僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2020/4/21 火曜日::

■[漫画]リクオとハルのその後の話「イエスタデイをうたって after word」

イエスタデイをうたって after wordイエスタデイをうたって after word
出版社:集英社
作者名:冬目景
紙書籍通販:イエスタデイをうたって afterword
Kindle版まとめ買い:イエスタデイをうたって
DMM電子書籍:イエスタデイをうたって afterword

アニメ版を第2話まで観たんですが、予想以上に「イエスタデイをうたって」でしたね。
冬目景さんの空気をちゃんと出していながらアニメーションになっていて、
アニメスタッフの意気込みと確かな実力を感じさせられましたが、
この「イエスタデイをうたって afterword」に収録されている冬目景さんとアニメ監督との対談を読んで、
その理由の一端を垣間見られた感じです。

この「イエスタデイをうたって afterword」は先日グランドジャンプに描き下ろされた、
リクオとハルのその後を描いた後日談エピローグが収録されているんですが、
これがもう流石のクオリティでして。
あぁ、リクオとハルはあの後も生きていたんだなって。
そしてこれからも生きていくんだなって感じさせられましたね。

他にも未収録だった「イエスタデイをうたって」の番外編も収録されてて、
コレクター的にも垂涎の単行本なんですが、
冬目景ファンとしては後半に収録されている短編も良いものです。
20世紀の読み切りと書くと古すぎると思われるかもしれませんが、
これはこれで味わい深いものがありますよ。

特に2015年掲載の「夏の姉」がすこぶる面白くてですね!w
大学に進学した兄が夏に帰省したら姉になっていた、という話なんですが、
LGBT的な重さは全くなく、凄く軽くて楽しいんですよ
これは主人公の兄妹のキャラクター性に拠るところが大きいし、
何よりもオチが最高だったせいだとは思います!w
あと、冬目景さんが沙村広明さんを女装させた犯人だと知っていれば別の笑いも出てきますね…!w

冬目景ファンとしては是非とも手に入れて欲しい一冊ですが、
このご時世だと開いている本屋に行くのも一苦労でしょうし、
まずは電子書籍版を買って、落ち着いてから紙書籍を買うなりした方が良いかもしれませんね…

:: 2020/3/24 火曜日::

■[漫画]思い出のニット「王様の仕立て屋 ~下町テーラー~」5巻

日本編も5巻目となりまた準レギュラーが追加されました。
銀座に居を構えるスーツのソムリエみたいな松任谷さんと、
その秘書的なポジションのスジ子ちゃんです。

老舗デパートで培った人脈と審美眼でもって、
お客様へ最適なスーツを見繕って手間賃を貰う商売をする松任谷さんの職業ですが、
未だにスーツに対する認識が浅い日本人相手にはニッチとはいえ必要だと思います。
ただ、どうしても伝統あるデパートで育ったからか織部さんの特急仕事への偏見が凄く、
何かと目の敵にしてくるのは「うへぇ」って感じですね。
一応、織部さんの仕事の確かさは認めてくれてはいるんですけども。

ただ、松任谷さんと違ってスジ子ちゃんは臨機応変というか現実主義というか。
会計を把握しているだけに必要としてくれる客はサクサクと紹介してくれるので、
色々な客がやってきてくれるので面白いですね。
そのうちヴィレッダみたいに織部のところに入り浸る予感がしますw

スジ子ちゃんだけでなく、針生親方からも仕事を紹介されてましたが、
北陸からの仕事の内容が何とも良いですね…
青春時代の思い出と後悔、そして未練…
それらを時間が優しく癒してくれて、服の思い出が歩み寄らせるとか、
心にグッとくるものがありますよ。

それはそうと気にかかるのは昨今の新型コロナですよね…
イタリアでは猛威を奮っているみたいなので、イタリアの面々がどうなっているのか心配です。
今回の動画ネタしかり、わりと現実に即した内容にしてくることがある本作なだけに、
何かしらのネタを仕込んできそうですが…
描き下ろしではポヴェーリア島のネタを入れてきましたが、
もっとクリティカルなの入れてきそうな気がする…!

