ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/10/7 木曜日::

■[漫画]ミカリンは世界一可愛いよ!「2.5次元の誘惑」11巻

2.5次元の誘惑11巻2.5次元の誘惑11巻
出版社:集英社
作者名:橋本悠
紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (11)
Kindle版まとめ買い:2.5次元の誘惑
DMM電子書籍:2.5次元の誘惑 (11)

文化祭でのコスプレカフェも大盛況で成功し、
まり姉も家族にも生徒にもありのままが受け入れられ大団円となり、
受験生だけど推薦で決まっているので残り少ない学生生活を、
漫研でみんなと一緒に過ごすことが出来るようになったのだ…!

という訳でまり姉文化祭編が終わり、次の冬コミまでの間のオタク生活を描いた11巻です。
個人的にミカリン推し回が多めで嬉しかったですね。
ミカリンは奥村ラブなので非常にチョロいんですが、
そのチョロ可愛さが遺憾なく発揮されてました。

奥村に可愛いと言われるだけでご機嫌になり、
そのままで可愛いと言われればご機嫌になり、
奥村に見てみたいと言われればコスプレキャラを喜んで決めるというね…
うん、可愛すぎるんだわ。

そんなミカリンが一番可愛かったのは、
生徒会長の要望でもう一度猫耳メイドコスをした時のこのシーンです。

ツンデレな謙遜が通じなくて、
結局赤面しながら自分が世界一カワイイと言うハメになったミカリン…
世界一カワイイよ!

そんなミカリンが冬コミにコスプレするのは覇権コンテンツのマジョ娘のオリビア。
冬コミはリリエル新衣装で出るはずだったんだけど、
リリサがスランプになってしまったんですよね…

そこでのぴがハマってるマジョ娘をやることになったんだけど、
スランプになった理由を即座に看破するまゆら様はとても頼りになりますね。

ちゃんと解決策も教えてくれるし、勉強も教えてくれるし、
コスプレでもオタクでも勉強でも良い師匠だと思います。
ガチャ三銃士ではちょっとアレだったけど…w

最後の四天王も出てきたことで冬コミではまた波乱が巻き起こりそうだけど、
リリサのことだからみんな仲良くしてくれるんじゃないかな、と期待しています。

:: 2021/7/11 日曜日::

■[漫画]聖母の秘められた趣味「2.5次元の誘惑」10巻

2.5次元の誘惑10巻2.5次元の誘惑10巻
出版社:集英社
作者名:橋本悠
紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (10)
Kindle版まとめ買い:2.5次元の誘惑
DMM電子書籍:2.5次元の誘惑 (10)

生徒からの要望で生徒会でコスプレカフェをすることになり、
その対応で漫研が頼られたんだけど、
そこで生徒会副会長にして聖母と崇められるまり姉と再会した奥村。
二人の過去が気になるけれど、それはそれとしてコスプレ道に全力を注ぎ込むのだ…!

聖母と言われるほどに慈愛が溢れるまり姉が、
なんで奥村にトラウマを植え付けるようなことをしたのか疑問だったのですが、
悪気があったわけではないのがわかってホッとしましたね。

大人というのは子供の繊細な気持ちというのに頓着しないので、
往々にしてこのような悲劇のトラウマを作ってしまうものですが、
奥村に関してはその前に母親に捨てられるという悲劇があっただけに、
最悪的にタイミングが悪かったんだよなぁ。

そんなまり姉の秘められた趣味ですが、
これに関しては読者的にはわりとバレバレでしたね。
というかこの漫画に登場するヒロインというだけでそりゃオタクだろうと。(メタ
しかし、漫研に一番足りなかった画力があるオタクとか、
これはもう、新たな展開への道が開けそうな予感ですね…

そんなまり姉が生み出したコスプレですが…

うーん、ワガママ全部盛りだ!

高校生らしい、性癖全部載せになっているだけかと思いきや、
ちゃんとまり姉なりに考えているのが分かって驚きましたね。
おまけ漫画で胸のデザインに関しても述べられてましたが、
性癖に関してもちゃんと考えてるんだなぁ…w

そんなまり姉にこの10巻フォーカスされちゃってましたが、
恋するヒロイン筆頭のミカリンもちゃんと活躍してましたよ。
冒頭の名探偵ミカリンも良かったけれど、
やはりコスプレしてみんなの窮地を救ってくれながら、
更にはツンデレっぷりを見せてくれるミカリンが素晴らしかったです。

うーん、ミカリンの可愛さは世界一ィ!

