殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2019/7/20 土曜日::

■[漫画]スマホの時代のクラシックスーツ「王様の仕立て屋 ~下町テーラー~」3巻

東京の下町で恩のある親方の代役でテーラー店主をやる織部悠。
時代に即した内容も出てくるけれど、
日本人が陥りがちなスーツのいろはに触れながら、
今日もナポリ流のクラシックの腕が冴え渡ります。

帯には西尾維新が調べた通算55巻、837着以上という文句がありますが、
それだけ作っている織部でも初の工夫がこの3巻にはあります。

それが「お台場の大砲」の回なんですが、
今回のお客さんは落ち着いた年配であり、
自分の人生に矜持を持っていて、何よりお台場仕立てに愛着があるという、
織部が好きなお客さんなわけですが…
まさか、スマホ用の内ポケットとはなぁ…

でも、ケメ子の言う通り、今は切符もペンもスマホ一つですむ時代ですからね。
むしろ、スマホ用の内ポケットは必須だと言えましょう。
スマホカバーみたいに気軽とは言えませんが、
スマホのサイズに最適な内ポケットにするサービスとか、
フルオーダーじゃなくても対応できたりすると嬉しいかもしれません。

それにしても織部もスマホを頑張って触る時代か…
連載開始は2003年だからスマホという言葉さえなかったのになぁ…
真剣に織部の年齢を考えたらヤバイことになりそうだから、
この漫画の世界はサザエさん時空ということにしておいた方が良いかもしれない…

そして今回の描き下ろしナポリ日記ですが…
ラウラたんがドゥーチェ、もといアンチョビのコスプレしてたのには笑いました。
確かにイタリアの金髪ツインテだもんね!
そりゃ似合うよ!w

しかし日本編も3冊とこなれてきましたなぁ…
そろそろ寒鰤屋が出てくる可能性がなきにしもあらずな気がしないでもないですね!
先日のグランドジャンプ最新号では骨董屋が出てきましたからね。
次号では出てくるに違いない…!

:: 2019/6/29 土曜日::

■[漫画]Kカップちゃんの陥落「すんどめ!! ミルキーウェイ」7巻

嫉妬の逆恨みから義武を寝取ろうとしたはずが、
義武に恋しちゃったKカップちゃんこと英凛舞ことリマエージュが、
とてもエロく大活躍してくれる7巻です。
うーん、とっても雌奴隷ちゃんですわ…

前回Kカップちゃんの陰謀を(そうと知らずに)解決した時に、
知り合いに助けて貰った恩返しをするという名目で、
今まで登場してきたサブヒロインたちがもう一度見せ場を見せてくれるのは、
ちょっと嬉しかったです。

具体的に言うと堅物失禁ヒロインの高梨さんの再登場が嬉しい。
しかし高梨さん、ボルダリングが趣味だとは…
意外だなぁ…
でも、お陰で余分な脂肪もつかないしなやかな身体を保っているわけで…
結構好きなキャラなので再登場して欲しいものです。

そしてKカップちゃんですが、見事に陥落してたのには笑ったというか。
恋は盲目とは言いますが、あそこまで落ちるのは、
どう考えても根っこのところからMだろうと。
どちらかというと女王様っぽいと本人は自覚していただろうに、
実は性根の方が逆だったとは、これもギャップ萌えなのだろうか…?

それにしてもKカップちゃんとルネの二人に巫女仕事をやらせておきながら、
義武はクンニと手マンをしてイタズラするとか、
どこのAVだよって感じでしたけど…

うん… AVの定番ネタになるだけあってエロいよね…
そのうちマジックミラー号とか出てこないだろうな、この漫画…
スポポポン星人の技術を使ったのが出てきそうな気がしないでもない…

さて、ラストに出てきた女性ですが…
彼女は義武の幼少期に関わってくる困った人なのは間違いないわけで…
ちょっとシリアス風味になってくると思われます。
今までのふなつかずき作品においてシリアス要素は足枷でしかなかったわけですが、
この作品ではどうなるのか…
心配ですが、エロを楽しみに次の8巻を待ちたいと思います。