:: 2020/2/21 金曜日::

■[漫画]ルネルートエンド! そして…「すんどめ!! ミルキーウェイ」9巻

曽我咲耶に拉致監禁された義武を助けるために奮闘するハーレムメンバー
幼少期に刻まれた洗脳を解いたのは愛情…
というよりもおっぱいであった…!

ここに義武の義武による義武らしい煩悩が復活したのである…!

この9巻で完結なんですが、良い終わり方でしたね。
ずっと「すんどめ」状態だった義武ですが、
流石に完結巻ということもあってちゃんと挿入してますよ!
しかも、本番のエロを念入りにした同人版も出てますよ!

私はこちらもしっかりと読んだのですが、
本職のエロ漫画家にも負けないエロさを誇ってましたね!
バキSAGAのようにエロシーンだけ別の雑誌というのはありましたけど、
ガチエロは同人版としてFANZAで販売するとか新しいな!
これは是非とも広まって欲しい手法ですね…!

広まって欲しいと言えば、ハーレムエロコメのマルチエンドですね!
この9巻ではメインヒロインであるルネと結ばれる終わり方でしたけど、
他のヒロインたちも魅力的だっただけに、
すんどめで終わってしまっていたのは不完全燃焼だったんですよね。
それを、エロゲーのマルチエンドの如く個別ルートを描くとか、
おそらく漫画では初の試みだと思います!

ラノベだと「ベン・トー」とか先行事例はありますが、
漫画だと初だと思うんですよね。
できればこの方法がジャンプエロコメ作品で普及して欲しいものです。
ガチエロシーンをFANZA同人で出すのも含めてね…!w

:: 2020/1/22 水曜日::

■[漫画]約束の記憶「ラジエーションハウス」9巻

ラジエーションハウス9巻ラジエーションハウス9巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
紙書籍通販:ラジエーションハウス (9)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (9)

ラジエーションハウスもこの9巻で一つの山場を迎えましたね
幼い頃に杏と交わした約束を大切にしていた唯織が、
その約束を思い出してもらえるという展開は心にグッとくるものがあります。

連載初期は杏が約束を忘れているのはヒドいなぁ、と思っていたのですが、
幼い頃の記憶を封じ込めた理由を知ってからは仕方ないのかな、とも感じてました。
唯織も同じように感じていたからこそ自分から積極的に動くことはなかったと思うのですが、
今回はたまたまタイミングが良かったのか思い出すキッカケが出来たので、
このようなドラマチックな展開になったんですね…

幼馴染みとの子供の頃の約束を果たすとか、良いですよね…
幼馴染み萌えの一つの到達点と言えましょう…

しかし、杏が約束のことを記憶に封じ込めたのはわかるけど、
唯織が約束のことを大事にするのはともかく、
ずっと連絡取らなかったのはどうなんだろう、と思わなくもないですが…
まぁ、”約束したんだから問題ない”というただそれだけで全てを信じていそうな気がします。
唯織ってそういうところありそうだし。

杏が一人だけ自責の念を持っているのを、
「支えますから」と言うとか唯織ってそういうところあるよね…
これで恋愛方面でのフラグがかなり立ったような気がしますね!
今回のことで杏の中にあった唯織へのわだかまりも解消できたと思うので、
ラジエーションハウスとしてのチームの結束力はより一層上がったと思います。

その唯織と杏の信頼関係の実力を発揮する第一弾が、
唯織を恋のライバルだと一方的に思っているイケメンだけどドMの辻村が、
スポーツドクターをしているチームの選手なんだけど…
これはまた手強そうですね。
本人のことを詳しく知っているだけにうつ病だとは思えず、
それでも診断の結果に異常は見られない、というのは厳しいです。
でも、そこを何とかして病気を見つけるからこそ唯織は凄いわけで。
解決編は次の10巻になりますが、すっきりする展開になると期待しています。

:: 2019/12/22 日曜日::

