Warning: Creating default object from empty value in /home/furanskin/www/wp-content/plugins/wptouch/core/admin-load.php on line 106
 アルファポリス | フラン☆Skin


僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2017/4/5 水曜日::

■[ラノベ]世界会議と世界一のペテン師「強くてニューサーガ」8巻

強くてニューサーガ8巻強くてニューサーガ8巻
出版社:アルファポリス
作者名:阿部正行
作者サイト:阿部正行
絵師名:布施龍太
絵師twitter:布施龍太 (@chameleonrock) on Twitter

聖都でのメーラ教や神々との騒動も一段落したカイルは、
魔族大侵攻で真っ先に滅ぼされたドワーフの危機管理体制を立て直すため、
ドワーフの国である地下都市に来ていた。
ドワーフとエルフの共同戦線を張るための交渉を進めるカイルは、
思い切った手をきってきて…

小説家になろうの規約変更によりダイジェスト版がダメになったため、
残念ながらアルファポリス作品は規約がコンフリクトして全滅しちゃいましたが、
アルファポリスのサイトで連載が継続され、
続刊もちゃんと行われるようで安心しました。
物語も終盤だと思うので、是非きっちりと完結して欲しいものです。

世界会議とは今まで各地で活躍してきたカイルだからこその思い切った手段でしたが、
魔族大侵攻を控えては必要なことだったので良いタイミングだとは思いましたね。
タイミングといえば魔族が会議場を襲うのはいくらなんでもタイミングが良すぎるので、
カイルが魔王に依頼して魔族の武闘派をそそのかしたのかと思いましたが、
事実はそれよりもたちが悪かったです。(笑

それにしてもサキラ王女が可愛いですね。
恋に憧れる箱入り聖女とかポイント高いですわ…
ミレーナ王女のフラグも一段と立ってしまったわけで、
カイルの女難、もとい女癖、もとい色情狂的な噂が真実味を帯びてきて、
ラブコメ的にもちょっとドキドキしていたんですが…
まさか最後にああいった展開になるとはなぁ。

これは… カイルが動きすぎたせいで時期が早まったのかしら…
クライマックスは意外と近いか…!?

:: 2017/1/10 火曜日::

■[漫画]女神の微笑「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」10巻

皇太子ゾルザルによるクーデターが勃発した帝国。
一気に政情不安定になり庶民の生活も窮乏し、
苦労がまたもや水の泡となったピニャが絶望する中、
伊丹たち一行は冥府の神ハーディに会うためにベルナーゴに赴いて…

いやー、レアでしたねー
何がレアってレレイの笑顔ですよ。

ハーディがレレイに乗り移ることで、
基本的に無表情だったレレイの感情表現が豊かになったお陰で、
色々な表情を見ることが出来たのは嬉しい誤算というか。
まぁ、あくまで中身はハーディなんですけどね。
レレイの掛け値なし純度100%の感情発露が見られるのは、
恐らく外伝最終巻だと思われるので、コミカライズを待つのは大変そうな予感…

それとゾルザルによる内政改革ですが、
何というか中二病患者がやりそうな断行ばかりなのが痛痒いというか。
こう、何というかNAISEI的なモノが感じられてモゾモゾしちゃうんですよね。
これがゾルザルの意志がそのまま通ってればまだマシだったんだろうけど、
テューレの意志で捻じ曲げられちゃってるからなぁ。
それもまたゾルザルの悪行の因果応報なのでモニョるんですけどね。

ハーディが炎龍を目覚めさせた理由もわかったけど、
それによって事態は国と国の問題ではなく、世界と世界の問題へと発展しそうですね。
まぁ、ここらへんは原作読んでればわかると思いますので、
コミックでは次巻以降のお楽しみということで。

さて、次巻あたりで動乱編もクライマックスに近付くでしょうか。
一時はアニメに追い越されましたがもう少しで追いつきそうな予感…!
このままアニメでは描かれなかった本編ラストだけでなく、
外伝のコミカライズまで期待したいところです。
まぁ、まだまだ先の話ですけどね。(笑

:: 2016/8/30 火曜日::

■[ラノベ]神々の思惑「強くてニューサーガ」7巻

強くてニューサーガ 7
著者/訳者:阿部 正行
出版社:アルファポリス( 2016-08 )

作者サイト:阿部正行
絵師twitter:布施龍太(@chameleonrock)さん | Twitter

第一皇子暗殺に端を発するガルガン帝国の内戦を早期に終わらせたカイルたちは、
裏から暗殺の糸を引いていたメーラ教の総本山に師・レイラに招かれることに。
メーラ教の狂信的な一面ばかりを見てきたカイルは最大限に警戒するが、
聖地で待っていたのは予想以上の存在で…

メーラ教の聖下の正体ですが、ちょっと予想以上でしたね。
まさか女神メーラそのものだったというのもそうですが、
そのキャラクターというか性格も予想以上にマシで驚きました。
でも確かに聖下の正体が神そのものなら信徒が狂信的になる理由もわかるというものです。
その教えを曲解して利用しているあたりが人間の業だなぁ、とも思いますが。

この7巻は今まで頑張ってきたカイルへのご褒美回であり、
初心を思い出す回でもありましたね。
世界を救うというのは結果であり、目的は身近な人々を救うというところは、
カイルは理想的な英雄ではなく、俗世的な人間であることが如実に現れていると思いました。

それにしても古代ザーレスが滅びた原因が魔力の枯渇ではなく、
神罰だったとは…
神罰の具体的な内容が気になるところだけど、何なんだろう…
出生率が0になるとか…?
うーん、謎だなぁ。

謎といえば次期魔王である黒翼の魔族の正体ですが、
こちらも気になりますよね。
物語の核心なだけに明らかになるのはまだ先でしょうが、
明らかになる時が今から楽しみです。

