殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2008/7/18 金曜日::

■[漫画]久米田先生、BL作家に囲まれてお疲れ様です!「となりの801ちゃん」3巻

となりの801ちゃん 3 限定版 (Next comics) (Next comics)
著者/訳者:小島 アジコ
出版社:宙出版( 2008-07-17 )
定価:¥ 1,260
単行本
ISBN-10 : 4776794853
ISBN-13 : 9784776794851
作者サイト:となりの801ちゃん

自分が描いた本の巻末で結婚報告とかどこのぱんつかと思いましたよ!
しかも限定版は結婚記念と言わんばかりの内容で、
著名なBL作家たちに色んなチベ君受けな内容を描いて貰って…
いやー、801ちゃんは楽しそうだなぁ。
チベ君は死にそうでしょうけど。

しかしこの限定版に久米田先生が描き下ろしを描いてるのを見て、
小島アジコさんってビッグになったんだなぁ、と今更ながらに実感しました。
でもその代償がよしたにさんとのトキメく801漫画ってのが業が深いです。
門地かおりさんの漫画力が高すぎるので少々BL耐性があれば素直に萌えられるのが困る。
今度二人に会ったらまともに見ることができるか凄く不安!

そういや3巻の内容にあったインテックスですが…
私も人に会いにスパコミに潜入したことはあるんですが、あれは…
今年の春にぱんつバカが勘違いして紛れ込んでましたが98%女性っすからねー
チベ君の気持ちが痛いほどよく判ります。
それとショタ系イベントが参加者がほとんど男なのは事実です。
みんなも一度体験してみると良いよ!(ぉ

しかし801ちゃんの妹は表紙まで飾ってるんだけど、
本人にはバレてるのかなー、というのが気になって仕方ありません。
実の姉と義兄にネタにされているということが知られたら…
それはそれで美味しいかな。(ぉ

まぁ、何はともあれご結婚おめでとうございます!
末永くお幸せに!

:: 2008/7/17 木曜日::

■[漫画]久米田先生、なんて期待通りの紙ブログ…「さよなら絶望先生」第十四集

さよなら絶望先生 第14集 (14) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:久米田 康治
出版社:講談社( 2008-07-17 )
定価:¥ 420
コミック
ISBN-10 : 4063840115
ISBN-13 : 9784063840117

恐らく今回ほど「さよなら絶望先生」の単行本が待たれたことはないでしょう。
初っ端から「花係の森」を本誌と同じくカラーページで収録してサンデーとの違いを見せつけ、
その次の「黄砂の女」では裁判沙汰には触らぬという描き下ろしネタを披露。
恐らくみんなが気になっている雷句先生の訴訟騒動に触れてくれて裏情報好きな人たち大興奮ですよ。

他にも春の便りネタで便りがないのは元気な証という、
声優に言われないと師匠に電話しない畑先生を彷彿とさせるネタがあったり、
でも行進ネタでは描き下ろしで某漫画家あの出版社を語って、
出版社が変わって原稿料が5000円も上がったことをモロに暴露したり、
更には超訳ネタでは声優に囲まれてウハウハの畑先生と思しき人が出てきたりという、
描き下ろしは身内ネタの連発で、範囲が狭いからこそ大いに受けるというネタそのままでした。

ちなみに本編ですが、いつもの風刺ギャグが冴え渡ってますが、
中の人に「改蔵の方が好き」と言われた日塔さんが体を張ったネタをやらされたり、
あびるちゃんの全裸(後ろ姿)があざとく使われたりと女の子が可愛いです。
まぁ、一番贔屓にされているのはヤンデレな千里ちゃんな訳ですが。

しかし紙ブログがいつもの本編解説じゃなくて例の件というのは…(笑
ちなみにOAD限定版ですが赤松先生は8万本超え確定ですね。
スクランも結構出てるみたいだしさよなら絶望先生は一体どんだけ出るのか…
それとスクランは現在発売中の21巻だけでなく9月発売の22巻までAmazonに登録されていて、
ネギまだと23巻24巻25巻と来年の分まで予約可能なのに絶望先生は未登録…
絶望した! 絶望先生への力の入れなさ具合に絶望した!