■[漫画]日本の夏 亜熱帯の夏「王様の仕立て屋 ~下町テーラー~」4巻

現実ではガッデムコールドな冬本番ですが、
作中では夏真っ盛りなのでクールビズネタが多めです。
日本の夏はもはや亜熱帯というのは共通認識ですが、
その気候に合った装いというものも求められるわけです。

砂漠だとむしろスーツの方が良いとはマスターキートンで言ってましたが、
湿度が高い亜熱帯だとスーツは死亡フラグが立ちますよね。
とはいえ半袖のYシャツとかはダサいわけで、
いくら涼しくてもダサかったら普及しないというのが悲しい現実です。

そこで七部袖といった落とし所を見つけてくれるのは良いですよね。
オーダーメイドにこだわらず、それほど気張らずにできるアイテムを提示してくれるのは、
流石だなぁ、と思うわけです。
まぁ、ベルトレスといったオーダーメイドならではのアイテムも提示するあたり、
仕立て屋としての面目も保ってるんですけどね。

しかし… バブルの遺物に関してはちょっとなぁ…
私はバブル世代のツケを払わされている氷河期世代なので、
正直バブルの恩恵を少しでも受けた人に対しては厳しくなります。
社会に出るまでが大変だった上に、
社会に出ても仕事しないおじさんのために仕事させられて、
給料もバブル世代の方が上、という現実を見せられましたからね。

バブル世代が当時の狂乱はともかくあの元気を今の日本に、
とか言ってるのをみてると「特攻の拓」みたいにビキビキィ!ってなるもんですよ。
お前らがバブル時代に狂乱せず、地力を高めることをしなかったから今元気がないんだろ!
と、地獄の怨嗟の如くツッコミを入れたくてたまらないのですね。
まぁ、今回の登場人物は入社2年目でバブル崩壊したので恩恵あんまり受けてないみたいですが…

それはともかくムム美さんの正体が気になりますね。
美人で巨乳でお金持ちでコスプレイヤーとか一体誰なんだろう…
イザベッラの友達とかの可能性もあるけれど、
「かおす寒鰤屋」の駆馬と希鈴の娘という可能性も捨てがたい…
だって今回、骨董屋さん出てきましたしね!
ワンチャンあるかもやで!

:: 2019/10/24 木曜日::

■[漫画]バカエロ展開はまだか…「すんどめ!! ミルキーウェイ」8巻

ルネとの淫乱デート中の義武が再会したサクちゃんこと、曽我咲耶。
彼女に会ってから義武の様子がおかしくなったため、
その原因を宇宙人テクノロジーで詳らかにし、
義武を元に戻そうとみんなが奮闘して…

またふなつかずきさんの悪い癖が出たか…!?
と、この展開が始まった当初は危惧し始めたんですが、
この無駄にシリアス編はこの1冊で収まったようで安心しました。
私はこの漫画を頭空っぽにしてエロ詰め込むために読んでいるので、
それ以外はわりとどうでも良いんですよ!
あと、私はMじゃないので、咲耶ちゃんとのそういうプレイもそういうのもノーセンキューなので。

まぁ、義武の幼少時の環境はちょこちょこ伏線張られていたのでそれを回収するのはわかるし、
内容はシリアスだけど展開はバカエロメインだったし、
そもそもオチがかなりバカなのは笑えて面白かったですね。
これくらいのシリアス展開は私の許容ラインギリギリかなぁ。
始めからシリアスなら問題ないんだけど、バカエロと思わせてシリアス、というのは私はNGです。
ノーモアはがない!

