ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2021/9/27 月曜日::

■[漫画]王太子媚薬事件「Unnamed Memory」2巻

Unnamed Memory2巻Unnamed Memory2巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:古宮九時
原作者サイト:Unnamed Memory -info-
原作者twitter:古宮九時さん(@furumiyakuji) / Twitter
作者名:越水ナオキ
作者サイト:15th floor
作者twitter:越水ナオキさん(@miz2215th) / Twitter
紙書籍通販:Unnamed Memory (2)
Kindle版まとめ買い:Unnamed Memory
DMM電子書籍:Unnamed Memory (2)

「沈黙の魔女」に子孫を残せない呪いを掛けられた王太子オスカーと、
オスカーが塔を攻略した報酬に結婚を申し込まれた「青き月の魔女」ティナーシャ。
二人の王都での日常は少しずつ波乱に満ちたものへと移り変わっていきそうで…

1巻では殺人事件だったので、次はどんな凄惨なことが起こるのかと思ってたら、
まさかの王太子媚薬事件とは…

わりと明け透けに迫っていたのであまり感じなかったんだけど、
オスカーにも普通に性欲があったんだなぁ。
ティナーシャのおっぱいと絶対領域に惑わされるとは、
良い審美眼を持ってらっしゃる。

王太子に媚薬を盛るとか、セキュリティどうなってるのかと思ったけど、
叔父にあたるパスヴァール公爵が主犯だったということで納得です。
というかこの公爵、身元もよくわからない老魔法士に言われたことを信じたり、
迂闊にもほどがあるというか、考えが足りないというか。
自分にとって有益な情報に飛びつくあたり、軽率にすぎますよね…
そりゃ、こんなのが叔父だとオスカーもあんな顔をするわなぁ…

まぁ、今回はティナーシャが魔女だったことで事なきを得ましたが、
こんな嫌がらせのような事件も全てはドルーザの魔法湖の異変に続いており、
それを見破ったティナーシャが解決に向かうことに。
オスカーもついてきて、更には護衛たちも当然来るんだけど、
そこにオスカーのことが好きなメレディナがいることで、
ちょっと複雑なことになってるのが微笑ましいんだけど、ピンチでもありますね。

自分が好きな人が自分以外に夢中で、
しかもその相手が自分より強くて美しいとか、
そりゃ焦っちゃうよなぁ…
それでも自分ができることを頑張ってるメレディナは健気で可愛いと思うんですよ。

とはいえメレディナはティナーシャが魔女だということも知らないし、
オスカーに結界が張られていることを知らないのが可哀想だったというか…
まるでピエロのようでちょっと可哀想でしたね。

次の3巻で今回の一連の事件が一段落しそうですが、
メレディナの乙女心がどうなるのか心配なところです。

関連エントリー


Unnamed Memory1巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:古宮九時 原作者サイト:「Unnamed Mem…

絶対ナル孤独者4巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:川原礫 原作者サイト: 原作者twitter:川原礫 (@ku…

絶対ナル孤独者3巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:川原礫 原作者サイト: 原作者twitter:川原礫 (@ku…

絶対ナル孤独者 (1) (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:越水ナオキ出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.114 sec. Powered by WordPress