:: 2019/6/28 金曜日::

■[漫画]チームの力「ラジエーションハウス」8巻

ラジエーションハウス8巻ラジエーションハウス8巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (8)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (8)

私は実写ドラマというものに全く興味を持てないので観ていないのですが、
どうやら終盤のシナリオはこの原作から乖離したっぽい?
ドラマの方の出来がどうかは観ていないのでわかりませんが、
この原作漫画はよく出来ていて面白いです。

今回の前半は一人当直になった広瀬さんを助けるために、
マッチングアプリで可愛い子とお食事中だった軒下が戻って仕事をするんですけど、
これが結構良い先輩してて驚きました。

食事に行く前は医師免許がない技師であることにコンプレックスがありそうに感じましたが、
技師として彼なりに工夫するくらいに熱意があるし、
後輩を庇う気概を見せているし、
彼は彼なりに仕事に責任を持っていますよね。

今回、広瀬さんに頼られ、褒められたこともあるんでしょうが、
唯織に語ったように技師なりの矜持を抱くようになったみたいで、
一人の男として成長したな、と思います。
まぁ… あからさまにスケベなのはどうかと思いますけど…w
あと、ビンタする時の広瀬さんは、元バレーボーラーらしい良いフォームでしたね…!

そして後半はプライドが高くめんどくさい医師の奈良の誤診を唯織が見逃さず、
杏と協力してレアケースの症例を発見するという展開ですが…
こちらは医師モノとしてシンプルに面白かったですね。

唯織が今まで積み上げてきた実績と、
小野寺技師長が唯織のコミュ力の低さに慣れたのもあるんでしょうが、
チームがまとまって解決へと至るというプロセスは爽快感があります。

医者漫画というのはどうしても難手術をやり遂げるのがメインになりますが、
この漫画だと、難手術になる前に見付けるのが本題になりますよね。
対処療法になる前、問題になる前に芽を摘み取るのが本当は一番大切なことだと、
思い出させてくれます。

問題はプライドを汚されたと感じたであろう奈良が今後どう動くか、というのと、
唯織が医師免許を持つという事実を杏がどう受け止めるかだけど…
これは次巻以降へ持ち越しでしょうね…
うーむ、どうなるのか…
イケメンかつ変態な辻村さんもいるし、ちょっと読めないかな…?

:: 2019/4/24 水曜日::

■[漫画]紅雀の川流れ「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」2巻

黒鉄・改 KUROGANE-KAI2巻黒鉄・改 KUROGANE-KAI2巻
出版社:集英社
作者名:冬目景
Kindle版:黒鉄・改 KUROGANE-KAI (2)
DMM電子書籍:黒鉄・改 KUROGANE-KAI (2)

「イエスタデイをうたって」アニメ化ってマジすか。

20世紀末に描かれたぼくらの青春が、まさかアニメ化するとは…
冬目景作品では「羊のうた」が既にアニメ化されてますけど、
あれは… ファンの間ではあまり話題にあがらないようなモノですので、
このアニメ化には期待半分不安半分といったところでしょうか…
何しろ主要登場人物の大半が携帯電話を持たないような生活してるからなぁ…
今の若者に響くものがあるのかが若干不安…

それはともかくこの「黒鉄・改」2巻ですが、
新しい登場人物が増えるだけでなく、
鋼の迅鉄を狙う相手が少しずつ明らかになったり、
紅雀の丹が色々と巻き込まれて大変な目にあったり、
まぁ、色々です。

それにしても鎖鎌のおっさんは手練だけど損な役回りでしたね。
名前も出てこなかったけど嫌いなキャラじゃなかっただけに、
このまま野垂れ死んで欲しくないと思いました。

そして旅芸人一座の叔母と姪の二人ですが、
こちらも色々とめんどくさい事情を抱えてそうだけど、
白髪の刺客の女性の方がよりめんどくさそうではあります。
この漫画に出てくる女性は全員めんどくさい疑惑まであるな…

