りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2011/1/14 金曜日::

■[ラノベ]これで終わり。「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 終わりの終わりは始まり」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり (電撃文庫)
著者/訳者:入間人間
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-01-06 )
文庫 ( 216 ページ )
絵師サイト:Left side

「嘘だけど」
と、付け足したくなるけどホントにこれで終わり。
多分だけどね。

流石に10冊以上も入間人間さんの書く文章を読んできたっていうのもあるし、
「嘘つきみーくん」なのにあのフレーズが全然出てこなかっただけに、
この手の叙述トリックにはかなり早い段階から気付けたので、
中盤以降のネタバレは「あぁ、やっぱり」と思いつつも、
面白さを感じていたのは確かです。

長瀬を殺した連続殺人犯が誰なのかも途中で確信を持てたし、
ミステリーとしての魅力が一級品とは決して言えないけど、
エンターテイメントなライトノベルとしては十全に機能していたのではないかと思います。
まーちゃんの極まりっぷりは流石だなぁ。

しかしまぁ、どこまでも人を食ったようなみーくんだったし、
狂いに狂いまくったヒロインのまーちゃんでしたけど、
終わってみるとやっぱり「面白かった」という感想が出てくる作品でした。
みーくんが年下にも年上にもモテモテだったのはラノベっぽかったし、
それがその後どういった困り具合を見せているのか想像が尽きませんけど、
その想像が楽しいんですよね、ハッハッハ。
ちなみに私の好みにどストライクな嫁はおっぱいオバケです。(キリッ

みーまーシリーズはこれで完結しちゃったけど、
同じ世界観で違う時代、違う場所の物語が続いているので、
今後別の形でちょい役でみーくんかまーちゃんが出てくる可能性は0ではないんじゃないかなー
とそこはかとなく期待していると見せかけて絶望している次第です。

嘘だけど。

関連エントリー


嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘 (角川コミックス・エース 317-1)著者/訳者:佐藤 敦紀出版社:…

電波女と青春男〈8〉 (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディアワークス( 2011-04-08 )文…

電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディアワークス( 2011…

電波女と青春男(7) (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキー・メディアワークス( 2010-12-10 )…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈7〉死後の影響は生前 (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディアワー…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.159 sec. Powered by WordPress