エロい女体はとても大好きなんだけど、
その根底にシリアスな展開があったら何も気にせずに堪能することとかできないんですよね。
だからこそ、ここでそのシリアスな空気が吹き飛ばされて、
これからのバカエロ展開を期待したいところなんですが…
連載を読む限り、次の9巻で完結しそうなんですよね…
シリアスはないけどしんみりはしそうです…

:: 2019/7/20 土曜日::

■[漫画]スマホの時代のクラシックスーツ「王様の仕立て屋 ~下町テーラー~」3巻

東京の下町で恩のある親方の代役でテーラー店主をやる織部悠。
時代に即した内容も出てくるけれど、
日本人が陥りがちなスーツのいろはに触れながら、
今日もナポリ流のクラシックの腕が冴え渡ります。

帯には西尾維新が調べた通算55巻、837着以上という文句がありますが、
それだけ作っている織部でも初の工夫がこの3巻にはあります。

それが「お台場の大砲」の回なんですが、
今回のお客さんは落ち着いた年配であり、
自分の人生に矜持を持っていて、何よりお台場仕立てに愛着があるという、
織部が好きなお客さんなわけですが…
まさか、スマホ用の内ポケットとはなぁ…

でも、ケメ子の言う通り、今は切符もペンもスマホ一つですむ時代ですからね。
むしろ、スマホ用の内ポケットは必須だと言えましょう。
スマホカバーみたいに気軽とは言えませんが、
スマホのサイズに最適な内ポケットにするサービスとか、
フルオーダーじゃなくても対応できたりすると嬉しいかもしれません。

それにしても織部もスマホを頑張って触る時代か…
連載開始は2003年だからスマホという言葉さえなかったのになぁ…
真剣に織部の年齢を考えたらヤバイことになりそうだから、
この漫画の世界はサザエさん時空ということにしておいた方が良いかもしれない…

そして今回の描き下ろしナポリ日記ですが…
ラウラたんがドゥーチェ、もといアンチョビのコスプレしてたのには笑いました。
確かにイタリアの金髪ツインテだもんね!
そりゃ似合うよ!w

しかし日本編も3冊とこなれてきましたなぁ…
そろそろ寒鰤屋が出てくる可能性がなきにしもあらずな気がしないでもないですね!
先日のグランドジャンプ最新号では骨董屋が出てきましたからね。
次号では出てくるに違いない…!

:: 2019/6/29 土曜日::

■[漫画]Kカップちゃんの陥落「すんどめ!! ミルキーウェイ」7巻

嫉妬の逆恨みから義武を寝取ろうとしたはずが、
義武に恋しちゃったKカップちゃんこと英凛舞ことリマエージュが、
とてもエロく大活躍してくれる7巻です。
うーん、とっても雌奴隷ちゃんですわ…

前回Kカップちゃんの陰謀を(そうと知らずに)解決した時に、
知り合いに助けて貰った恩返しをするという名目で、
今まで登場してきたサブヒロインたちがもう一度見せ場を見せてくれるのは、
ちょっと嬉しかったです。

具体的に言うと堅物失禁ヒロインの高梨さんの再登場が嬉しい。
しかし高梨さん、ボルダリングが趣味だとは…
意外だなぁ…
でも、お陰で余分な脂肪もつかないしなやかな身体を保っているわけで…
結構好きなキャラなので再登場して欲しいものです。

そしてKカップちゃんですが、見事に陥落してたのには笑ったというか。
恋は盲目とは言いますが、あそこまで落ちるのは、
どう考えても根っこのところからMだろうと。
どちらかというと女王様っぽいと本人は自覚していただろうに、
実は性根の方が逆だったとは、これもギャップ萌えなのだろうか…?

それにしてもKカップちゃんとルネの二人に巫女仕事をやらせておきながら、
義武はクンニと手マンをしてイタズラするとか、
どこのAVだよって感じでしたけど…

うん… AVの定番ネタになるだけあってエロいよね…
そのうちマジックミラー号とか出てこないだろうな、この漫画…
スポポポン星人の技術を使ったのが出てきそうな気がしないでもない…

さて、ラストに出てきた女性ですが…
彼女は義武の幼少期に関わってくる困った人なのは間違いないわけで…
ちょっとシリアス風味になってくると思われます。
今までのふなつかずき作品においてシリアス要素は足枷でしかなかったわけですが、
この作品ではどうなるのか…
心配ですが、エロを楽しみに次の8巻を待ちたいと思います。

:: 2019/6/28 金曜日::

■[漫画]チームの力「ラジエーションハウス」8巻

ラジエーションハウス8巻ラジエーションハウス8巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (8)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (8)