少し不思議系の作品ではあるんだけど、
幕末の事情が突っ込んできたりと任侠&時代モノとしての側面が強くなってきましたが、
綺麗に落着して欲しいものです…
とても無理っぽいけど…

:: 2019/3/24 日曜日::

■[漫画]ガラス越しの約束「ラジエーションハウス」7巻

ラジエーションハウス7巻ラジエーションハウス7巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (7)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (7)

唯織が医師免許を持つ放射線技師であると知ってしまった杏。
事情がわからないだけに悶々としてしまい、
唯織に対して以前のように接することができなくなって…

以前5巻の感想で読影はAIに取って代わられるのでは、
と書いてましたが、この7巻ではそのネタがしっかりと描かれていて、
よく出来ているなぁ、と思わされました。
AIの成長のためにお手本となる綺麗なレポートの作成とか、なるほどなぁ…
気になるのはこのネタが唯織と杏ちゃんの仲にどう影響するか、ということが気がかりです。

この7巻は医療ネタとしてはちょっと薄めで、
唯織と杏の二人の絆を中心に描かれていた感じがありますね。
一応医療ネタとしてはMRIのことが説明されてましたけど、
確かに一般人はMRIとCTを混同してる人多そうですね…

作品タイトルはラジエーションが入ってるけど、
MRIは放射線出さないんですよね。
まぁ、理系の人なら知ってる人が多いと思うんですけどね。
私も大学の研究室ではNMRとかよく使ってましたし、
その流れでMRIもある程度知ってました。

唯織と杏ちゃんの関係は、杏ちゃんが昔の約束を思い出したら一発で解決しそうなんですが、
それが出来ないから唯織はコミュ障なので…
やっぱりこれは杏ちゃんからのアクション待ちということでもうしばらくは先かなぁ…
杏ちゃんは少しずつ思い出してるみたいだし、
二人の仲も少しずつ縮まっているように見えるので、
そう遠くないとは思うんですけどね。

今回のトラブルの被害者は杏ちゃんだけでなく鏑木部長もそうなるんですけど、
鏑木部長はわりと因果応報なところがあるのでちょっと同情が薄くなりますね…!
唯織のコミュ障によって傷跡を抉られてるのには同情しますけども。
唯織ってどう考えてもアスペルガー症候群ですからねぇ…
周りが合わせないと大変だと思います。
その緩衝材になることを杏ちゃんには期待しているんですけどね…!

さて、来月からはTVドラマ放映が始まりますね。
よく考えてみたらモリタイシ作品で初のメディアミックスですよ。
結構なベテランでファンも多い作家さんなんだけど、
巡り合わせが悪かったのか今までメディアミックスされてませんでしたけど、
これを気に花開いて欲しいな、と思う次第であります。

:: 2019/3/21 木曜日::

■[漫画]やっぱJKっしょ!「王様の仕立て屋 ~下町テーラー~」2巻

日本編の2冊目ですが、まだしばらく日本編が続きそうです。
作者コメントにもある通り連載もかなり長くなってきたので、
昔触れたネタを手直ししてやり直してますが、
登場キャラの違いもあって粋な感じに昇華されてます。

ヒロインのJK率が高くなった日本編ですが、
今回新たに登場したのはコスプレ衣装作成で成り上がりたいJKのイっちゃんこと大島依都ちゃんです。
今の日本では珍しい野望を秘めたJKですが、
デジタルネイティブ世代なだけあってハイテクには馴染みがあれど、
基礎が疎かになっていながら不安に思ってないのが、
見ててとても恐ろしく感じてしまいます。
うーん、これもジェネレーションギャップかなぁ。

社会人の仕事でたとえると、仕事の手順は知らないままに、
前任者が遺したExcelマクロの使い方だけは知っている状態で、
カスタム性が高い仕事を請け負いまくっているような感じでしょうか?
織部が言ってるように専門のオペレーターになるんじゃなければ、
汎用性が高い基礎を叩き込んだ方が発展性が高いよなぁ…
まぁ、それが骨身に染みてないからこそ若いと言えるんだろうけど…
そう言えばイっちゃんが憧れるユーリアもナポリでやらかしたこと多々だったっけ…

