ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/12/27 月曜日::

■[漫画]新人のミスと少しの幸運「ゴブリンスレイヤー」12巻

ゴブリンスレイヤー12巻ゴブリンスレイヤー12巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:蝸牛くも
作者名:黒瀬浩介
作者twitter:黒瀬浩介さん(@kurosep) / Twitter
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー (12)
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー (12)

自尊心ばかり高い新人の少年魔術師くんに分からせるため、
女騎士の発案で女神官を頭目にゴブリン退治をすることに。
クエスト先は新設される訓練場最寄りの陵墓で、
既に有望な冒険者一行が消息を絶った後なので迅速な救助が求められるけれど…?

少年魔術師くんが絵に描いたように脚を引っ張ってて苦笑いが出ちゃいますね。

新人の頃にやらかしてしまうのは誰にでもあると思うんですけど、
ここまで全てのトラップを踏み抜くマヌケには苦笑しか出ないです。
生き残ったのは幸運とゴブリンスレイヤーたちの優秀さのお陰なんだけど、
それを自覚し、反省し、成長するのはもう少し先になるかもですね。

訓練場での新人たちの訓練が開始されましたが、
やはりいきなり現場ではなく、研修を受けられるというのは良い事だと思いますよ。
仕事でもなんでも、チュートリアルというのは必要です。
それをゲームと仕事で痛感してきた人生でした…

それはそれとして、今回も剣の乙女は可愛かったですね。

恋敵が増えるかどうかを気に掛けていた剣の乙女は、
とても恋する女の子していて可愛かったです。
やはりこの作品で一番ラブコメヒロインしているのは剣の乙女だと思います。
次点は受付嬢さんかなぁ。

:: 2021/9/18 土曜日::

■[ラノベ]ゴブぴょい伝説「ゴブリンスレイヤー」15巻

ゴブリンスレイヤー15巻ゴブリンスレイヤー15巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:蝸牛くも
絵師名:神奈月昇
絵師サイト:Light Of Night
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー 15
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー 15

ある日冒険者ギルドに緊張しつつもやってきたのは、草原に生きる給仕の馬人の妹の馬玲姫。
彼女が姉を頼ってきた理由は冒険者に付いていってしまった姫が音信不通になってしまったので、
その捜索のためだった。
都市探索という小鬼退治とは違った依頼を受けることになったゴブリンスレイヤーだけど、
ゴブリンスレイヤーが行く所には常に小鬼の陰があるわけで…

うーん、これはウマ娘の影響では…?
と邪推してしまう馬人ことケンタウロス系女子回でしたね。
額に一房の銀髪とか、シンボリドルフとかそういったのがモチーフなのかな?
競馬場みたいなところが出てきてるし、わりとあからさまだった気もしますが…
ウマ娘未プレイの私はどこまで影響されているのかわからないのであった…

今回は捜索ということで最寄りの街である水の都にやってきてましたが、
当然のように剣の乙女が出てきたのは嬉しかったですね。
エロい身体を持て余しているのにピュアピュアな恋する乙女なところがとても良かったです。
もっと出番があっても良いと思うんだけどなぁ…

小鬼退治は相変わらずでしたけど、
不死の魔術師相手でも怯まずに普通に倒しているあたりがゴブリンスレイヤーですね。
最後の展開は映画にもなった小鬼聖騎士との結末を思い出しました。
今度は雪じゃなくて石というか土砂というか、そういうのでしたけど。
よく生きてたな、ゴブリンスレイヤーさん…

それはそうと挿し絵の赤毛エルフのバニーガール姿はとても良かったです。
ありがてぇ…

:: 2021/5/6 木曜日::

■[漫画]雪原での一騎打ち「ゴブリンスレイヤー」11巻

ゴブリンスレイヤー11巻ゴブリンスレイヤー11巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:蝸牛くも
作者名:黒瀬浩介
作者twitter:黒瀬浩介さん(@kurosep) / Twitter
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー (11)
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー (11)

ゴブリンたちが篭もる砦から被害者を救出したゴブリンスレイヤー一行。
そしてそれを追うゴブリン聖騎士に率いられたゴブリンたち。
雪原で一騎打ちとなるゴブリンスレイヤーだが、
当然のように策を打っていて…

この11巻では劇場版で上映されたエピソードのラストまで描かれてます。
そして、2期のエピソードにも突入です。
そう、2期があるんですよね!

面白い作品だけど、渋い内容なだけにどうなるのかと思いましたが、
2期があるということはとても喜ばしいと思います。

劇場版では流石の作画だった雪原での戦いでしたが、
漫画も負けてないですね。
特に戦いが終わった後、朝陽に輝くゴブリンスレイヤーさんは素敵でした。

うーん、ダサい兜だけどカッコイイぜ…!

そして素敵と言えば次のエピソードでの牛飼娘さんですね!

