殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2015/12/14 月曜日::

■[漫画]パリヤさんの結婚騒動記「乙嫁語り」8巻

乙嫁語り 8巻 (ビームコミックス)
著者/訳者:森 薫
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-12-14 )

Kindle版:乙嫁語り (8)

Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 乙嫁語り

久しぶりの「乙嫁語り」の新刊ですが、
まずは心を落ち着けるためなのか7巻で出てきたアニスとシーリーンの、
二人の姉妹妻にして乙嫁のその後が描かれているんですが、
二人が仲睦まじいだけでなく、シーリーンがアニスの成長を促して、
夫婦仲をより良くさせているところはとても心が豊かになりますね。

そんな平和な情景とは真逆なのがカルルクたちの街で…
襲撃者を撃退できたとはいえ被害は甚大で、
特にパリヤさんの実家はほぼ全壊の憂き目に…
焼き物をやっていたこともあり財産といえるモノも壊れたんだろうなぁ…
命があっただけでも良かったのかもしれないけれど、
それにしたってこれはツラい。
パリヤさんじゃなくても悲観的になるのも仕方ないと言えるかな。

特にパリヤさんにとっては嫁入り用の刺繍がほぼ台無しになったことで、
婚期が更に遅れてしまうのが大変ですね。
でも、ピンチをチャンスに変えると言いましょうか。
下手だった刺繍の腕も、おばあちゃんの指導によって上がっていくのは良かったですね。
そうなんだよなぁ、おばあちゃんの言う通りなんですよ…
何事も「今の自分の実力では難しい」事に挑戦して乗り越えないと上達しないんですよね。
手癖でサクサクっとやっちゃうのが手っ取り早いんだけど成長はない。
時間と手間を掛けて勉強して、習得して、少しずつ前進する以外に方法はないんだよなぁ。
まぁ、その原動力に恋心があるところがパリヤさんの可愛さなんですけどね。
お相手も良い人っぽいし、上手くいってくれると良いんだけどなあ。

そんなパリヤさんが理想とするカモーラさんは確かに可愛かったです。
でもカモーラさんやアミルが言うようにパリヤさんにも良いところもあるので、
アニスとシーリーンみたいな姉妹妻とまでは言わないけれど、
二人が良いお友達の関係を築けると良いな、と思いますね。

それと巻末あとがき漫画で森薫さんが中央アジアに行ったことが描かれてましたが、
メッチャ楽しそうで読んでるこちらも嬉しかったです。(笑

関連エントリー


乙嫁語り(3) (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:エンターブレイン( 2011-06-15 )コミック (…

乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:エンターブレイン( 2012-05-12 )コミック (…

乙嫁語り 5巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:エンターブレイン( 2013-01-15 )コミック (…

乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森 薫出版社:KADOKAWA( 2016-12-15 ) Kindl…

乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)著者/訳者:森薫出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-02-14…


 Comments (3)

3 Comments »

  1.  本巻はパリヤさん無双でしたね! 我々、ファン一同が「パリヤさんは私の嫁~、パリヤさんは私の嫁~」と祈った余りにか、パリヤさんの婚期が大幅に後退してしまいました! ゴメンようパリヤさん……。

     
     先ず、アニスさんとシーリーンさんの小節から。登場する猫、これは「ペルシャ」ですね。そういう猫の品種です。ダックスフンドみたいな顔をしているのが特徴。
     使用人のマーフさんがブルカっぽいスカーフの巻き方をしていましたね。特徴的です。よりイスラム教の風習を強く受けた地域の描き分け、流石です。

     しかしパリヤさん、今回初の表紙絵ですが、衣装の色は白ではなく萌葱色が主だったんですね。生糸は皆、白が基本ですから、これは多くの色に染色する技術があるという事ですね。素晴らしい描画です森薫先生……。萌葱色なんて日本だけかと思いましたよ(或いは翡翠色)。

     
    >第四十五話「パリヤの刺繍」

     扉絵、やはり急須が日本の形とうり二つですね。日本の方が逆輸入なんでしょうか? その辺りは不明です。教えて詳しい人!