という訳でまり姉がヒロインとして認められた10巻でした。
これは次の11巻からはまり姉の活躍に期待できますよ。
コスプレ要員としてもオタク要員としてラブコメ要員としても期待してます!

:: 2021/4/12 月曜日::

■[漫画]圧倒的ラブコメ展開!「2.5次元の誘惑」9巻

2.5次元の誘惑9巻2.5次元の誘惑9巻
出版社:集英社
作者名:橋本悠
紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (9)
Kindle版まとめ買い:2.5次元の誘惑
DMM電子書籍:2.5次元の誘惑 (9)

夏だ! 海だ! 合宿だ!
という訳でみんなで海に合宿しにやってきた面々ですが、
ここへきてラブコメ展開に突入ですよ。
まぁ、この作品はエロコメでありラブコメであり、熱血スポ根コスプレ漫画ですからね。

この作品で一番恋してるのが誰かと言えばミカリンこと美花莉ちゃんでしょう。

何故か汚れ役になることが多いけれど、
やはり10年間ずっと奥村のことを一途に想い続けるというのはポイントが高いです。
作中でリリサに語ったように、
恋に盲目になっているわけではなく、
奥村の悪いところを色々と見付けても好きなままとか、
重度な恋心を抱いてますが、これはオタク的にはポイント高いですよ。
思わず応援したくなってしまいます。

しかし奥村はわりとモテますからね…
リリサもちゃんと自覚してましたが、
ここへきてアリアも参戦ですよ。

まぁ、8巻までであれ程良いところ見せつけられましたからね。
バッキバキな身体とかどんどんとポイントを積み上げられてトドメにこれですよ。
うーん、アリアちゃんも報われない恋にハマってしまうのか…
いや、報われないと断定するのも可哀想かな…
でも、奥村はリリサか美花莉のどちらかだと思うんだよなぁ…
少なくとも恋愛回路が未実装なノノアではなさそうだけど…w

とか思ってたら後半でまさかのダークホースが出現です。
奥村が過去唯一好きになった三次元女子との再会…!

美花莉と会う前、トラウマが確定的になる前に出会った女の子。
逆に言えば奥村のトラウマを確定付けた女の子でもあるんだけど、
聖母と言われるほどに博愛の生徒会副会長な訳で、
これは美花莉ちゃんも油断がならないですよ。

文化祭での生徒会のコスプレイベントが発生することで、
奥村との交流が増えてしまってどうなるのか…
熱血スポ根的な展開も好きだったけど、
こういった青春ラブコメ的な展開も大好物なので、
次の10巻も楽しみです!

:: 2021/2/4 木曜日::

■[漫画]トラウマへの銀の弾丸「2.5次元の誘惑」8巻

2.5次元の誘惑8巻2.5次元の誘惑8巻
出版社:集英社
作者名:橋本悠
紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (8)
Kindle版まとめ買い:2.5次元の誘惑
DMM電子書籍:2.5次元の誘惑 (8)

リリサ、ミカリン、ノノア、アリア、そして奥村…
みんなの協力で為し得た天使空挺隊のコスの完成度の高さがついに作者のアリアパパに届いた…!
しかしアリアパパはかつて自分の作品が打ち切りになった過去が、重いトラウマになっていて…

いやー、熱かったですね…
熱血スポ根漫画みたいな熱量でしたよ…!
奥村が主人公として、何よりもオタクとして最高な8巻でした…!

アリアパパにとって打ち切り漫画がトラウマになっているのはわかります。
7巻でアシスタント君に語っていた以上のエグさがあるというのは、
過去回想からでも充分に伝わってきます。

そして、トラウマというのは普通は劇的に克服するということはないんですが、
奥村は過去にトラウマの奥底に沈むギリギリの所でファンレターで救ってるんですよね…

三次元に裏切られ、二次元をこよなく愛し、
二次元によって心が救われ、幸せになった奥村だからこそ、
アリアパパの心を打ち、トラウマから立ち直らせたんですよ…

アリアパパが10年間描き続けたリリエル外伝が奥村を救い、
奥村が10年間愛し続けた作品への愛でアリアパパを救う…!
いやー、美しいですね…!

