僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2020/6/21 日曜日::

■[漫画]無邪気な天才の残酷さ「まどろみバーメイド」7巻

まどろみバーメイド7巻まどろみバーメイド7巻
出版社:芳文社
作者名:早川パオ
作者twitter:パオさん (@papao_pao) / Twitter
紙書籍通販:まどろみバーメイド (7)
Kindle版まとめ買い:まどろみバーメイド
DMM電子書籍:まどろみバーメイド (7)

日代子ちゃんが活躍した区民祭りで知り合ったパティシエの生方さん。
日本でトップを取ったこともある店「ライブラ」でも曰くがあるという彼女に、
「復讐の旅に付き合ってくれ」と頼まれた雪は、
屋台と一緒に伊勢志摩まで行くことになるんだけど…

今回はカクテル単体ではなくてスイーツとのペアリング。

突如引退した相方を連れ戻すために、
成長した自分だけでは足らないと考えを変えて、
区民祭りで見出した雪のカクテルの美味しさと組み合わせることで、
更に一段階上に行こうとする生方さんこと麟さん。

ただ、この時点でとても嫌な予感はしてたんですよね…

自分に厳しく、それをナチュラルに他人にも求めてしまい、
自分の天才性にまったく無自覚なせいで、
他人の人生を次々と台無しにしてしまう圧倒的な才能…

麟さんの隣りで仕事をしていたなら当然気付いていないはずがない、
と思っていましたが、やはりそうだったんですね…
としか言えないような結末でしたね。
天才というのは同じレベルの才能を持つ相手と出会わない限り、
どこまでも孤独になってしまうものなんだなぁ。

まぁ、ジャンルは違うとはいえ雪ちゃんみたいに同等レベルにまで来てくれる子と出会えたし、
日本にもあと一人くらいは同じレベルのパティシエもいるからもしれないし、
キッチンカーで全国を巡るのも良いのかもしれない…

そして終盤からはまた新たなる展開が始まるみたいですね。
今度はちょっと癖が強そうなバーテンダーですが、
そこに誰がどう絡んでくるのか…
ちょっと不穏な雰囲気だけど、
みんなの活躍が楽しみでもあります。

関連エントリー


まどろみバーメイド4巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) | Tw…

まどろみバーメイド1巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) on T…

まどろみバーメイド6巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) | Tw…

まどろみバーメイド2巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) on T…

まどろみバーメイド3巻 出版社:芳文社 作者名:早川パオ 作者twitter:パオ (@papao_pao) | Tw…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.153 sec. Powered by WordPress