ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2019/7/2 火曜日::

■[漫画]自分を表現するということ「まどろみバーメイド」5巻

まどろみバーメイド5巻まどろみバーメイド5巻
出版社:芳文社
作者名:早川パオ
作者twitter:パオ (@papao_pao) | Twitter
Kindle版:まどろみバーメイド (5)
Kindle版まとめ買い:まどろみバーメイド
DMM電子書籍:まどろみバーメイド (5)

今月から実写ドラマ版が放映されるらしいですね。
私は実写ドラマというものにトンと興味がないのですが、
日代子の巨乳を駆使したフレアバーテンディングが再現されるなら、
ちょっと観てみたいな、と思っております。

さて、その日代子が姉3人によって連れ去られた話の続きですが、
実を言うとこの5巻でその話が完結しているわけではありません。
というか週刊漫画TIMES本誌でもまだ結末が描かれてないんですよね。
だから最後まで読んでもちょっとモヤモヤというか悶々としてしまうかもしれません。

それにしても姉3人、特に長女の横暴さには辟易させられますね。
実家の家業の調子が悪いから末妹を贄に捧げて政略結婚とか、
本人に自覚がないかもしれませんが、一人の大人に対するソレではありませんよ。
まぁ、長子ってのはこういうジャイアニズムがあるものですけど、
そういうのに振り回されたことがある身としては非常にムカムカします。

それだけに日代子が反抗の意志を示したのにはスカッとしたなぁ。

とはいえ日代子が反抗したからといってすぐに意志を曲げるはずがないんですけどね。
20年くらいずっと下に見てきた相手が多少反抗したからって揺るぐはずがないのです。
それが拗らせた長子ってもんなのですから。

しかし、日代子も何だかんだでめげない子なんですね…
子供の頃から姉たちには見下されて、同世代からは可愛いからといじめられ、
社会に出ても同性からはやっかまれて…
それでも前を向いて歩いて、自分が好きなことを見つけて努力するだなんて、
心の強さが並大抵のものではないですよ。
正直、ちょっと尊敬します。

そんな日代子が難しいっていうくらいなんだから4アイテムってのはかなり凄いんですね。
類まれな洞察力でお客が欲しいカクテルを作る雪とは、
また違った才能と努力が必要な職業なんだな、と感じます。
努力が実って欲しいところなんですが…
お見合い相手の人も、誠実な好意を向けてくれる良い人なだけに、
彼も彼なりに報われ欲しいものです。

関連エントリー


まどろみバーメイド2巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) on T…

まどろみバーメイド6巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) | Tw…

まどろみバーメイド1巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) on T…

まどろみバーメイド4巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) | Tw…

まどろみバーメイド7巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオさん (@papao_pao) / …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.098 sec. Powered by WordPress