ナポリと言えば忘れてならないイタリア居残り組のことですが、
どうなってるのかファンとしては気になっていたんだけど、
単行本描き下ろし漫画で見事に描かれてましたね。
本編に出てきた女性による寸法取りの懸念点と、
ファンの多いラウラたんを絡めての短編で素晴らしかったです。
まるで単行本描き下ろしのお手本のような内容でしたね。
次の3巻でも楽しみにしています。

:: 2019/3/4 月曜日::

■[漫画]新キャラはあざといKカップ「すんどめ!! ミルキーウェイ」6巻

ヤンジャン系列のエロ漫画は連続4ページまで可!

なるほど、勉強になるなぁ。

そんなエロコメ漫画の雄、ふなつかずきさんの「すんどめ!!ミルキーウェイ」の6巻です。
ヒロインたち4人と同居してエロ展開も倍増して、
読者の満足度も高まってきておりますが、
相変わらずタイトル通り寸止めされていますので、そこはご勘弁下さい。

ヒロインたちの同居でのエロ展開ですが、
ルネや由井園はともかくとして、
君島さんもエロコメ要員として120%活躍されているのは大変喜ばしいものがあります。

処女率が高いこの作品において珍しい非処女(多分)なせいか、
それとも元カノというのと、憎からず思っているからか、
エロ展開に対するハードルが低いのが最高ですわ。
色欲に流されるとか最高じゃないっすか…!

そして今回新登場のヒロイン!
会社では巨乳の新人! その正体は妬みの権化なスポポポン星人の英凛舞ことリマエージュ!

ルネの当てつけに義武を寝取ろうと、
ある意味、とても女の子らしいあざとさで仕掛けてくるとかね…!
その裏を知るとどうしても萎えてしまうものがありますが、
そういった奸計で仕掛けておきながら、
いつの間にかマジ惚れしてしまうというのは大好物でもありますので、
これはこれでとても有りだな、と思う次第であります。

とはいえこの6巻ではマジ惚れ展開までは行かないんですけどね。
本当に美味しいところは「待て」をされるというね!
「すんどめ!!ミルキーウェイ」というタイトルらしい展開だな、と思う次第であります。

:: 2018/12/23 日曜日::

■[漫画]待望の本格日本編スタート!「王様の仕立て屋」~下町テーラー~ 1巻

「王様の仕立て屋」シリーズの第4部下町テーラー編の第1巻です。
まぁ、ぶっちゃけテコ入れですね!
今回は日本が舞台なので、日本人に馴染み深いネタが多いので、
分かりやすいというメリットがあると思われます。

織部が恩師の針生親方の留守を預かって始まった日本編。
過去にも何度か帰国して日本を舞台にした時もあったし、
ヨーロッパ出張に来た日本人の悩みを聞いた事もありましたが、
日本を舞台に、日本人がやらかしがちなネタをメインに扱うというのは、
連載15年にして初の試みなのではないでしょうか。

しかも初っ端から某大臣のスーツのお値段がアレなのをネタにしてきてますよ。
アレね、私もニュース見た時に呟いたもんです。

王様の仕立て屋を読んでたら「安っ!」とか思ってしまうのですが、
年収200万円時代に突入しそうな昨今だと高すぎるんでしょうねぇ…
作中ではマスコミはわかってるとか言ってるけど、
わかってるかもだけど、年収200万円世代には刺さる値段なんでしょうね…
世知辛い世の中やで…

というか、日本編に入ってから具体的な値段が出てくることが増えた気がしますね。
これもまた新シリーズのテコ入れの一つなのでしょうか。
具体的な金額を出すことで共感を得られるようにしているのかもしれません。
まぁ、具体的な値段を聞いて尻込みしそうな気もしますが、
ケメ子の学校の先生のエピソードのように、
既製服+仕立てシャツという組み立てもあるので、
値段と特急料が全てというわけではないと思われます。

