殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2008/4/21 月曜日::

■[漫画]エンドレスドージンワーク「ドージンワーク」5巻

ドージンワーク 5 (5) (まんがタイムKRコミックス)
著者/訳者:ヒロユキ
出版社:芳文社( 2008-03-27 )
定価:¥ 860
コミック
ISBN-10 : 4832276867
ISBN-13 : 9784832276864
作者サイト:自称清純派

なんだかんだで続いたドージンワークも取りあえず完結。
なじみが高校(?)中退で一人暮らしというダメ人間街道爆走状態に入り、
別の意味で読者を心配させたりしましたが、最後は割と希望が持てるラストに…?
何にしても最後まで変態漫画である意味安心しました。

正直この漫画にラブコメは1ナノグラムも期待してなかったのですが、
意外なことにちょっとラブコメ方向にも進展しちゃってて嬉しい誤算。
きっちりと完結させはしなかったのが心残りとはいえば心残りですが、
読者に想像の余地を持たせてくれる展開にしてくれたと考えればそれはそれで。

意外といえばロンゲこと星のお兄さんがまともなこと言ってるのにビックリ。
というかそもそも社会人なことに驚きを隠せないんですが、
更に言うと所謂一流企業と言って良いトコに勤めてるんだよなぁ。
中退とはいえ東大に通ってた星の兄貴だけはあるといか。
しっかし星のお兄さんも正論を言いますよね。
ヒロユキさんも同人仲間が結構居るのに思い切ったこと描くもんですねー
それはそれとして星のお兄さんは貧乏くじ引きすぎだと思う。(笑

一応これで完結ですが、実はもうちょっとだけ続くんじゃ。(c)亀仙人
きらら本誌を見る限り次回からは番外編ということで、数年後を描くっぽい。
取りあえずソーラは登場したけど、なじみとか出るのかなー
良い感じに世代交代ができたんでこのまま続いても良いような気がします。
その時はセカンドシーズンとかタイトルに付けた方が良いっすかね。(笑

関連エントリー


ドージンワーク 6 (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:ヒロユキ出版社:芳文社( 2008-10-27 )定価:…

アクセル・ワールド〈8〉運命の連星 (電撃文庫)著者/訳者:川原 礫出版社:アスキーメディアワークス( 2011-06…

オニデレ / 6 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:クリスタルな洋介出版社:小学館( 2010-02-18 )定価…

セカンドバージン (芳文社コミックス)著者/訳者:二宮ひかる出版社:芳文社( 2016-04-16 ) 作者サイト:写…

という訳で完結編となる「エビアンワンダーREACT」も当然読了。 こちらはOURs LITEの休刊に伴い打ち切られた「…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.995 sec. Powered by WordPress