デカい…!
これは特盛り!
まぁ、思春期男子ならそこに注目しちゃうよね。
ゴブリンスレイヤーさんには効いてないみたいだけども。
嫁さんなのを肯定する牛飼娘さんと、否定するゴブリンスレイヤー…
うーん、女心はもっと学ぶべきだと思うんだけど、
受付嬢さんのこととか考えると難しいものですな。

今回出てきたイキった新人魔法使いくんですが、
彼が何故イキってるのかとかはちゃんと事情があるので、
そこは次の12巻をお待ち下さい。
もしかしたら13巻で描かれるかもしれませんが…w

:: 2021/5/5 水曜日::

■[ラノベ]北方の英雄「ゴブリンスレイヤー」14巻

ゴブリンスレイヤー14巻ゴブリンスレイヤー14巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:蝸牛くも
絵師名:神奈月昇
絵師サイト:Light Of Night
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー 14
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー 14

迷宮探検競技から少し変わったように感じるゴブリンスレイヤー
カレが珍しく望んだ先は北の山を越えた向こう側の領域で。
そこへ行くための依頼もあってドワーフの地下都市を経由して着いた所は、
北方の戦士たちが住まう異文化の地で…

今回出てきたのはヴァイキングがモチーフの人々でしたね。
東北なまりで表現してましたが、
ルビが振ってなかったら全く意味がわからなかったですね!w
異文化の嫁取りとかも意味がわかりにくかったけど、
昔だとわりと良くあったことなのかもしれない…

そう言えば作中でゴブリンスレイヤーが火矢の呪文を70発云々とかありましたが、
あれは去年ダンメモであったゴブスレコラボのネタですね。
ダンまちのベルくんが火矢を70発撃てると聞いて驚いていたゴブスレさんが懐かしいです。
ちゃんとコラボネタも逆輸入されてて、
楽しんだ私としてはかなりニヤリと出来ちゃいました!w

そして北海でもゴブリンを殺していたゴブスレさんですが、
ゴブリン以外の海魔とも戦ってましたね。
勇敢な戦士というのは文化の違いを越えて影響を与える者ですから、
ゴブスレさんのお陰で冒険者という職業に一目置かれることは間違いないでしょう。

それはそうと冒険で手に入れた剣と、
北方の地で出来た縁でこしらえて貰った鞘は、
ゴブスレさんの宝物ですね。
ちゃんとゴブスレさんの中にも少年の心が残っているのがわかってほっこりしました。

:: 2020/10/19 月曜日::

■[ラノベ]ラブコメの受付嬢「ゴブリンスレイヤー」13巻

ゴブリンスレイヤー13巻ゴブリンスレイヤー13巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:蝸牛くも
絵師名:神奈月昇
絵師サイト:Light Of Night
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー 13
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー 13

「迷宮探険競技」の監修を受付嬢から頼まれたゴブリンスレイヤー
かつて交わした約束を持ち出されては断れるはずもなく、
ゴブリン退治とは勝手が違うながらも真面目にやるゴブリンスレイヤーだけど、
真面目にやればやるほど悪辣な迷宮を作ってしまい…

初っ端からシグルイネタをやってきたのには笑っちゃいましたが、
受付嬢が牛股師範になってしまうのも仕方がないほどに、
ゴブリンスレイヤーさんマジ鬼畜って感じで罠を仕掛けてますよね…
いや、殺傷力は減らしてくれてるんだけども…!

今回は8巻で出てきた王のシスターなシスターが出てきてましたが、
あくまでゲストヒロインというか。
今回のメインヒロインは徹頭徹尾、受付嬢だったなぁ、と。
日々入念な身体のお手入れをするだけでなく、
最後にゴブリンスレイヤーに掛けられた言葉で、
あそこまで動揺して赤面するとはね…
これはもう、ラブコメヒロインとして合格点間違いなしですよ。

そして今回の迷宮探検競技ですが、
また一人、冒険者としてしっかりと歩んでいきそうな少女が出てきた事で、
やった意味は十二分にあったんじゃないかな、と思います。
というか、彼女がやり遂げたことって実は結構凄いことだと思うので、
かなり将来有望な気はしますね…!

はたして今後彼女は自分がしでかしたことに気付く日はあるのだろうか…
まぁ、気付かなくてもあまり関係ないのかもしれませんけどね。

:: 2020/10/18 日曜日::

■[漫画]小鬼砦攻略戦「ゴブリンスレイヤー」10巻

ゴブリンスレイヤー10巻ゴブリンスレイヤー10巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:蝸牛くも
作者名:黒瀬浩介
作者twitter:黒瀬浩介さん (@kuroseP) / Twitter
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー (10)
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー (10)

令嬢剣士救出クエストは完了したものの、
ゴブリン聖騎士という存在が見えている状況で引き返すわけがなく、
古代ドワーフ遺跡の砦に攻め込むことになったんだけど、
救出された令嬢剣士も同行を申し出て…

前回から引き続いての令嬢剣士とゴブリン聖騎士編です。
ただ、ゴブリンスレイヤーが攻めるので正面切っての戦いではありません。
砦に篭もるゴブリンの軍勢を真っ正面から倒すだなんて、
勇者の専売特許であって、ゴブリンスレイヤーの戦い方ではありませんからね。
潜入からの内部からの工作はやって当たり前なのです。

この時の妖精弓手の表情ですが、
内臓を被る時に女神官ちゃんが「慣れますよ」と言った時の表情のセルフパロですよねw

内容的にどうしてもシリアスな展開が続いちゃいますが、
こういったところでちゃんとコミカルにしているのは上手いなぁ、と思います。

砦に潜入しての展開も、令嬢剣士が足を引っ張りまくりで、
全く予定通りに進まないんだけど、
それでも現状の手札に不満を漏らさず、出来るコトを一つ一つ積んでいって、
ゴブリン聖騎士を追い詰めていくのがゴブリンスレイヤーですよね。

次回でゴブリン聖騎士との戦いにも幕が引かれると思いますが、
中々圧巻のシーンになると思いますので今から楽しみです。

HTML convert time: 0.763 sec. Powered by WordPress