殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2019/10/17 木曜日::

■[ラノベ]それぞれの想い「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 短編集 1」

今月からついにTVアニメ放映が始まった「本好きの下剋上」の短編集です!

このブログではわりと初期から感想を書いているので知っているとは思うのですが、
このラノではオーバーロードや幼女戦記を抑えて単行本部門2年連続1位の本作ですので、
TVアニメ化は満を持して、という感じがしますね!

ただ、メチャクチャ長いのでどこまでやるのかが心配でもあります。
TVアニメの冒頭ではメインヒロイン(?)のフェルディナンド様も出てきたので、
第二部まではやってくれそうなんですけども、どうなんでしょう?
第一話の時点で違和感ない程度に色々と省略してたからなぁ…

今回の短編集は主にWeb版のSS置き場の中から単行本未収録のものと、
単行本発売特典SS等からの収録になります。
基本的に短編はマイン以外の視点で語られているので色々と新鮮です。
そして今回は第一部の頃の短編も収録されているので懐かしさも感じますね。

どの短編も面白いけれど、印象に残るのはトゥーリ、シャルロッテ、フィリーネ視点の短編ですね。

トゥーリはマインの姉だけあってずっとマインを身近に感じていて、
それだけに違和感が強かったり振り回されたりしてて、
お姉ちゃんって大変だな、と思いますね。
あれだけ振り回されてるのにマインをしっかり愛するようになるとか、
本当に良いお姉ちゃんだよね… トゥーリってばマジ天使。

シャルロッテ視点から見るとヴィルフリートって本当に困ったお兄ちゃんですよね…
祖母であるヴェローニカの教育が悪かったとはいえ、
それに振り回されるシャルロッテが可哀想です。
ヴィルフリートが領主になるのは危ないから領主候補生として教育を受けていたとか、
そういった発想はなかっただけにちょっと驚きました。
でも、確かにヴェローニカのやりようを思えば、
フロレンツィアが手をこまねいているだけとは思えませんからね。
オズヴァルトの独断と気付かないヴィルフリートの間抜けさを考えると、
やはりヴィルフリートが領主になるのはエーレンフェストのためにはならないでしょうね…

そしてフィリーネですが…
幼い頃は問題なかったのに後妻のヨナサーラに子供が出来てからは、
典型的なDV家庭になって苦労する姿をまざまざと見せられるのは、
とてもツラいものがありますね…
それだけに助けてくれたダームエルに恋してしまう気持ちもわかります。
婚期を逃しているダームエルを何とかゲットして欲しいですね!
年の差婚、全然有りだし私は良いと思いますよ!

それにしてもかなり短編がありますが、
これからも本編巻末収録が増えるでしょうし、
Web版でもわりとポンポン投下されそうな気配がしますので、
Web版本編完結済みですが、これからもどんどん「本好きの下剋上」にハマっていけそうです。
まずは現在放映中のTVアニメの世界にどっぷりハマりたいですね!

関連エントリー


本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女IV 出版社:TOブックス 作者名:…

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員V」 出版社:TOブックス …

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員VI」 出版社:TOブックス…

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 貴族院外伝 一年生 出版社:TOブックス 作者名:香月…

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女V」 出版社:TOブックス 作者名:…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.257 sec. Powered by WordPress