私は実写ドラマというものに全く興味を持てないので観ていないのですが、
どうやら終盤のシナリオはこの原作から乖離したっぽい?
ドラマの方の出来がどうかは観ていないのでわかりませんが、
この原作漫画はよく出来ていて面白いです。

今回の前半は一人当直になった広瀬さんを助けるために、
マッチングアプリで可愛い子とお食事中だった軒下が戻って仕事をするんですけど、
これが結構良い先輩してて驚きました。

食事に行く前は医師免許がない技師であることにコンプレックスがありそうに感じましたが、
技師として彼なりに工夫するくらいに熱意があるし、
後輩を庇う気概を見せているし、
彼は彼なりに仕事に責任を持っていますよね。

今回、広瀬さんに頼られ、褒められたこともあるんでしょうが、
唯織に語ったように技師なりの矜持を抱くようになったみたいで、
一人の男として成長したな、と思います。
まぁ… あからさまにスケベなのはどうかと思いますけど…w
あと、ビンタする時の広瀬さんは、元バレーボーラーらしい良いフォームでしたね…!

そして後半はプライドが高くめんどくさい医師の奈良の誤診を唯織が見逃さず、
杏と協力してレアケースの症例を発見するという展開ですが…
こちらは医師モノとしてシンプルに面白かったですね。

唯織が今まで積み上げてきた実績と、
小野寺技師長が唯織のコミュ力の低さに慣れたのもあるんでしょうが、
チームがまとまって解決へと至るというプロセスは爽快感があります。

医者漫画というのはどうしても難手術をやり遂げるのがメインになりますが、
この漫画だと、難手術になる前に見付けるのが本題になりますよね。
対処療法になる前、問題になる前に芽を摘み取るのが本当は一番大切なことだと、
思い出させてくれます。

問題はプライドを汚されたと感じたであろう奈良が今後どう動くか、というのと、
唯織が医師免許を持つという事実を杏がどう受け止めるかだけど…
これは次巻以降へ持ち越しでしょうね…
うーむ、どうなるのか…
イケメンかつ変態な辻村さんもいるし、ちょっと読めないかな…?

:: 2019/4/24 水曜日::

■[漫画]紅雀の川流れ「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」2巻

黒鉄・改 KUROGANE-KAI2巻黒鉄・改 KUROGANE-KAI2巻
出版社:集英社
作者名:冬目景
Kindle版:黒鉄・改 KUROGANE-KAI (2)
DMM電子書籍:黒鉄・改 KUROGANE-KAI (2)

「イエスタデイをうたって」アニメ化ってマジすか。

20世紀末に描かれたぼくらの青春が、まさかアニメ化するとは…
冬目景作品では「羊のうた」が既にアニメ化されてますけど、
あれは… ファンの間ではあまり話題にあがらないようなモノですので、
このアニメ化には期待半分不安半分といったところでしょうか…
何しろ主要登場人物の大半が携帯電話を持たないような生活してるからなぁ…
今の若者に響くものがあるのかが若干不安…

それはともかくこの「黒鉄・改」2巻ですが、
新しい登場人物が増えるだけでなく、
鋼の迅鉄を狙う相手が少しずつ明らかになったり、
紅雀の丹が色々と巻き込まれて大変な目にあったり、
まぁ、色々です。

それにしても鎖鎌のおっさんは手練だけど損な役回りでしたね。
名前も出てこなかったけど嫌いなキャラじゃなかっただけに、
このまま野垂れ死んで欲しくないと思いました。

そして旅芸人一座の叔母と姪の二人ですが、
こちらも色々とめんどくさい事情を抱えてそうだけど、
白髪の刺客の女性の方がよりめんどくさそうではあります。
この漫画に出てくる女性は全員めんどくさい疑惑まであるな…

少し不思議系の作品ではあるんだけど、
幕末の事情が突っ込んできたりと任侠&時代モノとしての側面が強くなってきましたが、
綺麗に落着して欲しいものです…
とても無理っぽいけど…

HTML convert time: 0.959 sec. Powered by WordPress