アリアパパも今、作品を愛している人たちの姿を見ることで自信を得て、
色々と吹っ切れて奮起してくれたし、
ここからリリエル外伝の人気が再燃することもワンチャンありますよ。
だって、既に同人誌の新作が出るくらいに盛り上がってるんですし。

それはそうとアリアパパとアリアママですが…

オタクとオタクに優しいギャルの夫婦だったんですね。
結婚も早そうだし、結構な老け顔に見えたけどアリアパパってまだ三十代なのでは…

閑話休題

後半からは夏コミの続きですが、
まゆり先生推薦の四天王の一角であり、リリサの憧れのコスプレイヤーさんが出てきましたね。
「この世で最も2次元に近い女」とか、乙女座のシャカみたいな二つ名ですね…
まぁ、この漫画はジャンプ系列だしなぁ…w

しかしラブコメ漫画なのに恋愛方面には誰も行かないのには笑いましたね。

これは一番積極的なミカリンの圧勝なのでは?
と油断したところからのコスプレ夏コミ買い物デートで、
一気にリリサが追い上げてきたのには驚かされましたよ。
香港からやってきたリリエルが良い当て馬になったというか…
アリアも奥村のことを意識しだして、天使空挺隊がアシュフォード様を取り合う展開がくるか…!?

と思ったけど、ノノアちゃんだけはそういうのなさそうですね…
ノノアちゃん… 君にはずっとそのままで居て欲しい…w

:: 2020/12/6 日曜日::

■[漫画]想いよ届け、次元を超えて…「2.5次元の誘惑」7巻

2.5次元の誘惑7巻2.5次元の誘惑7巻
出版社:集英社
作者名:橋本悠
紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (7)
Kindle版まとめ買い:2.5次元の誘惑
DMM電子書籍:2.5次元の誘惑 (7)

10年会っていない漫画家の父に見付けてもらう為にコスプレで有名になりたい。
そんなアリアの願いを知ったリリサたちは夏コミに向けて天使空挺隊のコスをすることに。
しかし天使空挺隊は4人なので一人足りない…
そんな時にミリエラ役をやってくれそうなミカリンが再登場して…!

ミカリン、お久しぶりの登場です!
奥村ラブなのになんで積極的に顔を出さないのか疑問でしたが、
コスプレが出来る雰囲気を作るために奮闘してたんですね…!
奥村が最優先だけど、事務所とファンにも気遣いができるとかええ子やで…

そんな奥村至上主義なミカリンを間近で見て、
恋愛に結びつけるアリアちゃんは普通のギャルだし、
幼馴染み萌えしか感じないノノアはオタクだなぁ、と思いましたw

ちなみに巻末描き下ろし漫画もミカリン尽くしでしたね。
いやはや、奥村を落とすためなら余念が無いミカリンは可愛すぎですよ。
しかも毎年バレンタインでは高級チョコを渡していたみたいだし、
本当にずっと奥村のことを想っていたんだなぁ、と伝わってきます。
コスプレというものを学習したミカリンは恋愛的な意味で強いので、
リリサが自分の恋心に気付く前に正妻の座を勝ち取れるかどうか…
そこが今後のラブコメ展開の肝になってきますね…!

さて、ミカリンの可愛さを存分に語れたのでそれ以外のことを語りますが、
今回はわりと身につまされるというか、リアリティがある内容でしたね。
奥村が気付いたアリアの父、キサキ氏の真実ですが、
PNを変えて人気作を描く、というのはジャンプ界隈でもよくありますよね。
ガモウひろし=大場つぐみなんてとても有名ですよね。
そしてこの作品の作者の橋本悠さんもその一人だと言われているわけですよ。

それだけに打ち切り作家の絶望と、一人だけでもファンがいてくれることの希望は、
とてもリアリティをもって伝わってきます。
そんな絶望を知っているからこそ自己評価は低いんでしょう。
そしてそんな人だからこそ、奥村の想いが伝わって欲しいと思うのです。

私には奥村の気持ちがよくわかるなぁ。
20年近くこんなWebサイトを運営しているのも、
「あなたの作品が好き」という想いが原動力になっているんだもの。
奥村は手書きのファンレターを書き、
リリサはコスプレをする。
ただ、手段の違いなだけなんですよね…