でもこういった上手い営業方法は古巣の頭が固い小学館では絶対に出来なかったですよねっ★

:: 2008/7/13 日曜日::

■[漫画]遂にいいんちょフラグまで…!「ハヤテのごとく!」16巻

ハヤテのごとく! 16 (16) (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2008-07-11 )
定価:¥ 420
コミック
ISBN-10 : 4091214274
ISBN-13 : 9784091214270

早いもので「ハヤテのごとく!」も16巻目で長期連載の部類に入るようになってきた感が。
ストーリーもラブコメ分が徐々に高まってきて、今回はヒナギクを皮切りに、
遂に可愛い系のいいんちょまで天然ジゴロのハヤテの餌食に!
まぁ、最近のサンデーを読む限り伏線は前からあったっぽいんですけどね。
結構ファンが多いだけにある意味納得なラブコメヒロインの仲間入りと言えましょう。

ただラブコメ展開以外も相変わらずで、咲夜の歯痛騒動にクラウスさんの生き霊騒動。
咲夜のおっぱいの大きさを再確認できたのと、
綾崎ハーマイオニー(和服アレンジVer.)が見られたのは喜ばしいことです!
しかしマリアさん、久しぶりに見せ場があると思ったらお風呂とは…
すっかり汚れに…(ぉ

本来のヒロインであるはずのナギですが、西沢さんとバイト先で仲良く喧嘩していて、
何というか凄く微笑ましいことに。(笑
しかしヒナギクだけじゃなく、いいんちょまでラブコメヒロインに本格的に加わりそうなのに、
こんなにノンビリしてて良いんでしょうかね、このお嬢さんたちは。

それと薫京之助28歳ですが、妙にシンパシーを感じてしまいます。
まぁ、唯一にして最大の相違点は今でも想い人がいるかどうかですが。
オタクライフは満喫してても妙に虚しいリア充願望持ちっつーか。
チクショウ、薫! お前だけでも頑張れよ!(ヘンに感情移入したようです

:: 2008/7/12 土曜日::

■[漫画]戦争の中、健気に生きるすず「この世界の片隅に」(中)

この世界の片隅に 中 (2) (アクションコミックス)
著者/訳者:こうの 史代
出版社:双葉社( 2008-07-11 )
定価:¥ 680
コミック
ISBN-10 : 4575941794
ISBN-13 : 9784575941791
Kindle版:この世界の片隅に (中)
Kindle版まとめ買い:この世界の片隅に

軍港・呉に住む北條家に嫁いだ少女のすずが戦時下でものほほんと過ごす日常。
太平洋戦争の最中ということで物資が乏しく緊迫した雰囲気を連想し、
実際その通りではあるんですが、人間それでも笑顔を絶やすことなく生活できるもので、
色々と思い悩むことはあれど死が身近な分、今を懸命に生きていおりその姿が眩しく見えます。

物資が乏しい戦時下での倹約した生活に、砂糖ですら手に入りにくい状況。
着る物、食べる物のどれ一つ取っても数十年前のことだとは思えないことばかりですが、
こうの史代さんのトーンを使わない柔らかい描線もあり、
当時の慎ましい生活とそれでも朗らかな日常が伝わってきます。

ヤミ市の帰りに迷子になった先で知り合った遊郭に住む白木リンさん。
遊郭で働くことの哀愁を全く感じさせず、飄々とした所がある彼女と友達になるも、
ふとしたことがキッカケで彼女と夫の周作さんが旧知の仲であることが判り、
悶々と悩むことがある上に、幼馴染みの水原哲が訪ねてきたりと、
周作さんと夫婦喧嘩になるネタがあるというのは失礼ですが見ててニヤニヤします。

