殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2013/7/29 月曜日::

■[漫画]紗魅ちゃん可愛い。「有線少女 ~plug-in girl~」2巻

有線少女 ~plug-in girl~ (2) (電撃コミックス)
著者/訳者:kaya8
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-07-27 )
コミック ( 162 ページ )
作者サイト:ZAZAZA

この2巻直後の話は今月発売の電撃大王9月号に載っている訳なんですが、
そちらがまた酷いヒキで先が気になって気になってですね!
正直、この2巻単体での感想を書こうにも意識が発散しちゃって、
中々書けない状態なのでみんなも是非この2巻を読んだら、
電撃大王本誌を読んで私のモヤモヤっぷりを味わっていただきたいです。(笑

竜王院の刺客を退けてやっと平和な学園生活が始まるかと思いきや、
なんと別な形で竜王院の刺客が入り込んできて、
あっという間に潜入工作されてまたバトルな展開になる訳なんですが…
ちょっと朱雀小路さんってば平和ボケにもほどがあるんじゃないですかね。

物語の展開が凄く早いのでかなり驚かされるんですが、
そんな中でも紗魅ちゃんが可愛いのが救いと言いましょうか。
もうね、紗魅ちゃんはどんだけ月彦のことが好きで、どんだけ月彦中心で考えてるんだと。
まぁ、そんな月彦絶対主義だからこそ今月の電撃大王でああなっちゃうのかー、
とも思えてしまってヤキモキしちゃうのですが!

というか、紗魅ちゃんばっかり描かれているせいで、
1話から登場している月彦の妹が全然ストーリーに絡んでこないのが、
ちょっともったいないというか何というか。
一応巻末のエピソードにちょこっと出ているのですが、
それでも結局紗魅ちゃん可愛いという結論になってしまうので、
やはりこの漫画は紗魅ちゃん可愛いが正義なのかな、と思ってしまう次第であります。(笑

関連エントリー


有線少女~plugーin girl~ 1 (電撃コミックス)著者/訳者:kaya8出版社:アスキー・メディアワークス(…

GUNSLINGER GIRL(15) with Libretto!II (電撃コミックス)著者/訳者:相田裕出版社:…

GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)著者/訳者:相田 裕出版社:アスキー・メディアワークス( 20…

GUNSLINGER GIRL(14) (DC) (電撃コミックス)著者/訳者:相田 裕出版社:アスキー・メディアワー…

舞-HiME戦 (電撃コミックス EX 144-1)著者/訳者:矢立 肇出版社:アスキー・メディアワークス( 2010…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.318 sec. Powered by WordPress