それにしてもこの日本編はいつまで続いてくれるのかな…
連載を読んでる人ならわかるけど、面白いJKキャラも出てきたり、
これからどんどん面白くなりそうなんだけど、
そもそもイタリアの店が心配なんですけども。
まぁ、巻末描き下ろし漫画を読む限り案の定ラウラたんが頑張ってくれてるみたいだけど…
頑張って続いてほしいものであります。

:: 2018/11/5 月曜日::

■[漫画]おっぱい揉んで寝んねしたい「すんどめ!! ミルキーウェイ 」5巻

ルネの正体が宇宙人だとミカにもバレて面倒なことになったけど、
それ以上に面倒くさそうなのは、
大好きなお姉ちゃんの相手に義武はふさわしくないと考えて、
ルネの妹のレヴェラネが周りを巻き込んだ陰謀を巡らせてることで…

5巻でもエロエロですよ!
私が何故この作品のことが好きなのか?
それは純度100%のエロだからである…!

レヴェラネちゃんが義武を排除するために巡らせた陰謀も、
義武を非童貞化させるという手段なのでエロ&エロであり、
バイオレンス濃度はかなり薄いので大満足なのですよ。

巨乳派の義武を誘惑するために取引先のGカップちゃんを操るとか、
やってることはエグいけど、エロいことをヤるには仕方ないよね!
ただまぁ、洗脳というか操作している関係上、
恥じらいがなかったのはやはり減点対象かもしれない。

しかし義武は基本的にクズだしエロにしか興味ないけれど、
レヴェラネの企てを察知した上で出し抜いたり、
操られた由井園を相手にシリにボールペンを刺してでも我慢したり、
たまにカッコイイところを見せるんだよなぁ。

ルネや由井園が惚れてしまうのもわからんではないですね。
愛に飢えてるのは何か家庭の事情が感じられますが、
そのうち語られることがあるんでしょうね。
あまり重くならないで欲しいとこですが。

それはそれとして、いきなり女性4人と同居することになったのは驚きですが、
ハーレムモノとしては大変素晴らしいと言えましょう。
そこに押せば意外とチョロいミカがいるのも全然アリですね!

恐らくエロさで言えば他のヒロインの追随を許さないですが、
流されやすさに関してもルネ並のザルさですよ。
ミカとのエロエロな日常には期待しかないですね!

しかし露出趣味の幽霊まで出てくるとか…
元より宇宙人が出てくる漫画とはいえ、
わりと何でもアリだな、この漫画…

:: 2018/7/27 金曜日::

■[漫画]職域を越えて「ラジエーションハウス」6巻

ラジエーションハウス6巻ラジエーションハウス6巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (6)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (6)

唯織のことを放射線技師の医療行為をしていると咎めたい鏑木部長。
唯織のことを専門の壁を越える契機になるキーパーソンだと考える院長。
しかし当の本人は幼い頃に交わした杏ちゃんとの約束だけを考えていて、
杏ちゃんしか眼中になくて…

鏑木部長は医者として無能かと言えば全然そんなこともなく、
講演を任されるくらいに有能だし、部下に対しても柔らかく接するんだけど…
ちょっと独善的で自己顕示欲が少し強いだけに残念というか。
悪い人じゃないんだけどねー
とても人間的だからこそ、魅力がないというかね…!

嘱託で勤務している奈良先生もある意味人間的というか…
杏ちゃんの生フトモモを見つめたりするところとか、
唯織の行動に立腹したりするところとか特に…
医者として有能なんだけど、プライドを拗らせてるところが問題なんだよなぁ…
全体的に小者っぽく見えてるのがちょっと可哀想ではあります。

そんな人たちがいるからこそ、決意して病魔に立ち向かう杏ちゃんが輝くし、
それを支える唯織が格好いいんですよね。
二人の力で難局を乗り越えてのハイタッチには胸が熱くなりましたよ。

これから二人の仲が少しずつ深まって、
杏ちゃんが子供の頃の約束を思い出す展開になるのかと思いきや、
院長と唯織の会話を盗み聞いてしまう方向に行くとは…
うーん、どうなることやら…

HTML convert time: 1.691 sec. Powered by WordPress