そして夏コミでのコスプレです。(この世界では新型コロナが発生していないので夏コミが開催)
仲間でありライバルである数多のコスプレイヤーたちを前に、
熱血スポ根みたいな感じでコスプレをすることになるんですが…
夏コミって行ったらわかるけど、晴れてたらマジで暑いんですよね…

それだけにちゃんと熱中症対策をしているあたりは、
まゆら様も先輩として顧問として優秀だと思います。
ですが、合わせでのポーズの問題とか細かいところまではサポート出来なかったんですね。
これは、恐らくまゆら様は合わせで苦労したことがないんでしょうね…
相方のエリが何も言わずに合わせてたんだろうなぁ…

でも、初日は失敗して二日目にリベンジするのは少年漫画らしいですよね。
ダイの大冒険でも初見の敵には敗北し、二戦目で勝つことが多かったですし。
どこまでも背負おうとしてしまうリリサを叱咤し、
一人で抱え込まずに巻き込んで欲しいと言うノノアもマジで少年漫画でしたね…!

ぼっちだったノノアがここまで成長するとは…!
6巻に引き続いてノノアの成長がめざましいですね…

そして、合わせのクオリティを上げて臨んだ2日目で、
本気でコスプレを楽しむリリサは最高に輝いてましたね…!

一人じゃない…
仲間と一緒に漫画の世界を作りあげている…
これがコスプレなんだなぁ…

そんな想いがついに作者に届いたシーンはグッときましたね。
そしてこちらでも仲間たちに支えられて走り出してて、
こちらはこちらで熱いわけですよ…!
次巻では奥村が激アツなので早く読みたいです!
絶対に面白いぞ!

:: 2020/9/5 土曜日::

■[漫画]友情、努力、そして…「2.5次元の誘惑」6巻

2.5次元の誘惑6巻2.5次元の誘惑6巻
出版社:集英社
作者名:橋本悠
紙書籍通販:2.5次元の誘惑 (6)
Kindle版まとめ買い:2.5次元の誘惑
DMM電子書籍:2.5次元の誘惑 (6)

トラウマから会話すら出来ないレベルになったコスプレイヤーのノノアちゃん。
リリサとなら友達になれるかと一緒のコスプレイベントに出るも、
どうしても言葉が出てこずにすれ違ってばかりなんだけれど、
言葉じゃなく、コスプレしてクーリアとしてなら想いを伝え合うことができて…!?

今回はノノアちゃんの成長がめざましかったですね…
奥村が、リリサが手を差しのばしてくれたとはいえ、
トラウマを乗り越えて一歩を踏み出せたのは本当にグッときましたよ…

その後押しをしたのがコスプレ、というあたりに、
とてもこの漫画らしいな、と思いました。

そこから素を出すだけでなく、
かつて傷付いた心ない言葉を糧にして成長しているのを見てると、
とても微笑ましく思いましたね…

その後にリリサとの合わせ中に出会った陽キャギャルのアリアちゃんですが、
彼女との触れ合いにも初めは心をやられるも、
リリサの天使っぷりにちゃんと向き合い、
少しずつ心を開いていくのにもほっこりしましたね…

リリサは天使なので友達になりやすいのは当然なんだけど、
アリアは性格とかもかなり正反対なので、
正直どうなるのか不安だったんですよね…
それが一緒に下校タピをするくらいになるとか、
ポップもびっくりな成長率ですよ。

友達上級者のアリアがプライベートのことを話してくれないからといって、
勝手に幻滅して勝手に怒りかけたけれど、
ちゃんと思い直して自分の言葉で話しかけるノノアちゃん…

本当に成長が著しいなぁ…
ノノアちゃん、どんどん良いキャラになってるよ…
アリアちゃんとの絡みも面白くなってるし、
この作品の面白さに深みがドンドン出てくるなぁ。

その分、初期から出ていながら登場頻度が低い美花莉が可哀想だったんですが、
最後にやっと再登場してくれたのでホッとしましたね…!
連載の方でも良い仕事をたくさんしてくれているので、
次の7巻の展開がとても楽しみです!

HTML convert time: 0.790 sec. Powered by WordPress