ただ住んでいる場所が呉ということで、空襲が否応なくはじまり、
実家でも兄が亡くなったという報が入りと、死がいよいよ身近なものとなっていきます。
そんな中でもまだ笑える所がありますが、下巻では笑えないことの方が多くなるでしょう。
それでもこの漫画がどのような結末に辿り着くのか見届けたいと思います。

:: 2008/7/11 金曜日::

■[漫画]若木民喜の本領発揮!「神のみぞ知るセカイ」1巻

神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:若木 民喜
出版社:小学館( 2008-07-11 )
定価:¥ 420
コミック
ISBN-10 : 4091214304
ISBN-13 : 9784091214300
作者サイト::: HoneyDipped ::

現実(リアル)なんてクソゲーだ!!

極まったダメゲーマーの間で交わされる言葉が少年誌に載る日が来るとは…

地獄から抜け出した悪人の魂を回収する為、地獄からきたエルシィ。
女の子の心のスキマに逃げ込んだ「駆け魂」を集める協力者として選んだのは、
女性の心を思いのままにできる「落とし神」と呼ばれる桂木桂馬。
しかし、桂馬は恋愛は恋愛でもギャルゲーのエキスパートだったのだ…!

現実みたいな精度の低いもの何か…、と拒否する桂馬だけど、
いつの間にか契約完了で破棄したら文字通り自分の首が飛ぶ、という切羽詰まった事情で、
仕方なく10000人のキャラを攻略したゲーム理論を駆使して女の子を落としていくのがこの作品のストーリー
しかも心のスキマを埋めて「駆け魂」を回収し終えた後は、
女の子はその間の記憶が上手い具合に忘れてしまうのでマルチエンディングが可能!
ほんのりと恋の記憶が残っているのが絶妙で素晴らしいです。

「これなんてエロゲ?」と言われる漫画は数知れず存在しますが、
されど少年誌連載の漫画内でギャルゲをストレートにモチーフにした作品も珍しいというか。
陸上女子に金髪ツインテのツンデレとテンプレート的なキャラで攻めてきて、
掴みはバッチグーってな感じです。

前作のアルバトロスは慣れないバトル展開だったせいか最後は打ち切りという結果でしたが、
今回は若木先生の可愛い絵柄にマッチしまくるラブコメ作品なだけに期待ができます。
ただまぁ、この表紙はどうかなー、と思いますが…

ちなみに若木先生がギャルゲーマーかどうかというとそうでしょうね。
アイマスにハマりにハマっていたのは記憶に新しいです。
それとネットの片隅で噂されているのですが…、
かつて存在したエロゲレビューサイトのエロゲカウントダウンの管理人PERO氏が若木先生ではないのか…?
とか何とか。
確かにPEROさんの絵柄はよく似てるからなぁ…(参考:らくがきそうこ
本当だったらかなり面白いんですけどね。(笑

:: 2008/7/10 木曜日::

■[漫画]新たなるギャンブルの序章「GAMBLE FISH」7巻

GAMBLE FISH 7 (7) (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:青山 広美
出版社:秋田書店( 2008-07-08 )
定価:¥ 420
コミック
ISBN-10 : 4253209173
ISBN-13 : 9784253209175

阿鼻谷ゼミからの勝負から小休止もほとんど挟まないまま次のギャンブルの予感がする展開へ。
初っ端からハート柄パンツの五木島が半裸で囚われの身という、
オマエはどこのお姫様だ! と言わんばかりのヒロインっぷりを見せてくれ、
この漫画の変態っぷりを再認識させてくれます。

阿鼻谷の遠縁にあたる軍需産業ドーン家の令嬢エミリー・ドーン。
彼女が転入してきて杜夢に求愛するという裏を探りたくなる行動に出て、
杜夢陣営の主に女性陣が臨戦態勢に入ったりと姦しくなってきて、
ちょっと変なラブコメになるかと思いきや、この漫画は変態なのでそうなるはずもなく、
アヴィの執拗な罠にエミリーまで巻き込まれ壮絶なエミリーVS杜夢の構図へ。

