな所とか新鮮だなぁ。

もちろんゆのっちのことも変わらず大好きです。
この8巻でもゆのっちのドヤ顔とかレアで可愛かったし、
相変わらずウブで可愛いし、茉里ちゃんに先輩風ピューピューなのも可愛いし、
3年生になっても新入生に間違われる背の小ささも可愛い。
もうね、ゆのっち可愛い。

そんなゆのっちとちょっと似ているなずなちゃんの天然さも可愛かったです。
二人で卓球のダブルスをした時のお互いの遠慮っぷりとか最高でしたよ!
ホント、ひだまりスケッチを読むと心が癒されるなぁ。

ヒロさんと沙英さんの二人が卒業して寂しくもあったけど、
卒業しても二人と会うことが出来て安心できたし嬉しかったです。
これで安心して次の9巻を待つことが出来ます。
茉里ちゃんの活躍にも期待ですね!

:: 2012/12/20 木曜日::

■[漫画]ヒロさん冴英さんおめでとう!「ひだまりスケッチ」7巻

ひだまりスケッチ (7) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:蒼樹 うめ
出版社:芳文社( 2012-12-19 )
コミック ( 120 ページ )
作者サイト:a p r i c o t +
作者twitter:aokiume (umeaoki)さんはTwitterを使っています

頼れる先輩のヒロさんと沙英さんの二人が受験する7巻ですよ!
とはいえ、頑張り屋な人たちが集まるひだまり荘の住人なので、
ちゃんと合格してくれるのは当然なんですけど、
それでも二人の受験という一大イベントにはソワソワしちゃうわけであります。

ゆのっちたちがもう2年生の終盤ということで大抵のイベントをやった気になってましたが、
よく考えれば受験生たちのエピソードというのは今回が初めてな訳で。
受験生の二人の為に持ち回りで弁当当番をやったりとか、
ひだまり荘の仲の良さというのを改めて感じさせてくれる話を読んでほんわかしました。

受験だけではなく、作中にある通りゆのっちたちの事をまだまだ知らないなぁ、と思う訳ですよ。
既にアニメでも放映済みなエピソードですので知っている人も多いと思いますが、
ゆのっちの新たな表情を見ることが出来てちょっと嬉しかったりも。

ゆのっちの嘲笑

うん、確かにこれで嘲笑というのは無理がありますね!
何だろう、ドヤ顔と言った方がまだ通じる気がする…(笑

はてさて、これで二人の先輩たちが卒業まで秒読みとなってしまった訳ですが、
果たしてこれからひだまり荘はどうなるんでしょうか。
まぁ、新入生はあの大家さんが入居を認めるから面白くて良い子が入るだろうけど、
せめて有沢さんみたいにヒロさんと沙英さんがたまに登場してくれたらなー、と思います。
というか大学が近いなら同居しても良いんじゃないかな!
そんなエピソードが読みたいです、うめてんてー

:: 2011/8/30 火曜日::

■[漫画]がんばれ、受験生「ひだまりスケッチ」6巻

ひだまりスケッチ (6) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:蒼樹 うめ
出版社:芳文社( 2011-08-27 )
コミック ( 120 ページ )
作者サイト:a p r i c o t +
作者twitter:aokiume (umeaoki) は Twitter を利用しています

ひだまりスケッチ、TVアニメ第4期製作決定おめでとうー!

最近はまどマギで有名なうめてんてーの、殺伐としないほんわかコメディ。
ゆっくりと、でもしっかりと時が進んでいくひだまり荘。
6巻ではヒロさんと冴英さんという二人の頼れるお姉さんズが、
進路に迷う夏休み前後を少しばかり悩ましく描きながら、
それでも心に暖かいものを心に残してくれる読後感を与えてくれます。

夏休みの終わり頃に丁度良い季節ネタが目白押しで、
試験休みの美術館巡りから夏休みの過ごし方に、先生たちの創作活動のお手伝い。
そしてプールに行ったり水泳大会やったりと、
夏らしく爽やかで楽しそうな雰囲気が伝わってくるんですよね。

ゆのっちが泳ぎ、もとい浮かぶ練習をしたりするのとか微笑ましいし、
唯一の普通科生徒のなずなちゃんは小動物みたいで可愛いのです!
特に避難訓練の時のなずなちゃんは可愛かったなぁ…
そして避難訓練と言えばヒロさんと沙英さんの夫婦っぷりが見られて、
なんか凄くほっこりしました。

また、ひだまり荘の面子以外も魅力的で、
特に何と言っても吉野屋先生が素晴らしいと思うわけですよ!
どこが素晴らしいかというとおっぱいスンゴイ。
非圧縮の水着吉野屋先生のおっぱいを是非とも拝見いたしたく…

それはそうと表紙のゆのっちとなずなちゃんですが…
やっぱりなずなの方が身長高いんだなぁ…
ゆのっちミニマム可愛い…

HTML convert time: 0.931 sec. Powered by WordPress