殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2008/8/28 木曜日::

■[ラノベ]奈須きのこさんの病気が発覚!(笑)「Fate/ZERO material」

Fate/Zero material (書籍)Fate/Zero material (書籍)
定価:¥ 1,300
発売日:2008-08-08
ASIN : B001CHWTR2
JAN コード : 4944445031532

夏コミ前に買って、移動中に何度も読み返してたんだけど感想書くの忘れてたー

まず、内容なんですけど資料的にかなり充実していました。
Fate本編の資料集である「Fate/side material」とほぼ同等。
サーヴァントステータス、キャラ設定画、用語集、武器辞典。
また、「Fate/Zero material」特有の虚淵玄を交えた対談。
どれ一つとっても完成度が高く、読み応えがたっぷりです。

ステータスではライダーのステータスにワクテカしてしまいます。
ある意味ライダー組はもう一人の主人公とも言えましたからね。
キャラ設定画では人妻ヒロインのアイリに更にトキメキを禁じ得なかったり、
女アサシンの素顔やバーサーカー化する前のあの人の素顔が見えたりと、
設定資料集ならではの楽しみがあります。

用語集もこれまた濃いものばかりで、
薄幸ロリ幼女アサシン没プロットがあったという事実に驚愕したり。
夏コミにコピ本出してたTYPE-MOON系サークルさんがこのプロットでのたうち回ってたけど、
その気持ちは痛いほどよく判りますよ!
他にも奈須きのこさんの萌えポイントにドストライクだというソラウネタとか!
個人的に舞弥が愛人と言われる所以が判ったのが心に残ったかな。
どこか舞弥と切嗣の救いのないエロを描いた同人誌とか出してくれませんかね。(ぉ

それと対談ですが、これもかなり面白いんですよ。
特に最後の奈須きのこさんのソラウ病には笑いを禁じ得ない。
っていうかどんだけ気に入ってるんだ、ソラウのこと。
最早不治の病なんじゃ…(笑

それはそうとマッチョな璃正パパは聖職者ということもありモズグス様にしか見えなくて困る。

それと、Amazon見てて気付いたんですが、Fate/ZEROって同人誌なのにAmazonでも買えるんですね。
確かAmazonは同人誌も登録すれば扱えるとは聞いてたけど、そういうことなのかな?

Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍) Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- (書籍) Fate/Zero Vol.3 -散りゆく者たち- (書籍) Fate/Zero Vol.4 -煉獄の炎- (書籍)

■[PC・デジタル]巻き返しのソニー

ソニー、“史上最高画質”や世界最薄など新「BRAVIA」
バックライト制御で超高コントラストのXR1に遂に最薄が1cmを切ったZX1に世界初4倍速で残像を極限まで軽減したW1。
それに突出はしてないけど満遍なくスペックを満たした優等生のXとBRAVIA大攻勢。
ソニー、コントラスト100万:1の「BRAVIA XR1」
ソニー、最薄部9.9mmの世界最薄液晶TV「BRAVIA ZX1」
ソニー、世界初240Hz駆動で残像を低減する液晶テレビ
ソニー、新ブラビアエンジン搭載の「BRAVIA X1」

■[萌え]たまってた漫画雑誌読破

殆ど死んでいるさん ギアスマンガ
ナイトオブワンはどこに行ってもアーニャに翻弄される運命ですな。
しかし「あにゃあ」て。

ver.793さん ローレグとワキ
見事な風が吹いたのか素晴らしいぱんちらである。
内股絶対領域も重要だと思うの。

うつらうららかさん にゃんにゃんチェンチェンデカルチャー!
地霊殿の新キャラに猫位置は渡さないとばかりに可愛さアピール!
藍さまはとっくにメロメロだ!

鬼武致さん 犬走椛@東方風神録
脚が見えてる構図が素晴らしいと思います!
下っ端でも愛されるのが東方の凄い処。

Little Crimeさん 男前風な藤ねえ
黒服に黒ネクタイって家業を継いだのかと。(笑
もしくは切嗣コス。

梅の実画報さん エイラさん第249回
第248回までのバックナンバーはいずこ。(笑
しかし見事なまでに百合ですね。

greedy grasshopperさん はたらきたくなーい♪
剣心を連想した人は仲間!
まぁ、イラストはミクですが。

Hinamado blogさん 響がラフタイムスクールでキラッ☆
ぱんつは見えないけどワキは見える。
なんくるないさー!(ぉ

かるーあみるくさん ぷよフィーオンライン体験記
2ページ目で噴いた。
何という見事なオチ。(笑

HTML convert time: 0.896 sec. Powered by WordPress