エミリーとの対決に人数が必要になるんですが、そこは少年漫画。
かつての強敵が今は仲間、と言わんばかりに阿鼻谷ゼミの2人が参戦し、
杜夢のジゴロっぷりに美華がコロっと転がされて杜夢陣営は揃う訳ですが、
エミリー側は容赦ない相手を用意するみたいで…

白鷺家の秘密とか色々と明かされてきて、物語も終盤に差し掛かってきたように感じます。
まぁ、最後は杜夢がハーレムを築いてハッピーエンドになるんじゃないかな!
とか思うのですが、その過程の変態っぷりが楽しみでなりませんので、
これからも読み続けていきたい所存です。

:: 2008/7/9 水曜日::

■[漫画]末永くお幸せに!「エン女医あきら先生」11巻

エン女医あきら先生 11 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)
著者/訳者:水城 まさひと
出版社:芳文社( 2008-07-07 )
定価:¥ 650
コミック
ISBN-10 : 4832266497
ISBN-13 : 9784832266490

13年続いた「エン女医あきら先生」も遂に大団円。
連載開始当初はドジだけど元気な女医のあきら先生が、
病院で巻き起こすトラブルをコメカルに描いた作品だったのが、
終盤では恋人の歩君とのむず痒くなるエピソードばかりで、
あまりの甘さの量に胸焼けするかと思うほどです。

いつになってもあきら先生がプロポーズせず、
周りがヤキモキしまくる中、二人がイチャイチャしていて、
バカップルがここに極まれりという感じ。

外堀がどんどん埋まる中、ひょんなことから歩君の両親とあきら先生が出会ったことで、
一気に結婚まで話が進んで遂に最終回へ。
結婚式はあきら先生らしい、でも可愛らしいドジも挟みつつ、
医者として二人で歩んでいく姿は大団円と言えると思います。

長期連載シリーズ作品だっただけになくなると寂しいですが、
サザエさん時空だと思った作品がこのように大団円を迎えて終了すると感無量ですね。
二人とも末永くお幸せに!

:: 2008/7/8 火曜日::

■[漫画]オタク×自転車ロードレース「弱虫ペダル」1巻

弱虫ペダル 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:渡辺 航
出版社:秋田書店( 2008-07-08 )
定価:¥ 420
コミック
ISBN-10 : 4253214517
ISBN-13 : 9784253214513

アニメやガチャポンを愛する高校に入学したばかりの主人公、小野田坂道。
体育会系にコンプレックスがあり、オタク仲間を渇望する坂道は、
お金がかからないという理由だけで秋葉原まで往復90kmを自転車で走破してしまう。
斜度20%の急な坂道も歌いながら登り切ってしまう坂道の脚力に、
同じ新入生の自転車レーサー今泉が驚愕する所から物語は動きだします。

昔から自転車漫画は案外多く出ているのですが、主人公がオタクというのは珍しいです。
電車代をケチって自転車を使ったり、大きい声で高圧的な体育教師が苦手だったり、
オタクな話を語り合える友達が欲しかったりと共感できる所が多いんですよね。
そういった主人公だからこそ持つロードレースのポテンシャルが、
自転車競技と出会うことで花開いていくだろう展開は凄く面白く興奮します。

そして坂道の才能に目にとめる努力家の今泉に自転車オタクの寒咲さん。
中学の頃、ある大会で1位と大差をつけられてから一層の努力を重ね、
全てのことに勝とうとする今泉の姿勢は嫌みがなく好感が持てます。
寒咲さんもオタク蔑視せず、的確に自転車のアドバイスをしてくれたりと、
無くてはならないキャラクターなんですよね。

身近な乗り物をテーマにその奥深さを描く自転車漫画。
主人公がオタクというユニークな部分がキャッチーであり面白く、
才能が見出され、花開いていく王道展開は少年誌的でありハマるものがあります。
まだ1巻と序盤ですが、これからの展開が非常に興味深く楽しみな作品です。
オススメです。