     
    >第四十七話「櫛入れ」

     と思ったら早々に色糸の話が出てきましたね! 説明文、蛇足でした! 

     
    >第四十八話「ウマルが来た」

     パリヤさんのおうち再建事業。存じ上げなかったんですが、街は住人全員の共同財産なんでしょうかね? どちらにしろ共同作業で街を営まなければ回りませんから、何処かで料金が発生しているものかとは思います。或いは保険みたいなものがあって、外敵からの襲撃は例外なのかも知れません。
     そして中央アジアのそろばん! 文化の形だけやはり発達の具合も異なるんですねー。そんな中で日本のそろばんとも相違点、相似点が見られて面白いです。貨幣の単位はタンガ。
     ウマルさんとパリヤさんの会話はこれ、最早、婚約者ですね! ウマルさんは何時、婚儀の準備が出来るかと遠回りに聴いているような感じです。初々しいですのぅ。上手くいって欲しいですなぁ。勿論、パリヤさんは私の嫁ですが。

     
    >第四十九話「ふたりで遠駆け」

     アミルさんのジビエ料理! これ重要です!

     
    >第五十話「最悪の想像」第五十一話「パリヤの決意」

     パリヤさんは本当にネガティブシンキングですねw 私もそうなのでよく分かります。そして刺繍が出来上がる頃には婚期になりそうな、カモーラさん初登場! 初々しいですなぁ。やや幼いながらも将来が期待出来る目鼻立ちです。

     
     という訳で、森薫先生の中央アジア旅行編を見つつ、お別れの挨拶。天然資源が豊富な国は良いですのぅ……。唯、森薫先生は出版社からキチンとしたオファーで渡航しておりますから、ガイドの方も信頼出来る片が付いていらっしゃるでしょうが、現地での安トランク調達は麻薬の運び人に仕立てられる可能性もありますので、その点だけは注意しましょう!

    Comment by Mya — 2015/12/16 水曜日 @ 0:09:48

  2. >使用人のマーフさんがブルカっぽいスカーフの巻き方をしていましたね。
    いやー、なるほど。
    細部までそんなコダワリがあったとは…!
    そこまでこだわる森薫さんも凄いけど、気付くMyaさんみたいな人たちも凄いと思います。(笑

    Comment by フラン — 2015/12/20 日曜日 @ 20:05:04

  3.  いえいえ、フランさんがいらっしゃらなければ私も「乙嫁語り」という素晴らしい作品に出会えなかった訳で、フランさんには深く感謝してます。有り難う御座います。

     さて、前回に書きそびれた項目など。

     
     パリヤさんは刺繍の腕を上げようとすればするほど、婚期も遅れるというジレンマ……。確かにアラーに見捨てられたとしか云いようが無い状況なだけに、花婿候補には頑張って戴きたい所存。私の愛するパリヤさんを泣かす事はまかり成りません! しかし、恋する乙女は大変です。

     
    >第四十六話「北の平野へ」

     ロシアの南下政策から身一つで国境を守るべく配置されたアミルさんのお兄さん、アゼルさん。武器も鹵獲されてしまって本当に身一つです。何とか生き延びて欲しい所……。

     
     さて、そうこうするうちにスミスさんはどこまで歩を進められたでしょうかね? 無事、英国領土圏内に逃げられれば良いのですが、先ずは待ち合わせがあると仰ってましたから、そちらから描画されるんですかね?

     
    >第四十九話「ふたりで遠駆け」

     動物の角から削り出された弓は、天然素材ですと世界で最高の張力を誇る弓となります。その分、弦の張り替えが面倒だったり(一人では出来ないので数人がかりでやる。「三人張りの弓」という我が国の表現は、三人いないと弦が変えられない事からそれだけの強弓として誇られた)、色々とありますが、パリヤさんが動物の角から弓を削り出しているのはそういう訳です。
     
     カモーラさんもいい乙嫁になりそうですなw こちらはすったもんだ無く良縁を掴みそうですが……。

     
     以上です。今年もあと残すところ僅かとなりましたが、フランさんも病気には気をつけて頑張って下さい。

    Comment by Mya — 2015/12/23 水曜日 @ 22:05:15

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.329 sec. Powered by WordPress