:: 2016/6/30 木曜日::

■[漫画]魔女vs魔法少女の姉妹バトル!「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」9巻

レレイが感染した風土病を治すためダンジョンに治療薬のロクデ梨を求めに行った伊丹たち。
そこはゾンビが溢れた迷宮でうっかり八兵衛なヤオがあっさりと罠を発動させ、
ロゥリィとはぐれ、ミノタウロスにヤオと伊丹の二人だけで挑むことになり…

ヤオのうっかりっぷりが楽しいダンジョン攻略ですが、
今回のメインはダンジョン攻略ではなくレレイが導師号取得のために訪れたロンデル編です。
三千年前から存在する学問の都とか地球では考えられない歴史の長さを持つロンデルで、

gate_comi09_01

亜神という威厳の塊みたいなロゥリィの扱いとか見てると、
暴れん坊将軍とか水戸黄門みたいな面白さが感じられますね。

とはいえ今回の準主役はやはりレレイの義理の姉であるアルペジオ女史でしょう!

gate_comi09_02

赤毛で巨乳で長身で喜怒哀楽の表現が激しいという、
レレイと全く正反対な彼女は見ていると本当に楽しいですね。(笑
アニメで見た時も面白かったですが、漫画版の彼女も好きだなぁ。

そしてレレーナ家姉妹喧嘩も派手で良い!

gate_comi09_03

アニメみたいな杖に乗って飛ぶような演出はないけれど、
ど派手な魔法の撃ち合いは見てて単純に面白いです!
ミリタリーな撃ち合いも良いけど、魔法バトルも良いよね!

嫉妬にかられてレレイにそぉい! をするアルペジオもどうかと思うけど、
下手に溜め込んで変な所で炸裂させるよりも、
こうやって派手に喧嘩するのもアリなんじゃないかなー、と思います。
少なくても見てて気持ちの良い女性だと思いますよ。
願わくば彼女にパトロンと結婚相手が見付かりますように…

:: 2016/1/19 火曜日::

■[ラノベ]3人 vs 5万「強くてニューサーガ」6巻

強くてニューサーガ〈6〉
著者/訳者:阿部 正行
出版社:アルファポリス( 2015-12-18 )
作者サイト:阿部正行
絵師twitter:布施龍太(@chameleonrock)さん | Twitter

魔族領からマルニコ商会に戻り一息つけるかと思いきや、
ガルガン帝国から第一皇子が暗殺されたという凶報が舞い込む。
人族最大の国家で巻き起こる内戦の兆し。
そして暗躍する稀代の忍びソウガとその雇い主。
魔族大侵攻までガルガン帝国の国力を衰えさせたくないカイルは、
なんとか内戦を起こさないように奔走するが…

今回は中々辛かったなぁ…
大侵攻で人族を滅ぼさないために少数を自らの手で切り捨てるとか、
Fate/Zeroの衛宮切嗣みたいなもんだよなぁ。
この業のせいでカイルの魂がより魔族に近くならなければ良いんだけど…

とはいえカイルもまだ人間らしいところは残ってると思うんですよね。
危なくなったら裏切れば良いとか言いながら、
母と妹の恩人であるコンラートを最後まで助けようとしていたんですから。
そんなカイルの想いを無為にしようというんだから、
メーラ教の思惑というのはどういったものなのか気になりますよね。

そういったカイルの心情も興味深かったですけど、
カイルの周りの女性関係も興味深かったですね!
ミナギが徐々にデレてきてるみたいだったり、
ミレーナ王女が再登場してきて王配について匂わせたりと、
ラブコメ脳のセンサーがビビッと反応してしまう展開があったのが良かったです。

次はメーラ教の総本山に向かうことになるんだけど…
果たしてどんな情報を聞かされることになるのか。
Web版でもまだそこまで行ってないので本当に気になります!

:: 2015/12/13 日曜日::

■[漫画]ダンジョンに薬を求めるのは間違っているだろうか「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」8巻

来月からアニメ第2期が始まる「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」
アニメ第2期は炎龍編に入りますが、このコミカライズはその次の動乱編に入ります。
しかし動乱編からはかなりストレスが溜まる展開が多いので、
読者的にはちょっと注意が必要です。

そのストレスの原因は帝国の皇太子であるゾルザルにあります。
自尊心と虚栄心が肥大化した稀代のバカ皇子でして…
彼を言葉巧みに操るテューレの陰謀でクーデターが勃発して、
「早くこのバカ皇子死なないかなー」と延々と思わされるんだよね…
外交やら自衛隊の特性的に仕方ないのかもしれないけど、
これは中々にストレスが溜まります。

もう一つストレスが溜まる要因であった伊丹の出番が少なさですが、
外伝+に載っていた迷宮編を入れることで良い感じになってましたね。
そう! 異世界ファンタジーで忘れてならないのはダンジョンですよダンジョン!
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているかもしれないけれど、
流行病の特効薬を求めるのは間違っていないと思うわけですよ! お約束だね!

とはいえお約束に全部付き合う必要が伊丹にはないわけで。
自衛隊式ダンジョン攻略方法が豪快すぎて笑えましたね。(笑
文化財保護の観点からするとダメな気もしますが人名優先だから仕方ない。
レレイが苦しんでいるんだからなんとかするのが伊丹ってもんですよ。

それとコミカライズならではの補完が今回も良い塩梅でした。
銀座事件で帝国貴族が捕らえられた顛末が描かれてたんですが、
ゾルザルと同じ貴族の傲慢さが出てましたねー
今後もこんな感じに世界観を補完する方向でも頑張って欲しいです。

HTML convert time: 0.820 sec. Powered by WordPress