:: 2008/7/7 月曜日::

■[漫画]全ては友人の為に「Landreaall」8~12巻

Landreaall 8 (8) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 9 (9) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 10 (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 11 (11) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
Landreaall 12 (12) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)


DXのお見合いやフィルの従騎士訓練の話を挟み、舞台はウルファネアへ。
家の事情で長期休暇の直前に帰国することになった竜胆。
彼が帰国することは実はアカデミーが願った結果であり、
結果的に利用されたDXは静かに怒り、竜胆の手助けに向かう―。

お見合い自体は始まったと同時に爆笑の内に破談となったけど、
相手の妹のメイアンディアとはロマンスが始まりそうな伏線があってドキっとしたり、
道楽だけではなく、フィルの訓練に付いていくDXに思慮深さを感じたり、
ライナスのふるちん小話で和んだりと主要エピソード以外も面白いです。

ウルファネアに入ってからも濤家の問題が色々と面倒だったけど、
ウールンの助けもあり八方無事に収まったのは最良の結果だったんじゃないかな。
頑固兄貴の竜葵は言葉が少ないせいで誤解されやすいけど、
竜胆のことを思っていることが伝わってきたし濤家のこれからに不安はないですね。
DXも個人の力だけでなく、立場を行使する事に及んで次のステージに上がったような気がします。
まぁ、それはそれとしてウールンの再登場が素直に嬉しかったです。
何か更に縮んだ気がするけど、それはそれでぷりちー(笑

そんな騒動がウルファネアで繰り広げられている最中、アカデミーでは非常事態が。
イオンが天馬の世話をするのんびりしたエピソードかと思いきや、
DXたちが不在の間に起こるモンスターの襲来に晒される生徒たち。
丁度本誌連載分に追いついた形なので先を楽しみに待っていようと思います。

しかし幼女時代の竜胆って可愛いよなぁ。
目に涙を浮かべて不満顔とかやばいっすよ。
そりゃ弟だと知らされた竜葵がどんな態度取れば良いか判らなくなるのも無理なかろうて…(笑

:: 2008/7/6 日曜日::

■[漫画]同世代の友人たちとの学園生活「Landreaall」4~7巻

Landreaall 4 (4) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 5 (5) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 6 (6) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 7 (7) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)


無自覚なシスコン兄貴、DXの活躍が読めるのはZERO-SUMだけ!
まぁ、DXがシスコンなのも仕方がないくらいイオンは理想的な可愛い妹なんですよ。
恋に恋しちゃったり、失恋しちゃったりと兄としてはハラハラせざるを得ない訳で。
そんな色んな意味で波乱の生活満載な学園編がスタート。

3巻までの冒険譚とは打って変わった王都でのアカデミーでの生活。
手癖が悪いけど信頼に足る初めての友人のフィルに、留学生の竜胆。
DXが同世代の友人たちを作っていくのがこの4~7巻での物語です。
DXが絡んで穏便な学生生活が当然送られるはずもなく、騒動が起こる訳ですが、
雨降って地固まる的に友情が深まっていくのは読んでて凄く面白いです。

ちなみに新キャラの中でのお気に入りは竜胆の護衛ニンジャの五十四さんです。
小さいのに大きい、ロリ体型の巨乳で24歳の過保護なお姉さんですよ。
最高じゃないですか。
男キャラではフィルが一番好きかな。
DXが来て一番影響されてるのがフィルだろうし、そして成長してるもフィルだろうね。

火竜退治の英雄譚を持つ第4位王位継承候補の編入で沸き立つ学園を舞台に、
庶民、商人、貴族、同じ王位継承候補と様々な人生を抱える友人に囲まれ、
普段眠そうでボケーっとしているのにやる時は無茶をやりまくってしまうDXが
成長していく姿はハラハラする所も含めて頼もしい限りです。
しかしアンちゃんって性別が不詳ですよねー
一体どっちなんだろう…

HTML convert time: 1.197 sec. Powered by WordPress