本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身Ⅻ」 12/9発売!
遂にシリーズ完結!

:: 2024/2/9 金曜日::

■[漫画]呪い人形の実戦投入「みつばものがたり」2巻

みつばものがたり2巻みつばものがたり2巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:七沢またり
原作者サイト:七沢またり
作者名:堤りん
作者twitter:堤りんさん(@tutumi_rin) / Twitter
連載サイト:みつばものがたり 呪いの少女と死の輪舞《ロンド》 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker
紙書籍通販:みつばものがたり 2
Kindle版まとめ買い:みつばものがたり
DMM電子書籍:みつばものがたり 2

狂気の天才ニコ・レイナス所長が10年をかけて生み出した呪い人形のミツバ。
悪意には呪いを返して死を振りまくミツバは士官学校に追いやられて、
砲兵科で悪友二人と出会うんだけど、
ミツバを殺そうとする継母の策略で早速実戦参加することになるんだけど…?

原作のダークなクレイジーさがとても出ているコミカライズの2巻です。
実戦と言っても地方の駐在所での研修という、
わりと平和な任務だったはずなんだけど、
横暴な貴族と腐った平民のせいでとても血生臭いことになるから、
ミツバちゃんも大変に張り切っちゃうのです!

クスリでラリった邪教徒が反乱を起こしたら、
死んだはずのミツバが蘇って女子供区別なく皆殺しですよ。
まぁ、女であり子供であるミツバ自身が一度殺されてますからね。
赤子以外、殺し尽くすのはある意味平等だと思います。

殺しても死なないどころか復活するとか、どこの救世主なんだよ…
という奇跡を体現するミツバだけど、救世主というよりも呪いの塊なんだよなぁ…
そんなミツバをどうにかしようと躍起にやる継母のせいで、
これから国が大きく揺れ動くことになるんだけど…
それは野心を持つ者にとってはピンチがチャンスにもなるわけで。
これから激動の時代になるぞ…!

関連エントリー


みつばものがたり 1 呪いの少女と死の輪舞 出版社:KADOKAWA 原作者名:七沢またり 原作者サイト:七沢またり …

みつばものがたり2 呪いの少女と死の輪舞 出版社:KADOKAWA 作者名:七沢またり 作者サイト:七沢またり 絵師名…

みつばものがたり 1 呪いの少女と死の輪舞 出版社:KADOKAWA 作者名:七沢またり 作者サイト:七沢またり 絵師…

死神を食べた少女 (上)著者/訳者:七沢またり出版社:エンターブレイン( 2012-12-15 )単行本(ソフトカバー…

勇者、或いは化け物と呼ばれた少女(上)著者/訳者:七沢またり出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2014-0…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.584 sec. Powered by WordPress